一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201711 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201801
また事故?
 
また事故?#1


こないだ、母の入居している施設から自転車で帰ってきたら、
拙宅前の道路にパトカーが赤色灯をつけて停まり、ポリさんがウロウロ・・・

「ん?! また事故か??」
道路に立ちはだかってるポリさんに 「そこが家なんですけど、通れますか?」
『あ、どうぞ』 で あっさり帰宅できましたが・・・・
通りすがりに見ると、どうやら軽四と自転車が接触事故になった模様、
両方壊れてる様子はないので、軽くあたって転けたというところでしょうか。
自転車のおばちゃんと軽四のおっちゃんがそれぞれポリさんに事情を聞かれていました。

場所は線路沿いのお隣の家の前、住宅街の生活道路です。
ここは、昔は静かな道路だったのですが、
20~30年くらい前から渋滞名所の国道八丁畷交差点から逃げる抜け道、裏道になり、
一般車からタクシー、パトカー、救急車まで通り抜けてゆきます。

実はこの場所、写真に写る黄色いポールのところが阪急電車の高架下を渡る連絡通路になっていて、
そこから飛び出す自転車やミニバイク、歩行者と住宅街に関係ない通り抜けで飛ばす車の出会い頭、
ヒヤリ・ハットは日常茶飯事、ガッシャンでパトカー・救急車の出番が半年に一度くらいでおこります。

小1時間チョークでシルシつけたり、巻き尺で測ったりしていましたが、間もなく撤収。
どうやら大事なかったようで、窓から覗いたときには何ごともなかったようになっていました。

何とかならんもんかねぇ、と毎回思いますが、何ともならんのやろねぇ・・・・


Nikon Df / TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 PZD Di VC [A010]


テーマ:街の光景 - ジャンル:写真

旗日
 
旗日#1


今日は旗日、今上天皇の ”天皇誕生日” です。

最近は ”旗日” という言葉をさっぱり聞かなくなりましたね。
念のために今朝の朝刊を探してみましたが、一度も出てきませんでした。
ひょっとして、若者に 『旗日って知ってる?』 と訊いても答えられないかも。

街中でも国旗を掲揚している風景を見かけなくなりました。
確実に国旗掲揚しているのは公共機関ばかり、一般家庭ではほぼ皆無です。
かく言う拙宅でも、29年前に建て替えた現住居には ”竿受” が装備されておらず、
建て替えてからは一度も国旗掲揚しておりません。
国旗や竿も、処分した記憶はないので、どこかに仕舞ったままになっているのでしょう。

さて、天皇譲位の日程もほぼ決まり、再来年からは新天皇誕生日が祝日に制定されるでしょうが、
現在の天皇誕生日が、昭和天皇の昭和の日の如く、明治天皇の文化の日の如く、
形を変えて祝日となるのでしょうか。 あるいは平日に戻るのでしょうか。
このまま際限なく祝日が増え続けると、将来平日より土日祝日が多くなりそうな・・・・


FUJIFILM FinPix F550EXR


テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

冬至の夜明
 
冬至の夜明#1


今日は冬至、1年で一番昼が短い日ですね。
当地の日の出時刻は7:02です。
20分ほど前には空が白み始めましたが、
今朝は雲ひとつない快晴、おまけに寒波襲来で津々と冷え込んで、
当家の外気温は -1.5℃ まで下がってしまいました。

2階のベランダから日の昇る方角を眺めますと、空が明らんできました。
時折通り過ぎる通勤通学を急ぐ人たちも襟を立て、身を縮めて心持ち早足です。
身震いしながら思わずシャッターを切りました。

まだまだ寒い日が続きそうです。
皆さまご自愛下さい。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 16-35mm F4G ED VR


テーマ:日の出 - ジャンル:写真

冬の陽射し
 
冬の陽射し#1


毎日寒い日が続きますね。
皆さま大事なく過ごしておられますでしょうか。

当地ではここ数日朝方の最低気温が0℃前後になり、
雪こそ降らないものの暖房の効きも悪く、凍てついております。

朝から部屋の掃除を始めましたら、
普段陽の当たらないところにあるぬいぐるみに外光のスポットライトが当たっていました。
ここまで直射が届くのは、12月10日頃から年内一杯くらいのごく短期間です。
「冬やねぇ、そろそろ冬至も近い。 こんなとこまで陽が差し込んどるわ」
思わず記念?に1枚パチリ!

日の出は遅く、日の入りが早く、日中も低いところに太陽があり、
春夏秋には差し込まない陽射しが、部屋の奥の方まで届いてしまいます。
晴れれば空気が澄んでいて眩しいものの、直射に手をかざしても全く暖かみはなく、
見た目のギャップに、余計に寒さが身に浸みます。


Nikon Df / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


テーマ:冬のひとコマ - ジャンル:写真

二日目の肉じゃが
 
二日目の肉じゃが#1


このところの寒波で連日冷え込み、最低気温が氷点下を記録する日まで出てきました。
もう真冬を感じますが、そんな日々にはほっこり温かいものが食べたくなります。

昨日は新もののメークインと新玉葱が手に入りましたので、肉じゃがを作りました。
ご存じのように煮物はごく少量作るのが難しく、どうしても最低2~3食分はできてしまいます。

昨夜は昨夜でできたてを美味しくいただいたのですが、今夜も昨日の残りを温め直しての夕食となりました。
2日目になりますと、玉葱は溶ける寸前、肉は小さく煮崩れ、インゲンは黒ずんでクタクタになってしまいますが、
ニンジンやジャガイモは具材の芯まで出汁が染み込んでより美味しくなります。
今夜はそこに鶏卵を落とし、ちょっとアクセントをつけたおかずにしてみました。

2日連続同メニューの夕餉になりましたが、美味しくいただきました。
それでも少し鍋に余りましたので、それはとっておいて明日の煮物小鉢にしましょうかね・笑


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:食べ物 - ジャンル:写真

朝はパン
 
83917#1


私の物心ついた頃から我家の朝食はパン食でした。
はっきり理由を聞いたことはありませんが、なぜかそうでした。
父が土木技術者で、ほぼ現場に出っぱなしで家に殆どいない、
そして、我が家には水道が通じてなくて井戸水だったこと、
母が幼少期を神戸で過ごし、母方祖父がパンとコーヒー愛好家だったこと、
等々の要因が重なり合った習慣だったのかもしれない、と想像しています。

私が幼い頃から長い間、朝食は食パンのトーストにバターかマーガリンというのが定番でした。
たまに目玉焼きかハムエッグがつき、朝から豪華だなと喜んでいたものです。
私の幼稚園の友だちが遊びに来たときに、たまたまちゃぶ台に出ていたトースターを見て 『これ何?』 と訊ねました。
この出来事は良く覚えていて、当時としては珍しかったのかもしれません。

近年、パン屋さんもバリエーション豊かになり、
我が家の朝食にも惣菜パンやサンドイッチが出てくることが多くなりました。

さて、この玉子サンドは、そんな惣菜パンの中でもお気に入りのものです。
ふわふわの分厚い卵焼きとキュウリのスライスをケチャップを塗った食パンで挟んだだけという
実にシンプルなものですが、その味や食感が絶妙、我家のお気に入りです。
提供してくれるのは街中の小さなパン屋さんで、ほかにもいろんな自家製のパンがあります。
こちらのカレーパンも美味しくて人気、日に何度も焼きたて、揚げたてのほかほかを補充しています。
週に何度かはパンを買いに出掛けますが、このお店には相当頻度高く買いに寄ります。

買ってきたときには常温で、トーストもしていませんが、一旦冷蔵庫で保管し、
食べる直前に電子レンジでパックのまま温め、オーブントースターで表面こんがりに焼きます。

83917#2

今朝はこの玉子サンドを暫くぶりに楽しみました。
半月ぶりくらいかな?・笑


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:食べ物 - ジャンル:写真

道路拡張
 
道路拡張#1


長期間かかって拡張工事をしていました近所の幹線道路の拡張工事がほぼ終わり、供用開始されました。
今まで直進1車線、右折1車線の直進が、2車線になりました。
あと1週間、12月10日から、なにかと物議を醸していた新名神高速道路の高槻-川西間が開通し、
同日に名神・新名神高槻 IC も開業しますので、何とか間に合わせたという追い込み工事でありました。

元々大名行列の通った八丁松原の松並木を遊歩道に整備していたものですが、
その歩道幅を半減させて何とか松並木を残し、車道1車線を拡幅させました。
上の写真の歩道標識の奥あたりには立派な門が再現され、車道との境には築地塀という
なかなかいい雰囲気の遊歩道だったのですけどね。

 ↓ 以前の景観が下の写真です。 築地塀や植え込みを取り壊し、直線車線を増設しています。
道路拡張#2


元々万年渋滞交差点である国道171号線の八丁畷交差点の渋滞解消工事の一環でもありましたが、
それに新名神開業とインターチェンジ新設に伴う連絡道路という役割も付加されましたので、
果たして渋滞解決に効果があるのかどうか、疑問視する見方も多いのです。

ま、10日までは新名神が未開通ですので、ここ1週間ほどは渋滞緩和されるでしょう。



テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.