一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201806 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201808
台風一過
今回上陸した台風12号は異例尽くめだそうで、
普通は西から東に大きく湾曲したコースをとることが多いのに、
東から西にほぼ真っ直ぐなコースを辿るとか。

昨夜は深夜に紀伊半島の伊勢あたりに上陸し、そのまま西進、
夜半の3時前から急に雨風が強まってきて、
雨戸シャッターを叩くような風と雨で、一旦眠りについた目が醒めてしまいました。
強風の『ゴ~』という音とともに1時間あまり、「今頭の上を通っとるなぁ」とTVの天気情報を眺めていました。
ピークを過ぎた頃から横になり、騒音で起こされたり微睡んだりを繰り返し、朝を迎えました。

当地では、普通南西から東北に向かって進む台風が、今回に限り東から西に通過しましたが、
気象予報士やアナウンサーが断定、喧伝していた『今回の台風に限り台風一過の晴れ間はありません』
ということはなく、台風一過の晴れ間となりました。

台風一過#1

風雨が治まったら朝日が射し、明るくなりました。
寝不足の目覚ましに淹れたコーヒーを飲もうと出したマグカップを
テーブルに置いたら見事に陽射しの影ができました。

台風一過#2

ま、かつて経験のない台風の逆走のごとき進路でしたので、
混乱は仕方ないとも言えますが、センセーショナルな報道を検証してもらいたいものです。

台風は現在、兵庫県の瀬戸内沿いを西進中、
これから岡山、広島と、先日の集中豪雨で甚大な被害を受けた地域を通る見込です。
被災軽微であることを願うばかりです。

それにしても、ここ1ヶ月あまりで地震、集中豪雨、猛暑日連続、不規則台風と
次々と異変が起こっています。 次は何が起こるんだろう・・・・


Nikon Df / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR



2018.7.29 1200 追記

母の入居施設に訪問に行ってきましたが、
昨夜の台風騒動は意に介していなかった様子で、ちょっと拍子抜け。

そう言えば、、、と地震で屋根瓦が落ちて手つかずだったお宅を見てみますと、
結構大変なことになっていました。
多分台風の風で飛ばされ、ブルーシートが落ちてしまったのでしょう。

台風一過#3

まだまだ市内には業者が来てくれなくて順番待ちの損壊住宅がたくさんあります。
あの地震から40日、その間に集中豪雨、猛暑日連ちゃん、そして昨夜の台風直撃と、
まさに踏んだり蹴ったりで、お気の毒としか言いようがないですね。

私なら心が折れてしまいそうです。




テーマ:朝日 - ジャンル:写真

猛暑
毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
当地では、先月の地震、月初の集中豪雨、そしてこの猛暑続きのトリプルパンチで、
「もう、どうにでもしてくれ」 という気分になっております。

特にこの猛暑続きは、京都で昨日まで6日連続の38℃越えを記録するなど危険領域に入っています。
我家でも、ここ7日間連続で最高気温が37℃を越え、
母の入居施設への往復は、まるで風呂場で自転車を漕いでいる感じであります。

写真の気温計は、今朝の9時半過ぎに撮ったものです。

猛暑#1 猛暑#2

左は家屋の北面、地面の上1.5mほどの風の通る日陰での記録です。
9時半過ぎでもう33℃を指しており、湿度も65%、モワァっとした空気に包まれています。
今日も午後3時頃には36~38℃を指すと予想できます。

右は在宅時にエアコンを掛けっぱなしにしている居室の温度計です。
並べるとほんのちょっとの差に見えますが、これで十分冷んやり快適に過ごせます。
熱射病予防のために逃げ込めるよう、1部屋は日中も就寝時もこの状態にしています。

気象予報ではこの夏はこの状態がずっと続く見込だとか、
『酷暑』『炎暑』『気象災害』とマスコミは煽り立てていますが、
さて、その対応策は、、、、と言っても、切り札はありません。

堪え忍ぶしかないんでしょうかねぇ・・・・



テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

冷やしあめ
梅雨明け十日、これは当地で昔からよく聞いた言い回しです。
梅雨が明けてから晴れた日が続く十日間ほどが真夏の一番暑さが堪える時候、
そんな意味合いが込められています。

梅雨のムシムシで身体が弱っているところにいきなり油照りに見舞われ、
まだ身体の準備ができていないので、コトほど暑さが身に浸みる様のことです。

例年なら祗園祭の半ば、7月中旬の山鉾巡行の頃がその始まりなのですが、
今年は大地震、集中豪雨と続いた後のいきなりの早めの梅雨明け十日、
しかも突然の猛暑日連ちゃんで、殊更に堪えるのであります。
今朝、町内で今夏のセミの初鳴きを聞きました。

ところで先日、冷やしあめを見つけて買い、冷蔵庫に保管しておりましたが、
外出から戻り、キンキンに冷やしたのを一気に飲み干しますと、「あ~極楽」
火照った身体も落ち着くのであります。

冷やしあめ#1


冷やしあめは子供の頃、夏の縁日に屋台が出ていて、親に買ってもらって飲んでいました。
かき氷、アイスキャンデー、冷やしあめ、これが私にとっての縁日の3大アイテムでありました。

実はその昔、京都の親戚で『冷やしあめ』『冷やしコーヒー』『甘酒』などの
屋台向け飲料を製造し、卸していたんです。
ちょうど仕込んだ頃に親戚を訪れると、お土産に一升瓶に入った『冷やしあめ』を持たせてくれました。
その冷やしあめを井戸水で割り、氷を浮かべて一夏掛けてチビチビといただいたのであります。
その親戚も縁日需要が減り、高齢になったこともあって大分前に廃業してしまいました。

近年では口にする機会もなく、忘れていた味ですが、この夏は久しぶりに楽しんでいます。
麦芽で作った水飴に生姜汁を加えたさっぱりとした、ほのかな甘みが何とも言えません。

冷やしあめは、友人知人の中に結構知らない人も多く、
普及に地域差があるのか、はたまた其奴が縁日に縁がなかったのか、
そのあたりはよく分かりません。
兎にも角にも、私にとっては子供時分を思い出す懐かしい味なのであります。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


テーマ:飲み物の写真 - ジャンル:写真

大雨特別警報
台風7号の余波から始まった今回の集中豪雨ですが、
7月4日未明から今朝まで間断なく降り続き、
とても外出できる状況ではありませんでした。

今朝になってやっと小降りになり、雨の止み間も見られるようになりました。
この土砂降りの長雨で、西日本各地で甚大な被害が出ています。
当地でもいまだに2万人を越える住民に避難指示・勧告が出たままです。

これで交通インフラもズタズタ、名神、新名神をはじめとする高速道路は軒並み閉鎖、
近郊電車も殆ど止まってしまいました。
昨日あたりからぼちぼちと動き始めましたが、
土砂崩れで復旧工事未了のところを中心にまだ不通の区間も多いです。

大雨特別警報#1

予報では明朝までは降り続けるとなっていますので、
もう、これ以上激しく降らないこと前提での運転再開とでも言えるでしょうね。
ただ、JRに関してはダイヤ復旧まだ遠しの感がします。

大雨特別警報#2

JRの場合には、不測の事態で列車が止まってしまうと影響範囲が広いために
収拾がつかなくなる事態が容易に想定できますので、
予め運休や間引き運転を予告して実施し、混乱を最小にしようという手法です。
なので、今日のお昼時点でも止まったとこだらけになっています。

それにしても、今回の豪雨は凄かったですね。
当地では地震と豪雨のダブルパンチで往生しました。
”かつてない”とか”何十年に一度あるかないか”とかの災害のようですが、
それにしては希有な災害が頻発するなぁ、というのが素直な感想です。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.