一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202105 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202107
みなづき
 
みなづき#1


6月30日はみなづき(水無月)を食べる日で、本来は旧暦6月晦日なのですが、最近は新暦で食べることも多いです
これは京都を中心に残る「夏越祓(なごしのはらえ)」という行事に由来し、
「夏越祓」は「水無月の祓い」とも言われ、1年のちょうど折り返しにあたるこの日に
この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です

この「夏越祓」に用いられる京和菓子が「みなづき(水無月)」です
みなづきは白の外郎生地に小豆餡をのせ、三角形に包丁された菓子で、それぞれに意味がこめられています
みなづきの上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しています

旧暦6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」と言われ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました
この日になると、御所では「氷室(ひむろ)」の氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いました

当時は氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられており、宮中臣下にも氷片が振舞われたようです
しかし、6月を 『水無月』 と書くように、庶民にとっては夏の冷水はとても貴重で、
ましてや氷などは噂で聞く程度、簡単に食べられるものではありません
そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作られるようになッたと伝わっています

近年のみなづきは、氷をイメージした白外郎の台に限らず、抹茶の緑や黒糖の黒い台のも見かけます

美味しい食べ方にはちょっとコツがありまして、
少し冷んやりした夏の食感を楽しむのが一番なのですけど、冷やしすぎると外郎が固くなり、食感が悪くなります
しかし、今の時期の常温のままですと餡の甘さがくどくなり、味と食感を損ねてしまいます
そこで、冷蔵庫で冷やして保管し、食べる20分ほど前に冷蔵庫から出して室温に少し馴染ませ、
冷んやり感も残しつつ外郎の軟らかさも楽しめるのがベスト、「あぁ、みなづきやねぇ」 と楽しめます

以前は、6月末が近づくと、祖母も母も「ぼちぼちみなづきが(店に)出てきてるかなぁ」とそわそわしていました
今日、菓子屋の店頭で見かけましたので、そんなことを思い出しながら買ってきてしまいました
取り敢えず仏壇に御供えし、あとでお下がりをいただく算段にしています



テーマ:お菓子の写真 - ジャンル:写真

2回目
 
2回目#1


今日、予定どおり新型コロナワクチンの2回目接種を受けてきました
1回目接種の時と同様に接種プロセスはスムーズで、事後副反応もありませんでした
当日~3日間くらいの間にきつめの副反応が1回目より出やすいと聞いておりますので、
特に今日、明日は注意して過ごしたいと思っています

これで個人的にはひと安心というところですが、
罹患したり、重症化したり、人に遷したりというリスクがかなり軽減されたとは言え、
リスクゼロを担保されたわけではなく、羽目を外していいとは決して言えません
気持ち的には正直落ち着きましたが、普段の生活は今までどおり、
当面世間が落ち着いた状況になるまでは慎重に暮らしたいと思っています




≪ 2021.6.13 15:00 追記 ≫

新型コロナワクチンは2回目の副反応発生頻度が高めと脅されていましたので、
些か身構え、気合を入れて静かに過ごしていたのですが、
翌日の午後、丸1日経った頃前後数時間に少し注射したところを押さえたら鈍痛を感じる程度、
反って1回目ほどではないと感じる程度の軽微な違和感しかありませんでした
他に発熱、悪寒、倦怠感など感じることもなく、2回目接種から丸3日経過しました

若い人ほど出やすいと言われる副反応らしきことを感じなかったのは、
拍子抜けするとともに、私が爺世代真っ只中間違いないことの証しか、と苦笑しております


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.