一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202106 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202108
蓄熱放射
梅雨が明けたと思ったら、途端に連日の猛暑で茹だっております
この猛暑は日本全国まんべんなくとか、読者の皆さま、いかがお過ごしでしょうか

当地では連日最高気温が35℃超え、我家は更に気象庁の公式発表より1~2℃高いレベルで推移しています
最低気温も連日25℃超えの熱帯夜で、朝8時には気温30℃を越え、
夜間床につく頃になってやっと30℃を下回る状況ですので、在宅時はエアコンをかけっぱなしです

我が家の北側には電車の高架橋が走っておりまして、その線路沿いの道路に面して建っております
なので、そのコンクリート橋脚に日中の照りつける太陽熱を蓄え、陽が落ちてもそこから熱気を放散する、
その繰り返しの毎日が、夏場の絶え間ない熱気となっておるのです

蓄熱放射#1

ならば冬場はひょっとして、と思うのですが、そうは問屋が卸してくれません
日中蓄熱する間もなく夜間の底冷えで氷柱のように冷え切り、日中はその冷気放射で寒いのです

かつてここに住み始めた頃には線路が地平を走っておりました
今よりは夏の暑さもまだマシでしたので、蓄熱の炎熱を感じることもありませんでしたが、
錆まみれの線路のバラスが熱くなり、時折木製だった枕木が耐えきれずに煙を出し始めることがありました
年に何度かは、夏場に駅へ電話を架けて 『線路燃えてるよぉ』 と連絡していました

また、当時の電車は公称一両40トンですが実質70トンはあろうかという鉄の塊、
それが駅への進入前のブレーキを我家の前でかけるので、火花と夥しい鉄粉が舞い、
外干しの洗濯物はきちんとはたかないと取り込めず、
ガレージの車はボディカバーをしておかないと鉄粉が塗装に刺さって黄ばんで艶消しになります
我が住宅地では白い車は御法度、アイボリーがいつしかサンドベージュに変貌しました・泪

とまあ、暮らしにはなかなかに難ある環境ではありますが、
駅近で買い物に便利という地の利は何物にも替えがたい価値がありました
しかし今、現役を引退し通勤の用がなくなってしまいましたので、
この地に拘る理由も乏しく、悩むところであります



テーマ:四季−夏− - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.