一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202109 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202111
マイナカード
先日、市役所からマイナンバーカード更新手続の案内が届きました
カード自体の有効期限は発行後10年目の誕生日までですが、
電子証明書の暗証番号の期限は5年となっており、
その5年目の誕生日が迫ってきましたので、案内が来た次第です

手元の私のマイナカードは、元々初期のシステム不安定な時期の発行なので、
なんと有効期限が手書きで修正されていて、大丈夫かいなと感じます
こんなんで、行政の電子化推進は安泰と言えるんでしょうか

マイナカード#1

元々メリットを余り感じなかったので、作成には余り乗り気ではなかったのですが、
自動車運転免許証の返納を次回更新時に、と考えていたのもあって、
その代替 『身分証明書』 にとマイナカードの発行を申し込んだ次第です

当時も今も 『生活が便利になりますよぉ』 とのかけ声で、しきりと発行を促していましたが、
この5年間で実際に活用したのは、コンビニで印鑑証明書と住民票の発行を各1回した程度で、
あとは携帯電話をスマホに替えた時の契約で身分証に使った程度の実績しかありません
この間に駅前にあった市役所の出先機関が閉鎖になり、全て本庁に出向かねばならずとても不便になりました
一向に生活利便性向上が実感できないんですよ

持っててよかったメリットは、マイナポイントを店舗カードと紐付けして貰えたことぐらいですが、しかし
この紐付け手続も結構しんどい作業で、まず、私のスマホは対応外機種なのでスマホ手続ができず、
PCのカードリーダーで接続しようとしたら普段使いのブラウザー Firefox ではエラーで繋がらず、
ネットで調べてみたら IE でしか接続できず、登録作業ができないことが分かり、やっと手続きできました
ヘルプなしでこの手続きハードルを越えられず、マイナポイントを諦めた人も多いんじゃないでしょうか

・・・それで、更新手続はどうするのかねぇ、と案内を読むと、
え、え、えっ!!!  市役所本庁に本人が出向かないといけないの?!
「顔写真は不要です」 とはなっていますが、それなら尚更web手続で済ませられんものかねぇ

自動車運転免許証を返納して代わりに交付してもらった運転経歴証明書には、失効期限はありません
それで十分身分証になって使えていますので、敢えてマイナカードに拘泥しなくてもいいか、と感じます
今月から健康保険証にも使えますとは言うものの、対応している医療機関や薬局は全体の1割未満、
私の通院先はいつ対応できるか不明、といった状態です

一応折角なので年内に市役所に行って更新するつもりですが、
更新してもこの先どう活用できるのか、一抹の不安、疑問を覚えます



テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

衆院選
昨日、10月14日に衆議院が解散され、選挙戦に突入しました
と言っても、元々現衆議院の任期満了日が10月21日なので、任期満了と感覚的には一緒
敢えてあと1週間もない今解散する大義もない気もしますが、解散権を行使したい権力者の欲望発露でしょうか
特に現内閣は総理大臣を含めてこの10月4日に発足したばかりで、10日しか経っていません
しかも、投開票日が10月31日なので、慌ただしいこと限りなしです

総理大臣も新任大臣も、何のお仕事もされないうちに解任、
来月に新議員のもと改めて選び直されることになってしまいますね
新大臣については、初めてお聞きするお名前があったりして、まだ覚え切れてません
目出度く当選されて国会に帰ってきて再任して貰えるんでしょうか・・・・
大臣には民間人で議員資格がなくても選任できますので、落選しても再任するのかねぇ
でも、何人かは 『十日大臣』 とか 『ひと月大臣』 という不名誉なハクがつくだけで
政治生命を終えてしまうお方も出てくるんでしょうな

ま、いろいろと ”?” マークが浮かぶ今回の衆院選ですが、
決まった以上はやらないといけない準備作業が立て続けとなり、
末端の現場作業はてんやわんやの様子です

今朝、買物でスーパーに向かう途中、選挙ポスター掲示板がもう建てられていました

衆院選#1

実は、私の投票する選挙区では3枠が有力候補の指定席となっています
固い地盤の与党候補、賑やかでTV中継でもよく出てくる野党候補、強力地域政党の候補の3人です
選挙区当選は1人だけですが、大体比例区復活当選で残り1~2人は拾って貰えます
たまぁに泡沫第4候補が出ることがありますが、ほぼ供託金没収で秒殺チョンです

さて、今回の選挙ではどんな結末になるでしょうか、、、波乱は多分ないでしょうけどね・笑



テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

秋の味覚
 
秋の味覚#1


10月になって、やっと秋の気配を感じるようになりました
そろそろ青果店の店頭にも秋の味覚が揃いはじめ、
ちょうど柿の実が目立ってきています

私が幼少期を過ごした家は戦前に祖父が建てたもので、かなり広い庭があり、
イチジク、みかん、甘柿、渋柿などの果実の採れる木が植わっていて、
実が熟したらそれらを採り、旬の味を楽しみました
戦時中に病で亡くなっていた祖父の出自が和歌山の山深いところでして、
みかんも柿も郷から移植したほぼ野生種のものでしたので、実は店頭ものよりかなり小振りでしたが、
それでも十分に甘味が凝縮されて、おいしくいただいていました

祖父を知る親族が存命の頃には、毎年その年に採れたみかんや柿を
和歌山から箱一杯に詰めて送って下さっていました
幼い頃からその味にずっと馴染んでいましたので、
私にとっての果物の定番は、今でも夏のイチジク、秋の柿、冬のみかんとなっています

写真の富有柿は、昔の倍ほどの大きさがある大ぶりで、
値段も1個100円ほどしてしまいますが、出回ったら一度は口にしないと落ち着きません
ということで、今年も早速店頭に並んだのを買ってきて旬の味とカリッとした歯触りを楽しみました



テーマ:果物の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.