一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202204 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202206
夕景
 
夕景#1


これは今日の景色ではないのですが・・・・

随分陽の落ちるのが早くなりましたね。
もう定時での退勤時刻には辺りは暗くなっています。

この日は低く垂れ込めた雨雲に全天覆われ、日中はずっと雨が降っていました。
夕方になってやっと雨が上がり、日没頃になって陽も差し始めました。
丁度この時、山の端に沈む太陽を取り巻くようにその部分だけが青空になっていたんです。
そのせいか西日を正面から受けたビルのガラスが真っ青になり、
何かのイベントでライトアップしたように見えました。

長年このコースを通勤で歩いていますが、このような光景は初めて見ました。


KODAK EasyShare V570


関連記事

テーマ:夕景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
この部分に特殊ガラスを使ったから?という気もしますが、実に綺麗に出ています。
今日のこっちの空と同じですが、こんなに高いビルがありません(涙)。
その分、見通し(見晴らし?)は良いです(笑)。
2010/10/28(木) 21:53:34 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、確かにこのガラス窓は特大サイズですので、並のものじゃないと思います。
このビルには以前事務所があって入ったことがありますが、このガラスは赤外線&紫外線カット、
ちょっと色がついてる感じはします。この反射を見ると反射率が高く平面性がいいですね。
お天気は明日若干回復するようですが、台風がやってきますので、週末は大荒れかな。
2010/10/28(木) 22:20:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なんとも不思議な光景ですね。ビルが自らの意思を
もって発光したような・・
2010/10/28(木) 23:18:22 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
これは珍しいですね。まさにストライクというわけですか。
注意していれば、街でもいろいろな自然現象が見られますね。
2010/10/29(金) 00:24:03 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
亜哉さん、この写真はディスプレイのコントラストが高めならより劇的に見えますよ。
何やらガンダム系のアニメでビルが人型ロボットに変身するためにウ~ンと気張ってる、
そんな風なシーンに見えておもしろかったですよ。全天95%の雨雲にわずかな青空、
そんな奇跡的お天気のなせるワザでした。
2010/10/29(金) 08:40:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、こういうめったに見られない景色に遭遇すると、「やったね」とほくそ笑みます・笑
いつもの道をいつものとおり歩いていても、時々「ん?!」と思うシーンに出会いますよね。
こういうのを目ざとく見つけるアタシは、いつもキョロキョロしてるんでしょうかねぇ・・・汗
2010/10/29(金) 08:43:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
なんか、松本零士さんの世界に出てきそうなロボットのように見えました。
2010/10/29(金) 22:42:56 | URL | みやっち #-[ 編集]
みやっちさん、何か人型ロボットに見えてしまいますよね。
深呼吸して、さあ動き出すぞう、なんて感じがしましたよ。
2010/10/29(金) 23:08:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
綺麗な光景です。しかし、それを綺麗と見る人、見れない人がいるのが世の中です。
このカメラは望遠もできるんですね。
2010/10/31(日) 11:07:20 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、非日常的できれいだなぁ、凄いなぁと思わず見とれましたよ。
この光景を見て何も感じない人なんているんでしょうかねぇ、、、、いるのかなぁ。
私は単純に「わっ、凄い!」って感じてしまいましたけど。 ←単細胞?・爆
V570は望遠も使えるんですよ、エヘン! ( ̄^ ̄)
35mm判換算で最長120mm程度ですから少々物足りないですけど。
2010/10/31(日) 12:18:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.