一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202204 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202206
舞妓は~ん4
一服して友禅苑に戻りますと、相変わらずあちこちの人の輪からシャッター音が聞こえます。
もう一度茶室で撮ろうと今度は上の茶室に並ぶことにしました。
相変わらず茶室は人気ですねぇ、2回待ちだそうです。
ま、10分余りだからのんびり待ちましょう。

さて順番が来て入りますと、またまたモデルは杏佳さんでした。
ぱっと見は下の茶室と同じように見えますが、床の間の位置や障子が微妙に違っています。


舞妓は~ん#1


こちらのは直射光は入りませんが、開放が大きくて下の茶室より明るいのです。
この子の場合は、正面から左顔はどうも撮りにくいのです。


舞妓は~ん#2


ただ、撮影ポジションがこっちに限定されていますので、何とか工夫せんとイカンですね。
センセーの指示で撮影の合間にかごを手元に引き寄せ、小物を取り出す時に1枚。


舞妓は~ん#3


「かご」というのは、ホントはどう言うのか知りませんが、
舞妓さんがお座敷などに出かける時にいつも持って出る大きめの巾着袋で、
底に木枠があって、中に編みかごが入っていたので私たちは「かご」と言っています。
洋装の大きなハンドバッグみたいなもので、化粧道具や手鏡、脂取り紙や携帯電話、
扇子、手帳、名刺なんかがごっちゃりと入っています。
以前『何入ってるん?』って聞いたら、『色んなんがゴチャゴチャ』と笑って見せてくれました。

この上の茶室には小窓もありますので、定番の額縁写真も1枚押さえときましょうか。


舞妓は~ん#4


ここで私たちの組は撮影終了です。茶室はどうやら次の組で終わるようです。
そろそろ終了時間が近くなってきました。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
おぉー!ブクブクブク・・・(水没)
このBBS目が離せません。
部屋の中でも充分光が回っていますね。

>さて順番が来て入りますと、またまたモデルは杏佳さんでした。

これって「お遅刻特需」でしょうね。
おんなじモデルさんが茶室に入るなんて今までないですよね。

>中に編みかごが入っていたので私たちは「かご」と言っています。

「竹籠巾着」というものらしいです。
私も知らなかったので調べました。

>そろそろ終了時間が近くなってきました。

この撮影会で途中休憩を取った人を他に知りません。
この心の余裕が写真にも表れますね。
でも10分で1000円くらいでしょ・・・勿体ないよ~!(涙)
2010/12/18(土) 19:52:50 | URL | ebatom #zBQub69g[ 編集]
紗矢佳さん出てきませんね。Mさんも撮らなかったのかな?
しかし、途中休憩とはねー(笑)まあ朝から余裕たっぷりでしたな。
2010/12/18(土) 20:25:17 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
さすがに、キッチリ押えますね!!
こう巧くイかないんだろうなぁ~~
ご馳走様でした・笑
2010/12/18(土) 21:07:35 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
あぁ…綺麗な方だ…
今日の夢に出てきますようにw
2010/12/18(土) 21:32:29 | URL | みやっち #-[ 編集]
ebatomさん、複数のモデルがいる撮影会では何となく縁のある人がいるものですね。
今回はこの杏羽佳さんだったようです。『また来たよ』「にこっ」て感じでした・笑
上の茶室は日が昇った11時頃ですので、室内に直射は入りませんで、丁度良かった。
「竹籠巾着」って言うんですか、知りませんでしたねぇ。省略語で「かご」なんでしょうね。
そう言えば、他に休憩してる人は見かけませんでしたね・汗
心の余裕ですかねぇ、、、どうも乗り切れなかった気がしますよ。
乗らない時にシャッター切ってもロクな写真になりませんからねぇ。
90分6000円だから、10分700円弱ですかねぇ、、、
1500円くらい捨てたことになるなぁ・反省
2010/12/18(土) 22:03:50 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
foresterさん、紗矢佳さんねぇ、あとで気づけば撮ってなかったような・・・・滝汗
外の自販機んとこに行って、前からあった休憩所+駐車場がなくなって工事中だったので、
警備員のおっちゃんと雑談してました。あれはリニューアルではなくて撤去だということでした。
2010/12/18(土) 22:10:40 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
nonakaさん、なんでかシランが今年の撮影会は燃える気持ちにならんかったんですよ。
自分でも不思議なくらい盛り上がらんで・・・・馴染みの子がおらんかったからかなぁ。
今までフィルムで撮ってたよりコマ数が少ないんですよ・涙
2010/12/18(土) 22:14:40 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みやっちさん、確実に夢が見られるようにプリントして枕に敷いて・笑
この子はお人形さんみたいに可愛い舞妓さんでしたね。
2010/12/18(土) 22:17:47 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
やっぱりさすがですね、安心感100%で見させて頂いております。
見たいものがちゃんと見たいフレームでぴっちりカバーされている!
2010/12/18(土) 23:04:29 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、今回の撮影は創作という作業に一歩至りませんでした。
記録写真というか説明写真というか、、、、イマイチ自分的には不満足であります。
とりあえずちゃんと撮れているからいいか、という感じでしょうかね。
今年3回しか撮影していないので、3回目の意気込みが空回りしたかも。
2010/12/18(土) 23:11:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
文章中には金言がびっしり!!勉強になります!!
2010/12/19(日) 00:47:59 | URL | みのる太 #3/VKSDZ2[ 編集]
みのる太さん、何か大層なことを書いてましたっけ・・・・
みんな大したことではないんですが、迷ったら基本に戻ることですかね。
2010/12/19(日) 08:58:51 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
> とりあえずちゃんと撮れているか

とは言っても、やっぱり四枚目!
これには「オンナ」が写ってますもん。

この衣装や化粧もすべて含めて「日本の伝統色」ですね。欧米にはこの色彩がありません。
こういう写真を撮るのは、その日本の色の文化を記録する作業でもあるのでカラーで撮ってこそ意味があります。
2010/12/19(日) 10:06:24 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、私が4枚目をセレクトした要因は、素の表情もさることながら、
この指なんですよ。硬い動きではあるんですが、この細さ、女の指なんですよ。
なぜかこの指にゾクッとするものを感じてしまいました。

日本は色の表現が実に多彩ですよね。「赤」についても桃、朱、茜、赤、紅、緋、、、、
daddyさんも仰ってますが、微妙なニュアンスで連続性を持って区別しています。
私の英語力では同義語でpink、redくらいしか思いつきません。
ニュアンスはdeepとかdarkとか修飾することで表現し、独立語はありません。
季節や色彩に関するこの無限とも言える表現が日本の文化なんだろなと感じます。
2010/12/19(日) 10:43:16 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
> この指なんですよ。硬い動きで

気を抜いた手にイケるの賛成、それと窓の桟にグッと押し付けた下腹の僅かな出っ張りね。

> 季節や色彩に関するこの無限とも言える表現が

御意、なのでモノクロなんかで撮ってしまわれてはどうにもならなくなってしまうのです。モデルさんの方だって各所の色使いには相当苦心している様子がよく分かりますし。(笑)
2010/12/19(日) 11:40:13 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、やっぱりこの指なんですよねぇ・・・・
その昔、「ねぇ」と何気なく掴まれた手首に感じたあの細さ、あの冷たさ、あの湿り気・笑
その記憶がどうしても蘇ってきてしまうのであります。

日本独特の色使い、黒の安物は折りの裏地がさりげなく花色木綿、
歌舞伎の幔幕に使われるあの色、水色の振袖の下の緋の襦袢、頬染色の半襟、
この取り合わせは西洋の感覚ではありませんからねぇ。
舞妓さんは、だらりの帯がトレードマークで換えることはありませんが、
振袖は時々換えたりします。月ごとに変わる季節の花の簪とともに楽しめます。
2010/12/19(日) 13:49:00 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.