一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
伊達家の門など
忙しくあれもこれもと見て回っているうちに、遂に園内放送で退去を促されてしまいました。
仕方ないので、お名残惜しいですが出入り口に戻ることにします。

帰り道には別ルートで回りましたが、そこに立派な門がありました。
他に関連する建物はなく、門だけであります。

伊達家の門など#1

この門は旧武蔵野郷土館時代に収集されて、それ以来ここに据わっている物で、
旧宇和島藩主であった伊達家が大正時代に港区白金に建てた屋敷の表門だったそうです。
私はこれを見たときには、江戸時代の旧藩邸あたりの遺物かと思いましたが、
大名時代の栄華を懐かしんで再建したのでしょうか、旧大名家の香りを残す良い雰囲気です。
門柱の上の方には伊達家の家紋が木彫りで残されていました。

伊達家の門など#2


ここには住宅、店舗ばかりが集められていると思っていたのですが、
何やら霊廟のような建物が異彩を放って佇んでおりました。
旧自証院霊屋(じしょういんおたまや)というもので、尾張徳川藩主光友の正室である千代姫が
その母であるお振(徳川三代将軍家光の側室)を供養するために建立したものだそうです。
慶安5年(1652年)、市ヶ谷に建立されたもので、東京都の文化財に指定されています。

伊達家の門など#3


この別荘のような造りの家屋は、建築家前川圀男の自邸として品川区大崎に建てられたとのこと、
竣工は昭和17年(1942年)といいますから、戦時色が濃く、資材や人足も調達しにくく、
“当局”からも結構睨まれたように思いますが、どう切り抜けたんでしょうかね。
開口が大きく、太陽の光をめいっぱい取り入れるように設計されていますね。

伊達家の門など#4

伊達家の門など#5


もう「改札口」では係の職員が残ってる人を探し始めましたので、ここで退散することにします。
次にいつ来れるかは分かりませんが、採訪してみたいところナンバーワンでいまだに残っています。

ここでまたネタ切れになりました。ちょいと休憩します  (^^ゞ

江戸東京たてもの園
CONTAX TVSII / Vario Sonnar 28-56mm F3.5-6.5 / KODAK MAX Beauty 400


関連記事

テーマ:歴史スポット - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
この門は白金と書かれてますが南麻布にあった磯野不動産所有の旧伊達藩屋敷ではないですか?
敷地内で今のSOK?が訓練やってたのを上から眺めてました。
後にココは広尾タワーマンションになりました。その庭も上から眺めてましたが。
2011/02/01(火) 20:58:44 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
もう少し暖かくなったら行ってみようと思っています。
一連の作品を拝見していて、自分が子供の頃を思い出しました。
古い家は、すきま風はあったけど夏は涼しかったです。
2011/02/01(火) 21:24:59 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
近いうちに再訪できると良いですね。
私もご一緒できればと思います(興味有り&建物フェチ)
2011/02/01(火) 21:52:28 | URL | みやっち #-[ 編集]
↓の電停見せてくれますねぇ・・ホント電停に止まったときの商店街が見えて・・仙台市電があった頃は、楽しかったなぁ・・

 宇和島伊達家の屋敷門ですね。仙台東照宮の石鳥居は宇和島伊達家より送られています。

 御霊屋も保存されているのにはびっくりですね。廃仏毀釈でよくご無事で・・残って良かったです。
2011/02/01(火) 21:54:24 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
foresterさん、もし仰るのが正解なら一度江戸東京たてもの園にご連絡ください。
同園の説明書きがそうなっておりましたので、多分別物だと思うのですが・・・
ただ、上にも書きましたように伊達藩の藩邸ではなく、宇和島藩の伊達家(仙台の傍系)、
江戸期の藩邸ではなく近代に建てられたお屋敷です。このあたりはどうなんでしょう。
2011/02/01(火) 22:00:09 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
maimaiさん、ここには日が短くて寒い冬にはあまり行かない方が身体のためかも・涙
東京圏にお住まいの方なら行楽を兼ねて時候のいい時に訪れたら、いい森林浴もできますよ。
まさに若かりし頃、子供の頃に見た覚えがあるものが実物で展開されています。
2011/02/01(火) 22:06:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みやっちさん、私もフェチっぽいので、できるだけ早くに再訪したいです・笑
連れフェチがいると心強いなぁ。是非ご一緒したいですねぇ。
・・・ッても、みやっちさんは仕事に子供に天手古舞いじゃないですか?
2011/02/01(火) 22:14:29 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、ここのレイアウトはよく考えられていましたよ。
停留所の都電が、あの商店街の景色と見事にマッチしていました。
確か宇和島藩の伊達家は伊達政宗と血の繋がった傍系ですよね。
近親骨肉の争いはなく、仲良く親戚づきあいしてたようで、何よりです。
廃仏毀釈と言っても、
それなりのお方の縁があるものには手を出しにくかったんでしょう・笑
2011/02/01(火) 22:20:27 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
前川さんちは内部をご覧になりましたか?
ここ、チープな材料を使っているのですが各所の建て付けアイデアがスゴいです。
現在でも十分に通用する先駆的な設計がされていました。
いつのときだったか、伺った時に丁度、前川さんの娘さんが来ていて(ボクはその人が娘だとは知らずに30分くらい話していた)、もの凄く詳細に各部を紹介してくれました。
「ずいぶんお勉強されたんですね、なんでそんなにこのお家についてお詳しいのですか?」って尋ねたら「前川の娘です」と言われてたまげたことが有りました。
2011/02/01(火) 23:35:53 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、前川邸の写真を撮ってる頃には「閉園ですのでお急ぎくださぁ~い」と呼ばれてました・涙
ですから、外からちらっと見ただけです。外観からは全くチープな材料には見えませんでしたが、
設計のアヤでしょうかね、実に堂々とした建物と拝見しましたよ。さすがのものですね。
こういう館で詳しく知るご縁の方からご説明を受けると、微細にわたって理解ができ、嬉しいです。
建築主の娘さんと出会われたとは、奇遇ですね。それは幸運な体験で、うらやましいです。
2011/02/02(水) 08:43:34 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
素敵な場所ですね。
建物趣味の人もそうじゃない人も、結構面白いと思いました。
建築業界の方に案内して貰うと良さそうです。
2011/02/02(水) 11:39:10 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
サムスルさん、以前から行きたいとは思っていましたが、行ったら想像以上にいいところでした。
このたてもの園も広々とした散策路に沿ってゆったり配置されているのですが、
たてもの園そのものが広大な小金井公園にあって、国木田独歩の武蔵野体験をしている雰囲気になれます。
歴史的建築と自然と、一粒で二度おいしいところですよ。
2011/02/02(水) 11:46:44 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.