一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
昼の顔と夜の顔
1970年の大阪万博といえばシンボルの太陽の塔、岡本太郎作のこの塔は強烈な印象を与え、
あれから40年経ってもそのシンボルは全く陳腐化を感じさせず、記念公園にそのまま残っています。
イベントのオブジェとかモニュメントってのは飽きられ、陳腐化し、捨て去られ、というのが多いのですが、
この太陽の塔は未だにその存在感が他を圧倒しています。岡本太郎って凄い人だったと改めて感じますね。

さて、万博記念公園には何カ所かの入口がありますが、モノレールで行って中央口に向かうと、
駅を出たところで正面に太陽の塔が聳えているのが見えてきます。

昼の顔と夜の顔#1

入場口から入ると、目の前の芝生広場越しにその大きな姿が眺められます。

昼の顔と夜の顔#2

この金色の仮面は見てのとおり燃える太陽の光をシンボライズしてしており、
真南に向いていますので、晴れた日の昼間には太陽の光を浴びてきらきら輝いています。
太陽そのものをシンボライズしているのは腕?の付け根にある難しい表情の白い顔です。
こちら側は太陽の塔としての顔と昼の顔の2つを見せています。

では、その裏側は、、、、ということで裏に回ってみましょう。
太陽の塔を横から眺めることは殆どないと思いますので、横からのお姿をお見せします。
少々メタボに見えますなぁ・・・・このアングルは余り見ない方が良さそうですね・笑

昼の顔と夜の顔#3

裏に回るとすぐそばから見上げることができます。
いやぁ、デカいですねぇ。昔はここから内部に入って上まで見学することができました。
現在は老朽化が進んでいることと、上部に非常口がないため消防法の規定により
一般の入場が禁止されているんだそうです。

昼の顔と夜の顔#4

裏側には少々不気味な顔が描かれていますが、これは月をシンボライズした夜の顔だそうです。
真北から眺めると、この夜の顔が見られます。

昼の顔と夜の顔#5

日本庭園の側から眺めますと、こちらからでも駐車場とお祭り広場越しに遠望できます。

昼の顔と夜の顔#6

これで、太陽の塔には黄金の顔と昼の顔と夜の顔の3つが確認できましたが、
実は、太陽の塔にはもう一つ顔がありまして、太陽の塔が当時公開されていた頃には地下ゾーンがあり、
そこには地底の顔という第4の顔がありました。1990年代にここの公開が先の理由でできなくなり、
閉鎖する時のどさくさで行方不明になってしまったということで、現在所在不明です。
サイズが3mほどあったはずですので、行方不明というのが信じられないのですが、
あの顔はいまいずこ?


FUJIFILM FinePix S5 Pro / Tokina AT-X124 PRO DX 12-24mm F4 ASPHERICAL
                / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.8-5.6 DC OS SLD HSM


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
久しぶりにコレの全貌を見られました、ご紹介ありがとうございます。
まったく360度スキのない構造ですね。
未だにキレイという事は5年おきくらいにリペイントしているんでしょうね。
2011/04/19(火) 20:10:36 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
昔、親父が、良く話してくれていました。
親父は、第4の顔も見ているのかなぁ~
確認できませんが・・笑
2011/04/19(火) 20:20:13 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
太陽の塔をぐるりと見せていただきました。
後姿も圧巻ですね。
大阪万博のころは中学生で、会場には行けませんでしたが太陽の塔より月の石(レプリカ)でした。
2011/04/19(火) 21:06:06 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
daddyさん、外観は定期的に手を入れてるようで、良く姿を残していますよ。
天辺の黄金マスクは本格改修し、目玉は点灯可能な新設備に交換したようです。
内部は寄る年波で、手を入れても大人数一般公開は難しいでしょう。
遠目に見ても、そばで見上げても、独特の威厳と美しさを今でも感じます。
2011/04/19(火) 21:09:29 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
nonakaさん、お父さんの思い出のモニュメントでもあったんですね。
当時中に入っていたら、地下の地底ゾーンで必ず第4の顔は見ているはずですよ。
あの頃は非常口もなくてあれだけの大渋滞になる人数を入れていたんですね。
怖いと言うか大らかと言うか、夜の閉園後にはスタッフが広場でバーベキューやったり、
池に飛び込んで泳いだりしてましたからねぇ、、、大らかだったんでしょう・笑
2011/04/19(火) 21:16:36 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
maimaiさん、太陽の塔は結構有名で皆さん知っていますが、横や後ろは・笑
近くで見上げると、その大きさには圧倒されてしまいますよ。表面はザラザラですけど。
月の石は後のパンダ見物並に2時間列んで「立ち止まらないでぇ~~」・・・・
ちょっと距離のあるところに石ころがちょろっ、目を凝らして見ても「列んで損したなぁ」・爆
2011/04/19(火) 21:22:45 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
万博は混雑が嫌で行かず、未だ太陽の塔に縁がありません。
まあこんな日本人がいても良いのかな(笑)。
今年は作者の生誕100年でしたね。
2011/04/19(火) 22:14:58 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、私は学生最終年だし、アルバイトで通ったしで数え切れないほど・笑
まぁ、地元ですし、自宅から会場まで30分で行けるから、これは地の利の勝利ですね。
考えてみれば岡本太郎って人はバリバリの現役だったんですよねぇ、あの頃。
山本寛斎かドン小西かというような格好で万博会場を闊歩してました・爆
2011/04/19(火) 22:30:51 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
小学校5年生の時、ココで撮った写真が未だありますよ。
暑くてゴミの饐えた匂いが漂っていたことは、覚えています。
外人さんが珍しかったので、サインを貰いました。
2011/04/19(火) 22:48:42 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
私はタイミングが無くて行かずじまいでした。まあ人ごみは
嫌いなので、惜しいとも思いませんでしたが。
今こうして拝見すると、なかなかの作品なんですね。
2011/04/20(水) 00:06:25 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
サムスルさん、観客動員に拍車がかかり、大量のごみが出てくる頃に夏になりましたので、
パビリオンの裏に回ると大変なことになってましたね。1日80万人なんて来場記録出しましたから。
あのとき会場でごみ回収パレットを何両か連結して走っていた構内回収車を作っていたメーカーに、
私は翌年就職しました・笑  開催前にその会社への就職は決まってたんですけどね。
当時珍しかった欧米系の外人さんも大量にいまして、見るも珍しく、きれいな女の子は眩しかったなぁ。
アラスカ館の説明員で来ていた女の子が特にかわいくて、仲良くなってしまいました・爆
2011/04/20(水) 08:39:41 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、私は地の利もありましたし、バイト先でもありましたので、足繁く通いました・笑
普段ならあの大混雑のなかに身を置くなんて考えられませんけど、当時は仕方なく・・・・かな?・爆
私は夜間がメインでしたし、仕事もあるし、思い返すと万博会場では1枚も写真を撮ってませんでした。
あのころは太陽の塔の腕の付け根の高さで大屋根がかかっていて、すっきりと全容が見えませんでした。
太陽の塔の見映えとしては、現在の方が威風堂々という感じで見られます。
2011/04/20(水) 08:48:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.