一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
トマソン
 
トマソン#1



FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


関連記事

テーマ:珍百景(0^0^0) - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
むむっ、堀割に面した出入り口、船宿?それとも
政治家さま御用達の出入り口なんちゃってね。それとも、単になんちゃって出入り口・・汗
2011/05/31(火) 22:07:57 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、前にある川は疏水、或いは白川の分流のようで、巾は2m強です。
この階段の奥はお屋敷の立派な門でして、かつては裏玄関か勝手口だったように見えます。
川ッぺりをよく見ると、護岸の上のコンクリートをはつったように見えますので、
元々ここには橋が架かっていたのを何らかの理由で取り壊して、そのままにしたのか、
なんて風に推量できます。で、結果的に「一体どないして入るねん」というトマソンに・笑
2011/05/31(火) 22:29:19 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
コンクリートの削れ方からして「以前橋があった」に手を上げます(笑
不思議な所、まだまだありそうでワクワクしますよね☆
2011/05/31(火) 23:01:51 | URL | みやっち #-[ 編集]
みやっちさん、どう見ても折角あった橋を取っ払ったとしか見えませんよね。
実は大分前にここを見つけていたんですが、そのうち橋を架け替えるんだろう、
そう思っていたのですが、一向に架ける気配がないのでトマソンに分類しました・笑
ところでここはオフで何度か皆さんをご案内してるんですが、誰も気付いてまくれせん・爆
2011/05/31(火) 23:12:14 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
かつては橋があったか船着場か、家のみそのままという
感じですね。こういうのってなんかロマンを感じます。
2011/05/31(火) 23:58:43 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、老朽化、あるいは不測の事態で橋が使えなくなり、撤去したんでしょうね。
そして、つらつら考えるに、この通用口はもうほとんど使われることがないことに気付き、
もういいか、とそのまま閉め切ったというのが実際のところと思われます。
そんな風に、何でこういう風になったのかな、なんて推理して楽しめるのが、
トマソンの面白いところでしょう。
2011/06/01(水) 08:40:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私の生まれ育った街、福岡の近くに柳川という町があります。そこは水路が編み目のようにはっていて、家の勝手口からその水路で洗濯などができるようになっています。丁度ボゴールにあるような感じですね。
2011/06/01(水) 10:15:17 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
そうそうfe3さん、水路の行き渡った街にはそんな風情がありますね。
京都でも疎水や白川、鴨川の分流の水路が結構あちこち巡っていて、
舟入という駐船場?があちこちにありまして、水運以外にも多目的に使われていました。
今でもところどころに名残が残っています。琵琶湖周辺にも多いです。
そういえば、ボゴールにもその匂いがありましたね。
ここは今では水深が普段ですと10cmほどです。
2011/06/01(水) 10:30:56 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
おおっ、トマソンだ。
うちの近所は新しい住宅街なので、そういう無駄なところが無くてさびしい限りです・・・
2011/06/01(水) 18:00:14 | URL | おとにゃん #WOq6nlhY[ 編集]
おとにゃんさん、古い町を歩きますと何かしらトマソン風のものを見つけますね。
さすがにここまで完璧なものは滅多にありませんが、思わずニヤリは結構あります。
年月とともに元々は立派な用途があっただろうけど、いつの間にか用なしで置き去りに・・・・
中には端っからトマソン狙いとしか思えないものもありますけどね・笑
2011/06/01(水) 18:15:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.