一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201909 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201911
藤公園の鯉幟
大町藤公園を訪れた時には既にこどもの日から10日ほど過ぎていましたが、
藤棚から斜面を登ったところの貯水池堤防の上にはまだ鯉のぼりが泳いでいました。

藤公園の鯉幟#1

それではその鯉のぼりの所まで行ってみましょうか。
この結構な坂道をよっこらせと上って行きます。

藤公園の鯉幟#2

堤防の所までやってきましたよ。
山間の涼しい気候でしたが、日差しがあるのでうっすらと汗ばんでしまいました。

藤公園の鯉幟#3

さて、堤防の上から間近に鯉のぼりを見上げてみましょう。
いやはや、やっぱり傍で見るとデカいですねぇ。
眩しい日差しはそろそろ夏を感じさせるものでした。

藤公園の鯉幟#4

ところで、気になるこのこの鯉のぼり、一体いつまで泳がせておくのでしょう。
係の人に聞きますと、GW前に泳がせ、5月中はずっとかけておく、とのことでした。

さて、この藤公園はそろそろこれくらいにし、もう一ヵ所立派な藤があるという所に向かうことにします。


SONY NEX-3 / E16mm F2.8
PENTAX MZ-S / smc PENTAX-FAJ 18-35mm F4-5.6 AL / NEOPAN SS ND-76 1:1 23℃ 7分


関連記事

テーマ:季節の風物 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ずら~と提げられた鯉幟をこちらでも良く見かけます!
集められた物なのでしょうが、何処から?
といつも思います・笑
2011/06/23(木) 20:26:06 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、最近は流行のように全国あちこちで見ますが、
目を引くということに加え、もてあましている鯉のぼりのリサイクル活用とも言われています。
個人宅で泳がせられなくなって仕舞い込んだままのを再利用ということのようです。
イベントやるから不要の鯉のぼりをって募集かけると、ドカッと集まるそうです・笑
2011/06/23(木) 21:11:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
うちも鯉幟は最初の一年だけで、あとは押入れ、もしくは紛失しましたw。

四枚目、清々しくて大胆でとてもいいです!!!
2011/06/23(木) 23:21:35 | URL | みのる太 #3/VKSDZ2[ 編集]
最後のカットが良いですね。なんか清清しいです。
鯉幟にはこういう広い場所が似合いますね。
2011/06/24(金) 01:21:45 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
みのる太さん、鯉のぼりって結構段取りも手間なんで、最初はやったんだけど・・・・
そんなご家庭も多いようですね・笑  こうやって死蔵されてるのが多いから、一声かけると結構集まるらしい。
4枚目みたいなシーンは、1ヶ月前なら『あ~、気持ちいい!』と思いっきり背伸びして見られますが、
直近の今時分ですと、『あぢぃ~~~~』って感じで、できるなら避けたくなりますな・爆
2011/06/24(金) 08:31:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、5月にはこういう風景が清々しくて気持ちよかったのですが、
このところのベトベトと蒸し暑い日々ですと、もうええわ、うんざりという感じです。
鯉のぼりは、チマチマと軒を連ねる住宅街よりはこういう広い空に泳がせてこそ、ですね。
2011/06/24(金) 08:35:49 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
我家にも東レの太郎鯉が残っています。定山渓温泉に寄付しようと思いつつ物置に・・・・・。
こっちは藤が咲いてるのですがユックリ写真出来る時間が取れません。(涙)
車窓から見えるニセアカシアも満開なんだけど。
2011/06/24(金) 11:47:59 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、せっかくの鯉のぼり、ぜひ有効活用で泳がせてやってくださいな。
そちらのフジは今が盛りですか。こっちからほぼ一ヶ月遅れの感じですね。
ニセアカシアって白く小さな花が房状に咲くやつでしたかね。湯がいて和え物にするやつ。
これも見てみたい気がするなぁ。ぜひレポートお願いします。
2011/06/24(金) 11:56:14 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.