一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
散歩道
 
散歩道#1



CONTAX T2 / Sonnar 38mm F2.8 T* / KODAK 125PX  ND-76 1:1 21℃ 8分


関連記事

テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
うーん、なにかに守られてるような、安心感のある陽射し。

なんだかぼんやり歩いてみたくなりました!
2011/10/16(日) 21:04:29 | URL | みのる太 #CjlWd7YA[ 編集]
ここをせかせか歩くのは野暮ですね。写真のためと言うより、
気分でゆったり歩くところと言う感じです。まさに遊歩道ですね。
2011/10/16(日) 21:14:32 | URL | kan+on+the+job #mQop/nM.[ 編集]
みのる太さん、何となく安堵感を感じるのは、この遊歩道が川筋に忠実だから、
自然体で無理してないのでストレスを感じないからでしょうね。
この左側の石垣の所が土塁になっていて、昔は茨木城の城郭の一部になっていました。
2011/10/16(日) 21:54:45 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、ここは自然河川の川筋をそのままに底上げして遊歩道にしたところなので、
撮影のために鵜の目鷹の目で歩くより、のんびり散策しながら目に付いたものをスナップしてゆく、
そういう余裕を持って回りたいところですね。私もこの日は20枚撮り1本で終了でした・笑
2011/10/16(日) 21:59:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
写真を見ながら緑地公園のことを思い出し、昨晩、妻と服部緑地公園の話をしました。
実は大阪で夫婦生活を始めたのが交野だったのですが、買い物は枚方だし、ちょっと大阪に対するイメージがあまり良くなかったのです。
しかし、豊中に引っ越してからそのイメージが一変、特にこの緑地公園がお気に入りでした。
日本に帰るなら、また緑地公園にアクセスの近いところに住みたいなって思っています。  でも、高いしなぁ。
2011/10/17(月) 08:44:58 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、実は淀川の北と南では元々の国が違っていましたので、文化も風土もかなり違うんです。
緑地公園のあたり、私んとこや、この茨木もそうですが『摂津』国、交野、枚方は『河内』国、
大和川を越えて更に南になると『和泉』国、同じ大阪でも地元民なら分かる違いがあります。
言ったら揉めるので言いませんが・笑、緑地公園、桃山台は大阪で一番賃料の高いところ、
大阪の良さを残しながら、大阪らしからぬハイソな雰囲気で評価が高いですね。
2011/10/17(月) 09:49:07 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
そうか地面はつながってますが昔の国名が出てくると何となく理解できますね。
関西とか大阪とか一括りになりませんね。
2011/10/17(月) 16:01:19 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、そうなんですよ。この辺りは早くから拓けていたので群雄割拠、
私んとこなんかは『摂津』国ですが、すぐそこに『山城』国があるし、言葉も違うし。
ずっと住んでれば、今でも違いは感じるのですが、余所の人なら一括りでしょうね。
まぁ分かれと言っても無理なので、これは仕方ないことですけど。
2011/10/17(月) 16:57:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
のんびり散歩したくなる雰囲気のところですね。

最近、そういう気持ちから遠ざかっていましたので、今度の休みにでも近くを歩いてみたくなります。
2011/10/19(水) 00:29:10 | URL | kina #USanPCEI[ 編集]
kinaさん、たまには非日常的にぼんやりと散策してみるのもいいもんですよ。
日頃の細々した憂さでイロイロ拘るのが何かばかばかしく感じたりします。
散策っても、もう北海道では寒すぎるかな・笑  小春日和の日に、是非どうぞ。
2011/10/19(水) 08:37:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.