一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
六波羅蜜寺
建仁寺から少し南に下がりますと六波羅蜜寺があります。
歴史物語にも出てくる比較的有名なお寺ですので、名前くらいはご存知の方も多いと思います。
有名な割にはかなり小規模なお寺で、地元では「ろくはらさん」と親しまれている敷居の低いところです。

六波羅蜜寺#1

敷地全体でも2000坪くらいでしょうかね、小学校くらいの規模です。
創建は平安時代中期、950年頃ですが、
平安期末にはこの付近に六波羅殿と呼ばれた平清盛ら平家一門の屋敷が営まれ、
急激に都での存在感を高めたと言われています。
平家、皇室とも縁が深く、平清盛公の塚があったり平清盛像が安置されたりしています。

六波羅蜜寺#2

六波羅蜜寺#3

また、ここは七福神の弁財天も祀られていまして、京の七福神巡拝所の一つでもあります。

六波羅蜜寺#4

元々が十一面観音を本尊とする道場に由来しますので、観音立像が山門傍にあります。
現在は真言宗寺院として、西国三十三箇所第17番札所になっています。

六波羅蜜寺#5

観音像の横に転法輪を見つけました。
これを見るのは久しぶりでしたので、ついつい回してしまいました・笑

六波羅蜜寺#6

重文の本堂は、小柄ながら実に立派で荘厳な造りで、傍にいるだけで落ち着きます。
観光客はあまり来ませんが、地元の方や札所巡りの方々が入れ替わり訪れており、
灯明や線香の火が絶えることはありません。

六波羅蜜寺#8

六波羅蜜寺#9


寺名は仏教の教義「六波羅蜜」という語に由来すようですが、
この地域を古来「六原」と称したことに由来するという説もあるようです。
このあたりには六原を冠した地名や商店屋号もよく見られます。

回りの景観はすっかり現代の都市風景になっていますが、
この地に来ると、ついつい平家全盛の頃の平安京のその地にいるような錯覚に囚われてしまいます。


FUJIFILM FinePix S5 Pro
          / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)
          / Tokina AT-X124 PRO DX 12-24mm F4


関連記事

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
清盛と言えば六波羅探題ですから合ってますね。
そんな役割を歴史ではしてますが、音戸の瀬戸を開削したり優秀な人材だったと思っております。
福原へ遷都を意図しなけりゃ、また違った歴史になったのかなぁ?
歴史にifはないんだけど。
2011/12/17(土) 20:42:10 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、清盛と言わず、平家一門はこのあたりを地盤にしていたようですね。
多分地名の六原と仏教の六波羅をかけて、六波羅を採ったのでしょうね。
福原遷都は、台頭してきた源氏に対向するために、宋貿易を通じて財政をより強化して、
平家の治世を絶対的なものにしたかったのでしょうが、志は間に合わなかったですね。
2011/12/17(土) 21:32:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
口からちっちゃな仏像がつながってでている木像があるお寺さんですよね。
現物は見たことがないので、写真にイタズラ書きがしてあるんだと思っていました・・滝汗
2011/12/17(土) 23:55:04 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
京都・六波羅は歴史に何度も登場する地名ですね。
由緒も姿もなかなか良いお寺です。
2011/12/18(日) 00:31:53 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
亜哉さん、重文の空也上人像ですね。念仏を唱えたら口から6体の阿弥陀が・・・・
ちょっと間違えるとアブナイモニュメントになってしまいそうですが、ぎりぎりセーフ。
よくよく確かめると、本堂から仏像から、この狭いところに重文のオンパレードです。
2011/12/18(日) 11:05:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、何と言っても六波羅は栄華を極めた平家の牙城ですからね。
このあたりは時代が下がるに従い、現在でも京都の下町というのが面白いです。
寺も由緒をことさら権威づけるでなく、つましく広く開放されているのに好感が持てます。
2011/12/18(日) 11:09:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
六波羅という名前にはそういう意味があったとは知りませんでした。
ここに来るといろいろ勉強になります。

ところでFinepix、いい色ですね。
2011/12/18(日) 11:54:04 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、京都の地名には一風変わったものが多いのですが、古代和語や渡来語由来、
そんな歴史を辿るのも興味深くて面白いですね。何十年とつきあってますが、今になって初めて、
なんて地名にも良く出くわしますので、一体どこまで奥深いんだと感じてしまいます。
S5Proは伝説のハニカムCCD受光素子の最終モデル、その銀塩チックな描写に惚れ込んでおります。
この伝統技術は後継のEXR CMOSに受け継がれていますので、機会あれば試してみてください。
2011/12/18(日) 13:41:22 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
2000坪ッ!それは、凄いですね~~
京都は、日本のお宝の街ですもんね!
2011/12/18(日) 18:19:40 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、京都市内の町の真ん中でも大手?寺院は5千~1万坪はありますから、
この六波羅蜜寺はとてもこじんまりしているように感じます。右を向いても左を向いてもお寺か神社・笑
これだけ古刹が揃ってしまうと、観光をメインに置かないと仕方ないですよねぇ。
2011/12/18(日) 18:56:38 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.