一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
白川
今度は花見小路をてってこ北に上がり、四条通を越えて祗園北地区に進みます。
ここは白川、以前batoやんやforeちゃん、亜哉さんがいらしたときにニセ舞妓を求めて行った所です。
この日もニセ舞妓が出没しておりましたが、それは無視、季節外れで人の少ない白川を静かに楽しみました。


白川#1

白川#2

白川#3

白川#4

白川#5

白川#6


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


関連記事

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
料理旅館というくくりをはじめて見ました。
料理にもそうとうな力を入れているって事でしょうね。
ただの旅館じゃね~ぞ的な・・・

それじゃうちも変態餃子屋なんて・・
ただの餃子屋じゃないぞって・・・逆効果か!(笑
2011/12/25(日) 20:46:32 | URL | doru #-[ 編集]
doruさんの変態餃子屋にはわらいましたけど、ココは静かで良い所です。
ニセ舞妓はんは絵先生に任せましょう。
ラストのニャンコの目線の先に総長がいるのかにゃ?いらっしゃいませ!と訴えてますよ!!
2011/12/25(日) 21:46:33 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
doruさん、料理旅館と普通に言う旅館とどう違うのかと言われると困りますが、
ここならではという料理を提供できて、その延長線上でお泊まりもできますよ、というところかな。
あくまでも軸足は料理の提供だけど、宿泊のおもてなしもちゃんとできてますという感じでしょうかね。
料理だけでも客が呼べるという自負の表明だと思っていただければいいと思います。
ヘンタイ餃子屋はちょっと、、、、、苦笑
2011/12/25(日) 21:55:24 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
foresterさん、ニセ舞妓はんはやりたい人が勝手にやってて感じですが、
この場は時折散策する人と出会うくらいの静かな感じが似合いますね。ニャンコものんびりしてるし。
こ奴は飼い猫でしょうね。人懐っこくて、おどおどしたところもなく、どっしりと構えておりました。
2011/12/25(日) 22:00:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
静かな京都はいいですねぇ。
むかしは、ぷらっと訪れてぷらっと帰ったりしてたのですが、今思えば最高の贅沢だったかもわかりません。

2011/12/25(日) 22:38:15 | URL | みのる太 #-[ 編集]
みのる太さん、お祭りや月の市なんかで賑やかなのもいいですが、
ぶらっと散歩するときには静かな京都が私も好きです。
いつでもその気になったらその気分に浸ることのできる私は、
スゴイ贅沢をさせてもらってるのかも知れませんね・笑
2011/12/25(日) 22:55:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
この辺りの様子はいかにも京都という気がします。
涼やかに 変わらぬ姿 年の暮れ、ですね。
2011/12/25(日) 23:50:19 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、このあたりの景色は何十年か前には普通に見られた光景です。
なので、子供の頃に普段見ていた景色が蘇ってきてしまうんです。
子供は人混みに恐怖感を感じますので、静かなのが落ち着く気分も、
その時の追体験ができて、ホッとするのかなと思います。
2011/12/26(月) 10:19:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
良い感じですね!やはり、この辺りは・・
生の招きニャンコも決まりました!笑
2011/12/26(月) 18:01:55 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、この辺はさくらのシーズンには芋の子を洗う状態になり、
いくら何でも敬遠しますが、それ以外だと案外人通りが少なくて、のんびりできますよ。
ニャンコも育ちがいいのか人懐こいので、時間つぶしに遊べます・笑
2011/12/26(月) 18:35:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.