一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
鉄人28号
新年一発目の記事は、景気づけに鉄人28号といきましょうか・笑

鉄人28号#1

鉄人28号は、私が小学生になった頃に月刊漫画雑誌『少年』に連載され、
毎月『少年』の発売日を心待ちにして読みふけった漫画の主人公です。
作者の横山光輝が神戸出身というのは後に知ったのですが、
神戸の縁続きということで、
阪神大震災後の復興・商店街活性化活動の『KOBE鉄人PROJECT(神戸鉄人プロジェクト)』の事業で
2009年に新長田駅近くの若松公園内に高さ15.6m(身長18m)の実物大モニュメント像が作られました。
架空の存在なのに実物大とは不可思議ですが、作者の外観寸法図が残っていたので、それを原寸としたそうです。

鉄人28号#2

下にいる人との比較で、その巨大さが分かっていただけるでしょう。
特に触るなとかいった規制はなく、柵もありませんので、触って鋼鉄の質感が確かめられます。
トントン触るといっても、そのデカさで、せいぜい靴?までしか届きませんけどね・笑

下から見上げると、この迫力であります。

鉄人28号#3

ちなみに、頭の天辺から爪先まですべて鋼鉄でできていまして、総重量は50トンを超えるそうです。
原作に従って忠実に再現されていますので、背中のジェットエンジンもちゃんと背負っています。
これが金田正太郎少年の使っていたリモコンで動いてくれたら、言うことないんですけどね。

鉄人28号#4

実は、公園横の大丸百貨店2階に誰でも登れる展望ベランダがありまして、
そこから眺めますと、横から見ることができますので、見上げて首が痛くなることはありません。

鉄人28号#5

子供時代に『鉄腕アトム』と『鉄人28号』を毎月ライブで読んでいた世代としては、
こういうリアルなモニュメントを見ると懐かしく、無条件で嬉しいのであります。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6 D DC


関連記事

テーマ:神戸の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
私はアニメ版の「鉄人28号」の第一世代なんですが、MADAM師範代は「アストロボーイ」と併せてフィルム実写版の世代なんでしょうなぁ。
あの滑稽さは何とも言えませんが、当時の2流スタッフが少ない予算と納期と能力の中で必死にもがいて作った熱意だけは感じられますね。

http://www.youtube.com/watch?v=bJX6u7bz2r8
2012/01/02(月) 20:57:47 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
HARIKYUさんと私とは、ほんの数年の違いだと思うのですが、
幼少時の5年、10年の違いってのは決定的な経験のギャップになりますね。
私は原作を毎月ワクワクしながら漫画雑誌『少年』で読んでいましたので、
後に実写版の鉄人28号とか鉄腕アトムを動く画面で見たとき、何とチンケで情けない、
子供心にもそう感じて、どうしても熱中できず、殆ど見ることはありませんでした。
漫画の静止画からはあれだけ想像が膨らんだのに、実写版の画面からは全く膨らまず、
心の底からがっかりしたのを思い出します。
2012/01/02(月) 22:24:18 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
MADAMさんは、このあたりをマンガ雑誌でライブで読んでいたのですね。うーん、感慨深いです。
私のマンガ雑誌デビューは、チャンピオンのトイレット博士です。七年殺し! がどうして面白かったのか今では理解できませんが(笑)。
2012/01/03(火) 01:08:14 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、二次元平面モノクロの月刊誌の誌面は、その外に奥に無限の空間を作ってくれました。
本が届く発売日を心待ちにし、一気に読み進んで自分の想像を膨らませ、夢中になりましたね。
当時はTVもなく、お婆ちゃんが毎日楽しみにしていたラジオドラマの『一丁目一番地』を一緒に聞き、
新聞の4コマ漫画のサザエさんを見るくらいが日常の娯楽でしたから、雑誌の漫画は凄く印象深いです。
チャンピオンとかキングとかいった雑誌は、私が子供雑誌から卒業した後の次世代になります。
あの頃の心躍る興奮は、もう味わえないでしょうね。
2012/01/03(火) 12:05:17 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
良い!良い~~!ガッツリ!良い!今年は、
コレで行きましょう!何か嬉しい・笑
2012/01/03(火) 21:21:38 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、これがある公園の空気感が分かって貰えましたか?
このあたりはかつての震災の時に大火災になり、犠牲者がとてもたくさん出てしまったんです。
復興で区画割も景色も完全に変わり、来た人に『きれいになったね』と言われるまでになりましたが、
何となく白々しいというか落ち着きが悪いというか・・・・・・でも、この出現で一変しました。
何となく昔に比べて人通りの減っていた商店街や駅前が賑やかになって来ました。
当初のブームが過ぎてからも人が何となく来るようになりました。
何のかのと存在効果に理屈をつける人もいますが、これを見たらすっきりして楽しくなる、
それだけでいいんじゃないですかね。理屈抜きってのがいいと思うんですよ。
2012/01/03(火) 22:49:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
鉄人28号、私たちの憧れでしたね。これは一度直接
見たいなと思います。近い将来の楽しみということで。

今年もよろしくお願いします。
2012/01/03(火) 22:58:21 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさんは私と同世代ですから、鉄人28号のリアル感は共有できると思います。
現物は鋼鉄製ですので、その存在感はまさにホンモノ、見たら感動してしまいますよ。
是非見に来てください。といっても、これだけだと時間を持て余すかもしれませんが・笑
2012/01/03(火) 23:10:08 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
小学校の油ネンドを使っての「図工」の時間
鉄人28号を作ったのが10人くらいいましたね。
やっぱりヒーローでした。その次のヒーローは、少年ジェッターの流星号、
ウルトラQの怪獣モノはその次・・爆
 10年過ぎれば、浸水地域にも鉄人が現れてくれないかなぁ・・
2012/01/04(水) 00:23:18 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、私の時代には漫画本や貸本屋に熱を上げるのは不良の始まり、
そんな雰囲気のある田舎だったので、学校ではそんな話題が出てきませんでしたねぇ。
また、大阪では始まっていたTV放送も岩手では未開局、TVの話題もご法度で、
ヒーローものなんかの話ができるようになったのは、TV放送が始まった小学4年の頃でした。
この地でも10年だとまだ生々しい感があって、15年の区切りで、という感じでしたね。
2012/01/04(水) 09:09:20 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.