一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
孫文記念館
 
孫文記念館#1


舞子公園の一角に孫文記念館があり、公開されています。

舞子の浜は古くから白砂青松の景勝地として名高く、歌にも詠まれています。
ここを通る西国街道沿いには茶屋が並び、一服しながら景色を愛でる人々で賑わっていたそうです。
明治になると有栖川宮別邸を始め、和洋様々な別荘が建てられ、一大リゾート地となりました。

その中に中国人呉錦堂の別荘「松海別荘」があり、後年「移情閣」という迎賓館を建て増ししました。
窓から六甲山系、瀬戸内海、淡路島、四国と「移り変わる風情」を楽しめることから名づけられたそうです。
地元の人からは、楼閣の外観が六角形にも見えることから「舞子の六角堂」と親しまれています。
(本当は八角形の八角堂です)

この移情閣が竣工する直前の1913年に孫文が神戸を訪れたときに、
孫文を支援していた神戸の政財界関係者が松海別荘で歓迎の昼食会を開いた、というご縁があります。

1915年竣工の三階建て移情閣は、現存する日本最古のコンクリートブロック作り建造物であること、
関西、特に神戸と縁の深い孫文を顕彰すること、という意味を込め、1984年に「孫中山記念館」として公開されました。
舞子公園整備の関係で老朽化した松海別荘を解体し、移情閣だけを残すことになり、
1994年に解体を始め、2000年に海岸から少し離した場所へ移情閣の移築が完了しました。
阪神淡路大震災の時には、ちょうど解体したところで保管されていたため、無傷で残せました。
現在地に移築後は名称を「孫文記念館」と改めて一般に公開されています。


FUJIFILM FinePix S5 Pro / TAMRON AF 18-200mm F3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (A14)


関連記事

テーマ:歴史的建造物 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
MADAMさん、色々な事情でブログを閉鎖しました。
今まで、ご愛顧ありがとうございました。
また、気が向いたら始めますね。
2012/02/10(金) 16:38:10 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
相当、手が入り込んだ造りですね~~
昔は、納期なんてどうだったのだろうか?
と思っちゃいました・笑
2012/02/10(金) 19:40:27 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
サムスルさん、あのブログが見られなくなるのはとても残念です。
また写真をため込んで、発表できるようになったら再開してくださいね。
楽しみに待っています。
2012/02/10(金) 20:12:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
nonakaさん、戦前のお金持ちの家ってのは手がかかってますね。
まるで職人技の塊みたいですね。納期は、、、どうなんでしょうねぇ・・・・
多分目標は設定してると思うけど、当時のことだから、成り行きってことだったんじゃないかしら・笑
2012/02/10(金) 20:23:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.