一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
あじき路地
週末の土曜日、いいお天気でしたので、買い物ついでに京都のあじき路地に行ってきました。
あじき路地は、大正時代に建てられた築約100年ほどの町家長屋です。
場所は東山区、五条通から松原通の方に大国町通を上がった中間点付近、
大和大路通の一筋西の通りと柿町通の交差点を少し上がったところです。
長年空家だった長屋を大家さんが「ものづくりなどで頑張っている若者に使ってもらいたい」と、
8年ほど前から入居者を募集しました。大阪の空堀のような経緯で町おこしという感じです。

あじき路地の入口はこんな感じです。

あじき路地#1

表通りに面している建物は今風に建て替わっていますが、
この1軒を通り過ぎると古い町家の長屋が連なっています。
南側は昔ながらの鰻の寝床、京町屋ですが、北側は比較的間口のある長屋でした。
京都の路地(ろうじ)は行き止まりの袋小路ですので、
昔はこのように路地ごとに門があり、路地は住人たちの共用の庭のように使われました。

門には住人の表札がかかっていますね。
この路地には十数軒の長屋があるのですが、
ほぼ無人のゴーストタウン状態からここまできたというところでしょうか。

あじき路地#2

表通りに面した1軒を通り過ぎますと、こんな感じで長屋が並んでいます。

あじき路地#3

路地に入ってすぐの所には、このような共同の水場が残っていました。
今では各戸に水道が通っているようですが、
昔はここで炊事の支度や洗濯をし、文字通りの井戸端会議に花が咲いたのでしょう。

あじき路地#4

共同水場からさらに進みますと、路地の両側に昔ながらの長屋が並んでいます。

あじき路地#5

路地の一番奥まで進んで振り返りますと、この路地の奥行きは50mほどでしょうかね。
何軒かには屋号の看板がかけられ、明かりもついて人の気配もありました。

あじき路地#6


なにやら以前daddyさんにご案内いただいた本郷の景色を思い出すような雰囲気でありました。


FUJIFILM GA645zi / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 55-90mm F4.5-6.9 / Agfa APX400 ND-76 1:1 23℃ 8分


関連記事

テーマ:古い町並み - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ホントによく似てますね!
写真をスクロールしながらビックリしてました。
ただ、洗濯物などがタナビイていないところがやっぱり古都の一角ですね。(笑)
2012/02/13(月) 20:33:11 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]

東京でもこんな路地はところどころに散見できますね。
私も曳舟地区をはじめ何ヶ所か回ってみましたが、共通して言えることはどこも日照と排水状態が悪く、昔は伝染病でも流行ったら一発でやられちゃったろうなあ、と思える場所が多かったです。
2012/02/13(月) 20:54:49 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
> 洗濯物などがタナビイていないところが・・・
さすがdaddyさん、ちゃんと目の付け所が分かってらっしゃる・笑
ここは10年ほど前には無住の土地で、何やらパワースポットに来たみたいに不気味なところ、
上に書いたように現在の住人は生活の場というよりもミュージアムでの商売的な感じですので、
生活感というのは乏しく感じました。
見た目はホンゴを思い起こしますが、その空気感が決定的に違ってましたよ。
2012/02/13(月) 21:44:50 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
HARIKYUさん、このあたりは昭和40年頃まではこれくらいの長屋ばかり、
だからそこそこ日は当たりましたよ。まぁ夏でも日に数時間ってとこですけど。
近年では南側に3階建てのミニビルが建ったりして、日当たりという面では厳しくなってますね。
雨が降ったりすると足元が悪くなるので、通路に石畳を敷き詰めてるところが多いです。
夏はその通路に打ち水すれば、意外と涼しい風が通ったりして、いいもんですよ・笑
2012/02/13(月) 21:56:08 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
トップページのお写真もグッときます(号泣)!!


ああ!!マジで昔みたに淡路島でぼんやりしたい!!!

2012/02/13(月) 22:33:27 | URL | みのる太 #-[ 編集]
京都をご案内頂いたときにも、このような面影のある町並みを拝見させて頂きました。
長きに培った色々な生活の知恵が、詰め込んであるんでしょうね。
2012/02/13(月) 22:33:41 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
みのる太さん、舞子公園のSCテラスからの明石海峡大橋は見栄えがいいですね。
フェリーがあった頃はのんびりと、そして手軽に淡路島に渡れたんですが、車だと、
この橋しか道がなくなったので、高速に乗ってぐるっと北神戸を回らないと行けません。
海を渡って淡路島に行くのに、何で山ん中に入って行かんとイカンのかなぁ、なんて。
2012/02/13(月) 22:42:47 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
サムスルさん、京都に限らず、大阪でも結構この類の路地長屋は残ってますよ。
子供の頃伯母(父の姉)が住んでいた借家もこんな狭い路地を入った先の長屋でした。
遊びに行くと周りは皆家族みたいなもの、近所の家を渡り歩いて遊ばせてもらいましたね・笑
こういうところでは、ずっと住んでいないとなかなかその落ち着きどころが分からんと思います。
2012/02/13(月) 22:47:52 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なんやら雰囲気もここに至る経過もよろしいですね。
こういう町興しは歓迎します。
2012/02/14(火) 02:09:55 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、なかなかいい感じの雰囲気で、古き良き路地裏という空気が漂っていましたよ。
ただ、どうも生活感に乏しく、生活の場として使いこまれたきれいさという感じよりも、
ミュージアムとして手入れされたきれいさで、生活に伴う猥雑感が感じられなかったんですよね。
まだ町おこしの途中、見た目はレトロですが、熟成前の若さを感じました。
陶器でいえば、古有田焼のようではあるけれど、新物の復刻有田という感じかな・笑
2012/02/14(火) 08:42:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なるほど、あの思わせぶりな格子戸はここの写真だったのですね。
こういう所に住んでみるのもよさそうです。
もう一度学生やるんだったら、こういう所を探します。

ところで、白黒でトーンをゆっくり出そうとしたら、温度を下げて現像時間を長くした方がいいのですか? それともその逆?
ちょっと自分の現像がコントラストが強く仕上がってしまう気がするのです。
2012/02/14(火) 10:00:40 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、そうですよ・笑、空家の玄関ノブに「閉栓」札が目についたので撮りました。
こういうところは、いざ住んでみると結構不便ですよ。水屋の流しは小さくて低いし、
天井が低いからいつも圧迫感あるし、隙間風が大手を振って通るし、ついでに音も筒抜け・・・・
まぁ、学生やプータローなら分相応で”ガマンシロ”と納得できそうですが。

モノクロ現像・・・・何しろ百人寄れば百通りの技法があると言われるくらいですからねぇ。
実は、そのあたりは諸説があっての定説のようですが、人によって(もちろん私も)異論があります。
一般的にコントラストが高くなるのはネガの濃度が高い時に起こりやすい現象です。
一言でいえば現像オーバーです。基準より露出がオーバー、基準より現像温度が高い、基準より現像時間が長い、
或いは撹拌の間隔、回数、速度、液量の違いなどが基準より大きい、それらの要素の一つ、或いは複数の影響で
「濃いネガ」になるとコントラストが高くなることが多いです。
しかし、フィルムによっては、乳剤の性質なのか、薄ネガの方がコントラスト高く見えることもあり、
一意的に決めつけられません。使ってみて、銘柄ごとに自分の尺度を作らんといけませんね。
ちなみに、パッケージに書いてある標準現像時間は、私の感覚ではチョイ濃いネガ傾向になる気がします。
なお、液温に関しては、基準(20℃?)の+-5℃程度なら、時間に影響を与えるだけ、
コントラストには関係ないと個人的に感じています。

私が希釈現像をするのは、
・コントラスト、というより画像のエッジをきちんと出したい
 希釈するとエッジが出やすい
 四つ切以上の大判サイズにプリントすると、観賞距離でメリハリがつく
・温度管理がしやすい
 湯、水、氷で目標液温が自由に作れる
・現像時間が稼げる・・・・液の投入・排出でオーバーランしやすく、それを避けたいから
 大体皆さんは実質的に申告の30秒~1分増しの時間で処理してる方が多いと感じます
 希釈だと時間をかけて現像するので、基準時間との誤差を少なくできる
このような要素を勘案して採用している次第です。
エッジを出している分薄ネガでも芯が残りますので、現像時間は基準の30秒~1分少なめ、
これを目標にエッジが残った薄ネガを作るようにしています。
こうすると、腰がちゃんと残って諧調の整ったトーンが得られます。
ただし、これはあくまでも私の主観による好みです。
2012/02/14(火) 10:49:56 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.