一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
赤穂の裏通り
暫くぶりで赤穂に行ったときにチョイと裏通りを歩いてきました。
この日はどんよりとした曇り日、今にも降りそうな陰鬱な天気で、
タダでさえ雰囲気の暗い裏通りがことに寂しげに見えました。

さてこの雰囲気を出すにはどうするか、、、
フィルムは予備で持って行ったFOMAPAN 400を使いました。
現像は・・・SCRさんもらったPC-TEAの残りがあったのでそれを使いましょうかね。

こちら、タバコから乾物、野菜、和風スナックフーヅまで手広く商っているお店のようですが、
なかなかお客がつかないのでしょうねぇ、食堂部門のうどん・そばは止めてしまったようです。
(1) 赤穂の裏通り#1

赤穂と言えば塩、塩と言えば専売独占、松の廊下事件、そうなると赤穂浪士の討ち入り、
瀬戸内の塩の大産地赤穂藩は塩田が広がる豊かな藩であったがため妬みを買うことも多く、
それが積もり積もってイジメにあったというのが定説でありますが、
藩主の浅野内匠頭の器の問題もあったやに聞いております。
その赤穂の塩屋、今でも残っておりました。裏通りにひっそりと・・・
(2) 赤穂の裏通り#2

塩屋さんの近くにはこれもひっそりと昔ながらのお米屋さん。
そう言えば、何故か宅急便の取次所って米屋さん、酒屋さんから普及してゆきましたねぇ。
このあたりはまだ都市ガスが行き渡っていないようで、あちこちでプロパンガスボンベを見ました。
ガス業者さんは「ひまわりガス」というらしいです。
(3) 赤穂の裏通り#3


この赤穂の裏通りは24mmレンズの似合う街でもありました。


でも、50mm側も捨てたもんじゃないですよ。
下の写真のように自在に使える便利なズームがついております。

建物は改築されたり造作が変わっていたりしていますが、
裏通りの細い路地には昔ながらの風情がそこここで感じられます。
(4) 赤穂の裏通り#4

こちらには表通りに面した民家がポツンと残っていました。
見たところ今は住まわれていない空家のようですが、荒れてはいないので留守宅にしてるのでしょうか。
どうやら道路拡張に合わせて家の前面を斜めにきっちりと削り取ったようですねぇ。
元々の造りに合わせて同じ造作にしたところがエライと思います。
(5) 赤穂の裏通り#5


FUJIFILM Silvi F2.8 / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 24-50mm F2.8-5.6
          FOMAPAN Action 400 / PC-TEA 1:40 20.5℃ 7.5分


赤穂の裏通り#6

これが今回の撮影で使ったセットです。

そう言えば、、、もうすぐゾロ目キリ番”111111”になりますねぇ。
前回のキリ番”99999”の景品では故障品が混じってたようで、ご迷惑をおかけしてしまいました。
今回は私が使って間違いないカメラを景品におつけして、罪滅ぼしとさせていただきます。

ということで、今回のキリ番景品はこのSilvi F2.8を差し上げることにします。

私が信頼してスーパーサブとして実用している現物ですのでノープロブレム、
そのカラー再現、露出精度、シャープネスは最近のコンパクトカメラ群ではピカイチでありますよ。
Silvi F2.8 作例
24-50mmと私の常用焦点距離域をカバーし、しかも24mm側ではF2.8と明るく、使い勝手は抜群です。
左シャッターボタンとか自分撮りミラーとか遊び心もたっぷりです。私は使ってませんけど・・・ (^^ゞ

今のペースですと、後1週間から10日くらいでキリ番になると思われます。
是非キリ番踏んでこのカメラをゲットしてくださいませ。


関連記事

テーマ:兵庫・神戸の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
裏通りのお店には、昔ながらの安心感がありますが、商売になっているのかな?と言う感じもありますね。
何でも一まとめになった大型店におされがちなのでしょうが、残って欲しいです。
2007/10/27(土) 19:12:07 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
1枚目のお店・・最後は、タバコの自販機だけになっちゃうのかなぁ~。塩屋さんのガラス戸いいですねぇ、きっちり磨き込まれているようで気持ちいいですね。
2007/10/27(土) 19:26:47 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
nonakaさん、なかなか商売には厳しいようですねぇ。
ここ赤穂はお祭以外のときには観光客も少ないので、いつも寂しい街ですよ。
企業経営レベルの意識で臨むと事業継続は難しいと思います。
裏通りには焼アナゴやさんもあったんですが、まだお店を開けてませんでした。

亜哉さん、このよろず屋さん、なかなか大きいお店ですが、流行ってそうにないですね。
ベンダー提供に自販機はここでは置いてもらえんかな。置くなら自前の自販機ですね。
塩屋さんも米屋さんもあの木枠ガラス引き戸がいいですねぇ。掃除も行き届いて気持ちいいです。
2007/10/27(土) 21:03:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
「塩売りマス」ってのがいいですねぇ。
植田正治氏が使っていたのはTiaraでしたっけ? SilviとかTiaraとか、シリーズ名はいろいろあるようですけど、セグメント分けがよくわかりません。が、フジノンが素晴らしいのは全て共通でしょう。
2007/10/27(土) 21:34:55 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、昭和40年代まででしょうかねぇ、四角に斜線の”マス”はよく見かけました。
手内職のお母さんが飛び込み仕事請けますよぉ、みたいに玄関先から札ぶら下げて。
「ほころび繕いマス」「仕立て直し致しマス」「ミシン掛け致しマス」・・・
フジのジャンル分けではTiaraは全金属高級スライドカバーコンパクト、
Silviは高性能コンパクト、Klasseは高級コンパクトてな意味づけのようですね。
このSilvi F2.8のフジノンズームはワイド端24mmで、しかも画質がいい。
全紙プリントに耐えましたよ。
2007/10/27(土) 21:53:20 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
赤穂ですか~ レア地域を徘徊されましたね~
確かここには美味しい骨董屋があったハズ。爆
塩売りマスの看板がいいですね。板壁倉庫?も美味しい。笑
チンドン屋、ひさびさに拝見しました。やっぱこれ、傑作ですよ。
2007/10/27(土) 23:19:44 | URL | フジッペ #-[ 編集]
フジッペさん、そうそう、あの看板だらけの骨董屋があったとこですよぉ。
今度はカラーで撮ってきたんですけど、天気がねぇ、、、 (・・、)
赤穂も観光に力入れてるんですが、盛り上がりはイマイチ。
でも、おかげで一歩裏道にはいるとロジロジ天国です。 (^^)v
あのちんどんや、よく覚えててくれましたねぇ。ありがとうございます。
Silviは良く写るんですよ。
2007/10/27(土) 23:30:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
これは何かほっとしますね。都会で無いからだ
と思いますが、こういう風情は好きです。何でも
無いといえば無い風景、でも消えてゆく風景。
これが普通でなくなってゆく国は悲しいです。
2007/10/27(土) 23:43:25 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、二昔ほど前なら良く見られた光景なんですけどねぇ、
バブル景気が加速しだしたらあっという間に消えてゆきましたなぁ。
かつての高度成長期でもここまで激しくは消えんかったですね。
あのバブルから失われた10年にかけてとんでもなく国土が荒廃したと思います。
2007/10/28(日) 00:38:06 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こちらも裏通りですか・・・
だんだん裏がなくなっていく今日この頃
いまのうちに撮っておかないとあっという間になくなってしまいますね。

2007/10/28(日) 08:43:40 | URL | doru #-[ 編集]
doruさん、最近は気をつけないと裏通りも開発されて、
「あなただけの隠れ家」なんて堂々と広告する店もありますからねぇ。
隠れ家なら誰にも知らせるなっちゅうに! (>_<)
2007/10/28(日) 17:27:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
お知らせ
FC2のブログ管理ページが混んでいるのかアクセスできません。

本日のアップはできる状態になってからメンテしますので、遅くなると思います。
2007/10/28(日) 19:59:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.