一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
晩秋の京都
 
晩秋の京都#1
 安井金比羅宮   あの縁切り碑がなければしっとりしたいいお宮なのに


晩秋の京都#2
 祗園   こういうお宿に泊まって朝を迎えるのも乙なものか


晩秋の京都#3
 祗園   普通の民家と思いきや「会員制」の小さなシールが・・・・


晩秋の京都#4
 京都駅   京都タワーは改修のため来年の春まで入場できません


CONTAX TVSII / Vario-Sonnar T* 28-56mm F3.5-5.6 / FUJICHROME VELVIA 100 (RVP 100)


関連記事

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
御神灯の提灯に火が入と、
神秘的な感じでしょうね。

 不思議な写り方をしますね。
 何か光を含んだような・・・
 閉じ込めたかな・・・
2012/12/08(土) 21:11:43 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、ここには夜に入ったことがないのですが、いい雰囲気だと思います。
ただ、このすぐそばに先にご紹介した縁切り碑がありますので、ちょいと不気味かも知れません。
移りに雰囲気はベルビアを使ったから過去知れませんね。このフィルムは光を際立たせますから。
それと、京都の晩秋から初冬は空気が乾燥して一番澄んでいる時なので、夏ほど光が強くなく、
冬ほど光が弱くなく、陽光が一番生き生きと見える時かも知れませんね。
2012/12/08(土) 22:41:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
安井金比羅宮って、あの縁切り石の周りの形代でしたっけ、
あっちのほうが気になって本殿になかなか目がいきません・汗
重厚な本殿だったんですね。近くにとっても小さな狛犬さんもいましたね
2012/12/08(土) 23:16:22 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
良いですね、いかにも京都です。ディスカバー
ジャパン、ですね。
2012/12/09(日) 00:26:22 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
京都っていつの季節も絵になるから不思議です。
昔、交野に住んでいた時は、梅田に出るより京都に出る方が好きでした。街の雰囲気がいいのと本屋の品揃えがいいからです。
2012/12/09(日) 08:03:04 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
亜哉さん、そうですよぉ、あの形代べたべたの縁切り碑の北側にひっそりと・笑
磨り減って石の塊にしか見えない小さな狛犬もそばにありましたね。
あの縁切り碑の強烈な印象があるだけに、そばにあるものの印象は薄くなってしまいます。
なかなか由緒あるお宮さんなんですけどねぇ・・・・・・
2012/12/09(日) 09:58:55 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、案内書に従ってうわべだけを巡っても回りきれないくらい名所は多いのですが、
それぞれをじっくり拝見してみると、いろいろ奥深いものも見えてくるのが京都の面白さでしょうかね。
再訪、最再訪される方は、一ッところにじっくりと腰を落ち着けて、味わってみるのも一興かと思います。
2012/12/09(日) 10:03:51 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
fe3さん、京都は同じところでも四季折々その顔が変わりますので、いつでも楽しめるところですが、
私としては、なるべくならば油照りでヘロヘロになる夏場だけは避けたい気分なのでありますよ・苦笑
私んとこも、時間的にも距離的にも、そして気分的にも梅田よりも河原町の方が近いので、
どうしても京都の方に足が向いてしまいます。親戚や友人が多いってのもありますが。
2012/12/09(日) 10:08:22 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
>お宿に泊まって朝を迎えるのも・・・・・
一人じゃねぇ!やっぱり妙齢の(以下自粛)。
2012/12/09(日) 15:00:19 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、アタシの場合、もう独り寝の方が落ち着いてよろしいですわ・笑
2012/12/09(日) 15:55:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.