一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
舞妓?
 
舞妓?#1


祇園界隈には、ebatomさんの大好きなニセ舞妓も、当然おりました。
この子たちは愛想良くて、カメラを見つけると「撮って、撮ってぇ~」
このあと破顔一笑、Vサインをしてくれましたが、撮りませんでした・笑


CONTAX TVSII / Vario-Sonnar T* 28-56mm F3.5-5.6 / FUJICHROME VELVIA 100 (RVP 100)


関連記事

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
リキシャのにぃ〜ちゃん、フル装備のおデブふたりじゃしんどいわ!!!
2012/12/10(月) 19:21:57 | URL | daddy #-[ 編集]
daddyさん、ここはちょいとした坂道になってましてね、にいちゃんも普通に牽いたのでは辛いらしく、
後ろ向きにウンセ、ウンセと足を踏ん張ってゆっくりとやってきました。
この写真を撮った瞬間に舞妓?がキャ~キャ~と騒ぎだし、手を振って「撮ってぇ」なんて言うから、
兄ちゃんが振り返って私に『お知り合い?』と目で聞いたので、『チャウチャウ』と目で答えたら、
苦笑いしながら会釈して、気を取り直して坂道を進んでいきました。
2012/12/10(月) 19:46:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
偽舞妓と聞いて出て参りました。
京都に来た高揚感、あこがれの舞妓になれた満足感、
美味しいもの一杯食べて、羽目を外して遊んで、
非日常に身を任せるのでしょうね。
やっぱ女性の方が時代に適合して進化しますよね。
2012/12/10(月) 20:29:57 | URL | ebatom #zBQub69g[ 編集]
ebatomさん、世の中寒いとか景気が悪いとか言っても、ニセ芸者の勢いは衰えません・笑
この子たちもテンション高かったですよ。車夫が坂道をフウフウ言いながらゆっくり登ってくので、
少々ご機嫌斜めだったみたいですが、私がこの写真を撮った途端にハイテンションスイッチが入って、
笑うやら手を振るやらVサインするやら、、、、とにかく羽目を外したくて京都まで来たんでしょうなぁ。
こういうスイッチが入った時の女性のパワーには圧倒されますね。傍目なんて気にしない!
あっ、このフィルムは以前ebatomさんから「もう使わないからあげる」ってドサッといただいたやつですよん。
折角なので、これを使ってebatomさんの代理で撮影してきましたぁ・爆
2012/12/10(月) 21:49:29 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
これは「夜目遠目傘の内でも無理・笑」ですね。
2012/12/10(月) 23:52:14 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
 いろんな楽しみ方があるのも良いのかも・・
後ろ向きに足を踏ん張って・・・ずっと見続けなくては
ならないお兄ちゃんがんばれ~・・・笑
2012/12/11(火) 00:07:57 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kanさん、このシーンで夜目は無理なので、遠目と傘の内で何とか配慮したつもりなのですが・・・・
2012/12/11(火) 08:33:41 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、ここは京都ならではのお遊び、楽しみ方ということで、風物の一つと・笑
牽き手のにいちゃんはかなり辛そうでした。対面で鑑賞している余裕はなかったんじゃないかしらね。
あと100mほど、東山通りに着くまで頑張れぇ~~。その先にはまだ清水坂が控えておりますが・滝汗
2012/12/11(火) 08:39:02 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
原型が分からないほどこれだけ塗りたくるのに、綺麗な人は綺麗に、そうでない人はそれなりにしかならないのは何故でしょうね?
2012/12/11(火) 11:48:34 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、鋳型を扱った経験からすると、各コンポーネントの配置に微妙なずれがあるんじゃないかと・・・・
各々のパーツに関する補修はできても、その配置バランスはあくまでもその土台次第なんでねぇ。
2012/12/11(火) 12:46:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.