一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
四天王寺庚申堂
超願寺を辞して少し天王寺駅方向に坂を下りますと、今度は四天王寺庚申堂が見えてきます。

四天王寺庚申堂#1

庚申さんと名の付くところは全国各地にありますが、ここは飛鳥時代の創建になるそうです。
四天王寺南門からは300m程もありますが、元々は広大な四天王寺境内の中にあったそうです。
ということは、先の超願寺も境内にあったんですね。昔々の四天王寺の寺域って広かったんですねぇ。

飛鳥時代の末に疫病がはやったとき、天王寺の毫範僧都が人々を助けようと「天」に祈っていたところ、
正月七日の庚申の刻に、年のころ十六歳位の童子(青面金剛童子)が現れ、天の命によって、
除災無病の方便をあたえると告げたので、庚申の日に青面金剛童子に祈れば必ず願いがかなえられる。
青面金剛童子は帝釈天の使者で、仏教系の信仰でもあるが、「天」に祈る、「天の命」と云う事で、
道教系の信仰も入っている。
   と由来にありました。

ということで中に入ってみました。

四天王寺庚申堂#2

結構境内は広く、ガラ~ンと広がっていました。
ここは願い事を持って願をかけるところ、お百度石がぽつんとありました。

四天王寺庚申堂#3

祭神は青面金剛童子や薩田彦神、三猿図などですが、日本ではここが本家本元だったそうです。
ということで、お百度石の頭にも三猿が彫られていました。
お参りのたびに皆さんが撫でるので、すっかり磨り減っておりました。

四天王寺庚申堂#4

お堂や塀の瓦葺きには、立派な鴟尾も乗っかっておりました。

四天王寺庚申堂#5

さて祈願の絵馬には・・・・・
とても切実な事情が書いてありました。身に積まされます。
何やら私がお参りしたような気分になってしまったのですよ。

四天王寺庚申堂#6

ところで、ぶら下がっていたこの絵馬?は、、、、よく分かりません。

四天王寺庚申堂#7

四天王寺周辺にある小さなお寺や神社などは、昔はみんな四天王寺の境内にあった由緒あるものばかりです。
イニシエの信仰は、神も仏も一切拘らず、信仰対象となるものを全て懐深く受け入れていたんですね。
近年の醜い宗教対立を見るにつけ、本来の宗教の原点はこういうココロなんだろうなと感じましたよ。


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS
SONY NEX-C3 / E 16mm F2.8


関連記事

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ここへ来ると旅をした気分になります。
北の大地には古い物が少ないのです。

 多くの人が通り過ぎて行った時間を共有した感じがします。
2012/12/19(水) 21:11:56 | URL | higemajin #-[ 編集]
絵馬に書かれた文言は身につまされますね。

古来の宗教は八百万の神様が沢山!石ころや草木にも魂が宿っています。
仏教も色んな神様がいますもんねぇ。元祖が印度ですからね。
2012/12/19(水) 21:16:38 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]

これは「さるぼぼ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%8B%E3%81%BC%E3%81%BC
の類例の「くくり猿」
http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/kukurizaru.htm
でしょうね。
関西ではあまり見ないのかしら。
2012/12/19(水) 21:33:25 | URL | HARIKYU #gvuRSSHk[ 編集]
higemajinさん、当地は西暦3桁時代に現在に繋がる日本のミヤコが置かれた場所ですから、確かに古いです。
その代わり、どこを掘っても遺跡がでたり古墳があったり、開発にはいろいろ制約があって、ガラガラポンとはいきません。
この天王寺の辺りを歩いていると、悠久の時を感じます。1500年も前にここを人が歩いてたんだ、何してたんだろう、
なんて思い起こしてしまいますね。
2012/12/19(水) 22:19:39 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
foresterさん、この絵馬にはドキッとしましたね。世の中には似たような人も多いんですねぇ。
私は無信心な人間ですが、四天王寺とか高野山とかの無宗派に近い懐の深さ、人それぞれでいいという大らかさに、
本来の宗教の姿を見るようで、何となく馴染んでしまいます。仰るように、広く万物それぞれに八百万の神が宿り、
分け隔てなくそれらを敬う心ってのが大切なんだろうと思いますよ。他宗排斥の教義には馴染めません。
2012/12/19(水) 22:26:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
HARIKYUさん、どうやらお示しの「さるぼぼ」「くくり猿」のようですね。
それにしても、なんと過激な名称だことよ・笑
実は、私はほぼ見たことがないと思います。不覚にも知らなかっただけかも知れませんが。
こうやって見られるということは、関西でも社務所を覗いたら置いてあるんでしょうね。
2012/12/19(水) 22:30:50 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
東北には、庚申塔と呼ばれる石碑があります。
庚申信仰は古くからあるようですね。
2012/12/19(水) 23:09:57 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、庚申塚に庚申塔に庚申堂に、全国に結構「庚申」なるものは普及していますね。
何か切羽詰まった時に願をかける拠り所が、この「庚申」さんに集約されたんでしょうかしら。
2012/12/20(木) 08:55:49 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.