一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
元三大師堂
四天王寺の北端、墓所のある一画に元蔵大師堂があります。
元三(がんさん)大師は比叡山中興の祖として知られる第十八代天台座主良源のことで、
元旦三日に入寂したことからこの名で呼ばれるようになりました。
おみくじの創始者と言われ、また災厄を祓うため自ら夜叉と化したと言う伝説も残っています。
大阪ではこのお堂が信仰の中心だったと伝えられ、今では「入試合格祈願」で有名です。

元三大師堂#1

ということで、ここには大きな縄で編んだ知恵の輪があり、
「頭がよくなりますように」と祈りながら潜ると御利益があるそうです。

元三大師堂#2

で、私も遅まきながら潜ってみましたが、以来20日余り、
さして効果があったようには思えませんのですよ・泪
どうやら頭の柔らかい子供の頃にやらないと、御利益は得られないようです。

元三大師堂#3

こちらにはお百度石もありまして、受験シーズンともなりますと、
親御さんが合格祈願にお百度を踏む風景がよく見られます。
どうもご本人がお百度を踏んで、というのはなかなか見られませんが、どうなんでしょう。

元三大師堂#4

先にご紹介しました四天王寺庚申堂では、三猿が乗っかっていてそれを撫でて回りましたが、
ここでは戻ってくる度に転法輪を回してお百度を踏むことになるようです。

しかしねぇ、お百度石とお堂の距離が短く、お参りのハードルは低いとは言えますが、
ここは墓所のど真ん中、お墓の中を行ったり来たりというのは、気分的に辛いかも。

元三大師堂#5

ここでお百度参りをする方は殆ど昼間ということなので、さほど恐怖は感じないでしょうが、
これが夜間で、しかも連れもなくということになりますと、まさに肝試し大会になりそうです。


SONY NEX-3 / E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


関連記事

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
お百度参りですか、それはご苦労なことです。われら
不信心者にはハードルが高いですね・笑
2012/12/23(日) 21:52:12 | URL | kan on mobile #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、私もお百度を踏むような辛気くさいことは、多分、信じん以前にあると思います・笑
それだけに、こういうところで熱心にお参りする方々には畏敬の念を持ってしまいます。
それでも私は、こういう風に撮ることにしか関心は湧きません・沈
2012/12/23(日) 22:12:50 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
くるくる回すものは、チベット仏教にもありますね。
2012/12/24(月) 08:33:12 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
fe3さん、このクルクルは釈迦の説法というか教義の基本を説いたものに由来しているとか、
妙な権威が付け加わる前の原始仏教に近いところにまだ残っているようですね。
インドはもとより、中国、チベットから東南アジアに至るまで広く残っているようです。
教典を読める人などそうザラにいませんので、この転法輪にシンボライズしたんでしょうね。
子供の頃、お婆ちゃんたちがお寺に集まって大きな数珠を輪っかにしてみんなで回してましたから、
同じような考え方なんでしょうね。
2012/12/24(月) 10:14:37 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
神頼み!と言うのがキライな自分には、わかりませんが、
縋るような気持ちが、そうさせるのでしょうね~
今の時季、こちらの天満宮は、受験生の
合格祈願で、賑わってます。
初詣なんか、半端じゃないですよ~一回行って
ウンザリしました・・笑
2012/12/24(月) 17:51:04 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、遂に今シーズン初の風邪を引いて、グズグズになってます・泪
この寒い時期にねぇ、子を思う親心とは言うものの、親にお百度踏ませて風邪引かせ・・・・・
私も神頼みってのは嫌いなので、真剣にお参りしたことのないバチ当たりですよ・滝汗
そろそろ京都でも北野天満宮では、志望先の決まった受験生の「親」が行列作ってるでしょう。
初詣なんかだと半端ない人出になりますからね。アタシャずっとご遠慮申し上げております・笑
2012/12/24(月) 19:47:53 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.