一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
今津駅
阪神電車で今津駅にやってきました。
この駅も高架で立派な造りに変わり、昔の面影は全くなくなりました。
(1) 今津駅#1

今津駅は同名で阪神と阪急の両方にあります。
阪神今津駅の改札を出て、コンコースから外を眺めると阪急今津駅が見えます。
前方の丸に十の字みたいなのがあるビルが阪急今津駅です。
(2) 今津駅#2

昔電車の線路が地平に引かれていた頃、この阪神今津駅もごく普通のローカル駅の雰囲気で、
その梅田行きホームを挟んだ向こう側に阪急電車が急カーブで乗り込んできていました。
ですから阪急・阪神間の乗換はホームを歩いてすぐにできました。
今は随分離れてしまいましたねぇ。お互いに高架となり、その間を屋根付歩道でつないでいます。

阪急今津駅のホームはこのとおり行き止まりで、あの丸に十の字のマークはここにありました。
(3) 今津駅#3

そのホームに阪急電車が入ってきました。
毎日乗っている阪急電車の車体が懐かしいです。
(4) 今津駅#4

阪急今津線は今では西宮北口と今津間の途中一駅だけの短いローカル線、
今津南線になってしまいましたが、昔は宝塚まで、今では分断された今津北線に直通し、
神戸本線と西宮北口駅の構内で複線同士で直行クロスしていました。

3輛編成の今津南線の電車に乗り込み発車を待ってますと親子が駆け込んできました。
間もなく発車です。
(5) 今津駅#5

西宮北口に着きますと、現在は行き止まりの折り返しになっています。
昔はこのまま直進して今津北線と直結し、宝塚までつながっていました。
画面で右手前にカーブして行く線路は神戸本線に合流します。
電車の回送に使われていて、車庫への出入りのときだけ使われます。
(6) 今津駅#6


PENTAX MZ-S / smc PENTAX FA 43mm F1.9 Limited / KODAK 400TX ND-76 1:1 23.5℃ 8分

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
先程TVでさんまのからくりで6歳の超鉄ちゃん少年が出ていましたが、写真も撮っているようでビックリしました・・笑
Mさんも子供の頃からなのでしょうか?

ラスト、凄く良い感じでため息ものです~!
2007/11/18(日) 19:55:50 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
武庫川線が川西航空機と縁があったんですね。
紫電改や紫電のエンジンとか材料運搬用か。
関西の路線はイマイチ理解に苦しみます。
下町の阪神、高級住宅地の阪急だけではないようですね。持ち株化で一体ですからどうなりますか?。
2007/11/18(日) 20:33:08 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
昨日、宝塚に行ってきましたが、宝塚線の急行で梅田から
直通するより、神戸線特急~西宮北口~今津線の方が
2分早いって初めて知りました..
推理小説に使えるか..爆
2007/11/18(日) 22:04:45 | URL | SCR #9q2FTWbs[ 編集]
nonakaさん、ガリガリの鉄ちゃん凄いでしょう?
とにかく隙を見せない知識と理論、人が中途半端なこと言ったら軽蔑されます。
アタシですかぁ、、、好きなだけで知識も理屈も中途半端、人をけなすなんてできません・汗
終着駅ってそこで線路が途切れてるだけで何か郷愁を感じませんか?
私が線路終端を撮るのが好きなのはそれがあるからかなぁ、なんて思います。

foresterさん、そうなんですよ、あの川西航空機がここにあったんです。
おかげさんで空襲受けてボコボコにされてしまいました。
阪神も元々はセレブ指向ではあったんですけどね。
芦屋の打出なんて芦屋の浜側の超高級住宅地ですよ。
線路を引くときに先に引きたいがために軌道線で免許申請し、
既成の集落を縫ってクネクネ線路引いて駅を沢山作って開業しましたが、
新幹線みたいに直線短絡別線計画を持っていて、今でも名残が見られます。
御影駅はカーブしてるんですが、なんと直線で突き抜ける路盤が用意してあります。
先にご紹介した梅田駅の隠し0番ホームも、もともとはこの高速専用路線のために用意されました。
阪急阪神の統合は地元の人間もびっくり、あのライバルがねぇ、と成り行き見守ってます。

SCRさん、アレは昔から有名なルートだったんですよ。
阪急宝塚線は低速仕様、一昔前までは最高速度が85Kmで抑えられ、
車体寸法は神戸線と共通でしたが、モーターは1ランク低出力でした。
ですから0百番台と5百番台は神戸線、1百番台と6百番台が宝塚線になってました。
だから、神戸線が特急と各停、宝塚線が急行と各停だったんです。
2007/11/18(日) 22:18:12 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コテコテの鉄題に下からずずいっと拝見しました。笑
ほんと凄いですね。今回私的にラストが妙に好きです。
終着って、実は出発だったりもしてね・・(^^
2007/11/18(日) 22:26:47 | URL | フジッペ #-[ 編集]
フジッペさん、実はラストの写真のようなのを見せて性格占うっての昔ありました。
この電車は到着したところでしょうか? 今発車するところでしょうか?
そのどっちをとるかで「アンタの性格は・・・・」ってやってました。
何で見たのか、結果でどう判断したのかは忘れましたが・・・
2007/11/18(日) 22:54:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私もラストのカットが説明を読んで気になりました。
この先が無い駅って何か良いです。
2007/11/18(日) 23:59:36 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
阪急電車は屋根が白くペイントされているものがありますが、何か意味があるのですか?
私はミニクーパーみたいな色遣いがかっこいいなって気になっています。
2007/11/19(月) 00:40:20 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
ラスト、車両は同じなのに、懐かしさみたいなのを感じさせますね。終着駅・・喜多方-熱塩の日中線、撮っておけば良かったなぁ~乗っていたのに・・トホホ
2007/11/19(月) 01:07:14 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kanさん、終着駅で行き止まり、そこで線路が途切れている駅、
なぜだか分からないけど、心情的に郷愁を誘うんですよねぇ。
鉄ちゃんでも終着駅マニアって居ますが、フツーの人でも何か感じるものがあるんでしょう。

fe3さん、この頭だけ白塗りした電車は阪急の京神宝三線の共通車体です。
当初神宝2線は車体共通で出力が違ってました。架線電圧も600Vでした。
京都線は車体幅が広くて架線電圧も1500V、神宝線には乗り入れできませんでした。
一部の複電圧車で車体幅の狭い神宝線規格の電車のみ相互に乗り入れできたんですが、
その後神宝線が1500Vに昇圧し、車体幅も神宝線と京都線の中をとって同一になり、
神宝線の出力も同一になり、最後に京都線とも規格が統一され、全線同一になりました。
現在は基本的に三線共通で使える車が新車で登場しています。
その共通標準車の頭が白く塗られているんです。
現実には三線各々線区の特色があって線区のオプションがあり、独自の運行をしていますが、
大幅ダイヤ改定の過渡期や応援などでは他線を走ることがあります。
また、共通部品で整備性が良くなり、車庫(工場)間の負荷平準にもなっています。

亜哉さん、駅の終端車止め、植え込みなんかの小道具があると、
たとえ電車が新車でも懐かしい風景に見えてしまいますねぇ。
それが地方ローカル線の寂しい終着駅なんかだったら、
それだけでウルウル、、、演歌の世界に入っていきそうです・笑
会えなくなって、失って分かるその値打ち、、、なんかと一緒ですなぁ・爆
2007/11/19(月) 08:50:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
阪急と阪神の違いって住友銀行と大和銀行みたいなものでしょうか。
2007/11/19(月) 10:00:11 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
サムスルさん、そういう比較は難しいですねぇ・・・・・
どちらかというと阪急が都銀、阪神が大手地銀といった雰囲気でしょうか。
2007/11/19(月) 10:16:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ごめんなさい、でも大変よく分かります。
2007/11/19(月) 11:10:18 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
終着駅って響きも好きです。
いろんなドラマがありそうで想像が広がりますね。
2007/11/19(月) 20:12:45 | URL | doru #-[ 編集]
サムスルさん、何となく分かっていただけましたか? (^_^;)

doruさん、終着駅と来ればアタシは奥村チヨを思い出して・・・・
なんかharikyuさんに似てきたかなぁ  (・・;)
2007/11/19(月) 20:36:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.