一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
千本鳥居
伏見稲荷大社に行くと、やっぱり千本鳥居の山道を登らないで帰るわけにはいきませんね。
ということで、やっぱりミーハーは期待どおりそっちにも行っておりました・笑


千本鳥居#1

千本鳥居#2

千本鳥居#3

千本鳥居#4


ここの景色は、奉納鳥居の更新はあるものの、今と変わるところはありません。
ただ、この当時は照明も所々にポツリポツリとある程度で、
夜間にここを歩くには相当の勇気が必要でした。

ここで使ったコムラーLマウント105/3.5は、梅田のカメラ店で「難あり品」を千円か2千円で買い、
(当時はジャンクという便利な言葉がなかった ・・・ 前玉擦りキズあり、コーティング剥げ)
この日が筆おろしでした。 半逆光ではフードを使っても強烈なフレアが発生し、見られたもんじゃない。
結局安物買いの銭失い、目利きの悪さを露呈して落ち込み、以来お蔵入りとなったのであります。


1975. 11. 22 京都 伏見稲荷大社
CANON 7 / CANON S 50mm F1.4 (UV)、Komrar 105mm F3.5 (L40C) / NEOPAN SS Microfine 21℃ 10分


関連記事

テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
若い頃にJFCがあれば酸化セリウムでシコシコ磨いていたかもしれませんね。
7は評価が別れるのかも知れませんが私は好きなカメラです。
2013/03/02(土) 19:59:27 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
一寸写真を撮る気力がなくなっています。
ただ白黒の魅力は、やはり凄いです。

 結局、PENTAX SP を持ち歩いています。(笑)
2013/03/02(土) 21:31:44 | URL | higemajin #-[ 編集]
foresterさん、このコムラーレンズの前玉は、当時よくあったとても柔らかいガラスで、
傷が付きやすくもろい硝材でした。コーティングもシングルコートで、ハードコートとは言え弱い、
まぁ、仕方ねぇっちゃぁ、そうなんですけど、新品は1万8百円したもんなぁ。(とても良く覚えてる)
2013/03/02(土) 22:25:07 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、写欲ってのは結構波がありますからね。
私は全く撮らない時期が10年あまりあり、復活した時には写真界がAF一色になっていて戸惑いました。
今やフィルムで撮影するのはごく一部の人だけ、モノクロで撮る人は、更にその一部、
今後は、アナログレコードのごとくファンの1~2%の市場になるんでしょうね。
取り敢えず私は、一生使うであろう分量を冷凍保存で確保しました。
2013/03/02(土) 22:32:25 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
最後の写真、イカしてます。
キャノン7、ちょっと気になりました。
2013/03/03(日) 11:17:50 | URL | keizo-f #.j2BAk02[ 編集]
ずっと続く山道の参道、まさに伏見稲荷の象徴
ですね。ここを登らねば徒然草の坊さんになって
しまいますね。

そのレンズ、全ての面を軽く磨いて、もともと
コムラーのコバや内面反射の問題を解決すれば
復活できるでしょう。今ならの話ですが。
2013/03/03(日) 13:40:55 | URL | 名無しの権兵衛 #mQop/nM.[ 編集]
keizo-fさん、キヤノン7は、私の個人的な使用感からはお薦めのカメラですが、
今となってはちゃんと使えるのが調達できるかどうか、微妙ですね。
それと、当時は常識だったのですが、最高速の1/1000秒は全く信用できません。
当時は、メーカーオーバーホールしてもJIS限界いっぱい、1/650秒がせいぜいでした。
2013/03/03(日) 15:16:07 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
名無しの権兵衛さん、今日はくみちょ~のお店に行っていて、さっき帰ってきました。
伏見稲荷に行ってこの千本鳥居を外したら、「アンタ何しに行ったの」って言われますね・笑
コムラーのレンズ性能を出すためには、レンズのコバに丁寧に墨入れして、鏡胴内面にマット塗装、
ここまでやって初めてきちんとしたコントラストが得られます。更にこいつはミガミガも・・・・
2013/03/03(日) 15:23:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.