一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202204 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202206
梅開花
通勤で使う大阪モノレールの車窓から見る万博公園に、「万博梅まつり 2/16~」の横断幕が出ていました。
今年は梅も遅いという話を聞いていましたので、1週間待って「そろそろかなぁ・・・」と見に行ってきました。

入場して梅園に行ってみましたが、、、、あらあら、何とも寂しい風景で・・・・
梅開花#1

ちょいと咲いているのは見えますが、まだまだ見頃にはほど遠いですね。
それでも、気の早い梅もチラホラ見かけまして、アップにすればもう満開・笑
梅開花#2

ここで一番の見物である枝垂れを見に行きましたが、
予想どおり、花一輪も着いておりませんでした・泪
梅開花#3

そこで、咲いている梅を渡り歩き、アップで何本か仕留めてまいりました。
梅開花#4

梅開花#5

梅開花#6

梅開花#7

仕上げはこれ、
何とかアングルで面白く撮れないかなぁ、と眺めていましたら、
お母さんの呼ぶ声も無視して、元気な子供が走り回っておりました。
梅開花#8

この子は何が気に入ったのか、キャーキャー言いながら私の周りを走り回り、
まとわりついてきたのであります。 お母さんが「すいませぇん」、いえいえ、どういたしまして・・・


SONY NEX-C3 / E 16mm F2.8、E 18-55mm F3.5-5.6 OSS


関連記事

テーマ:梅の花 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ちらほらと梅の便り・・・良いですねぇ、春の便りは、うれしくなります。
2013/02/23(土) 22:32:36 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
おぉ~
うらやまし~
春ですね~

 旅立ちの季節がきます。
2013/02/23(土) 23:22:53 | URL | higemajin #-[ 編集]
そちらも遅れていますね。今年は寒さが何度も
ぶり返すからなかなか咲き揃いません。そういう
年なのでしょう。
2013/02/24(日) 01:06:17 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
万博公園の梅が始まりましたか。
服部緑地の民家集落博物館の中にある梅も好きでした。
いい季節になってきますね。

年齢を問わず女性に人気ですね
2013/02/24(日) 09:49:30 | URL | keizo-f #.j2BAk02[ 編集]
亜哉さん、亜熱帯の大阪からもやっと梅便りをお伝えできる状態になりました。
春の兆しも、動き出したら一気ですから、そちらでももうすぐ梅が色づいてくるでしょう。
やっと視野は開けてきましたね。
2013/02/24(日) 09:51:36 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、まだ明け方に氷が張るような気温になることもありますが、
ぼちぼち春の芽も見えだしてきましたよ。やっとチラホラと梅便りも聞こえてきました。
池の鯉も鴨も何やら動きがよくなり、春のざわめきが聞こえだしています。
今年に関して言えば、やっと春が見えてきた、と言うところですね。
2013/02/24(日) 09:55:58 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、当地では例年なら、そろそろ梅見のTV中継が入るのですが、まだですねぇ。
確かにまだスタートダッシュという雰囲気ではありません。しかし、確実に歩は進んでいます。
今年は季節の移り変わりが、大げさな行きつ戻りつを繰り返して行く気がしますね。
2013/02/24(日) 09:59:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
keizo-fさん、やっと始まりました。梅まつりスタートの16日にはな~んも無かったでしょうね・笑
梅は梅園で見るのも華やかでいいですが、古い民家の庭に1本だけ花をつけた梅を見るのも、いい風情です。
縁側に腰掛けて、熱いお茶を啜りながら眺めるのが、とても似合うと感じます。
梅園で出会った客筋も、比較的年齢の高いご婦人の2~3人連れや、お婆ちゃんに連れてこられたお爺ちゃん、
なんて人たちが多かったように思います。もちろん、定番の大玉白レンズを三脚に据えたおっちゃんも・爆
2013/02/24(日) 10:10:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.