一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202009 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202011
夙川公園3
苦楽園口から夙川公園を川に沿って遡ること約300m、
ここで甲陽線の線路と夙川がクロスし、線路は道路沿いに甲陽園に向かいます。
夙川は夙川学院や甲陽学院といった文教地区、北山公園の横を通って水源に至ります。

苦楽園口の駅前には車の通れる橋が架かっていますが、そこからここまで橋はありません。
いよいよお終いというこの場所には川に飛び石が置かれていて、
堤から水面近くまで階段を下りてここを渡ります。当然川の増水時には渡れません。

その飛び石から夙川の下流を眺めてみました。
普段の水量はこんなもので、深いところでも50cmくらいでしょうかねぇ。
雨が降ると増水しますので、ここは渡れなくなります。
(1) 夙川公園3#1
夙川は甲山(かぶとやま)と言う六甲山系の端っこにある小高い山が水源で、
標高300mあたりから流れだし、大阪湾まで全長7Km程の短い2級河川です。
ですので、天気のよいときは水量はこんなもの、雨が降るとドバッと増水します。
このあたりから下流になると天井川になってゆきます。

公園の北端では川と交差するために線路がグッと公園の方に切り込んできます。
梢越しに見る築堤上の電車の風情もなかなかのものですよ。
(2) 夙川公園3#2

上の写真の場所から川を渡り、対岸から眺めると、線路が川を鉄橋で渡るのが見えます。
(3) 夙川公園3#3

鉄橋は線路の幅いっぱいしかありませんので、万一に備えて待避所が設けられています。
(4) 夙川公園3#4

この甲陽線は1924年(大正13年)に全線開通しており、由緒ある歴史を誇ります。
鉄橋もリベット打ちの上に何度もペンキを塗り重ねていますので、古色蒼然としています。
(5) 夙川公園3#5

鉄橋を渡ると今まで平行していた夙川ともお別れです。
今度は道路と平行して甲陽園を目指します。
古枕木の柵がここにはまだ残っていました。
昔ながらの住宅地ではよく見かけましたが、最近では見なくなりました。
(6) 夙川公園3#6

ここから終点の甲陽園駅までは700mくらいの距離ですかね。
ホンの少しの登り坂になりますが、線路を見ながら歩いて終点を目指します。


CONTAX Tix / Sonnar T* 28mm F2.8 / FUJICHROME 100ix

先にご紹介しました鉄橋を渡る電車の写真はこの鉄橋で撮ったものです。

カラーとモノクロ#2

関連記事

テーマ:川のある風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
木漏れ日の隙間から電車がチラッが良い感じですね~
このコースは、カメラを一機ぶら提げ歩くのは、最高な感じですね!
2007/11/22(木) 20:45:32 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、あんまり心地よいので、この日は写真撮るの邪魔くさかったです・笑
このコースは夙川駅までやそれから先、JRさくら夙川駅、その下流の阪神香櫨園駅、
このあたり一帯はずーーっと桜並木が続いています。桜の季節にチャレンジするかなぁ・・・
でも、あの人混み考えるとなぁ・・・・ (;´_`;)
2007/11/22(木) 21:08:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
分かります!こんな良い感じの場所に酔っ払いは、敬遠しちゃいますね!笑
2007/11/22(木) 22:03:14 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
造幣局の通り抜けはお酒無しでしたよね。ここもかな?。
シルビィは取り合えず撮影しただけに近くて(汗。
2007/11/22(木) 22:51:25 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
nonakaさん、元々人混みが嫌いなのに、あんな人出で花見はねぇ、と尻込み。

foresterさん、ここは特別に制限はしてないですよ。
どうも警備員が出てるような管理されてるとこは嫌いでしてねぇ。
シルヴィ、どうしました?・笑
自分撮りできるし、この時期だったら室内なんてどう?
2007/11/22(木) 22:55:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
一枚目とリベットが好きです。実に静かで良い
雰囲気の電車とその周りですね。

それにしても、説明が上手い。写真とできちんと
その場の雰囲気が伝わります。お仕事でいろいろ
経験されているのが生きていますね。さすがです。
2007/11/22(木) 23:47:35 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、歴史を積み重ね、地元が大切にしている良い町は無言で語りかけてきますね。
ここが大阪圏で高級住宅地になり、多くの人が憧れるのが実感できます。
写真撮るときには「良かったぁ」「面白かったぁ」というのが伝わるようにと
気にかけて撮ってるんですけど、なかなか『これ1枚』で説明し切れませんね。
仕事では『レポートは1枚がベスト』がモットーなんですけどねぇ。
2007/11/22(木) 23:56:29 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
二枚目はかなりいいなぁ。
鉄道写真もなかなか面白そうですね。

2007/11/23(金) 00:04:43 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
ガーター橋がいいですねぇ、リベット部やさしい光でグーですね。フル枕木の柵・・さすが高級住宅地、フトンなんか干されていませんし、根元にペットボトルなんか投げられていませんね(^_^)v
2007/11/23(金) 08:44:44 | URL | 亜哉 #-[ 編集]
鉄橋は線路だけが一番上で回りはなにも囲いが無いのですね。万一のための避難所がちゃんとあるのにはビックリです。ジャカルタからバンドゥンというところに行く線は鉄橋の連続だそうです。高速道路から何回か見たことがありますが、風が吹いたら落ちそうで怖いです。
2007/11/23(金) 10:07:28 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
fe3さん、私は感じのいい風景の中にちょっと駅があったり、
線路があったり、電車があったり、鉄橋があったり、トンネルがあったり、
何となく鉄道の香りがする写真が好きなんです。鉄ちゃんとしては異端なんですがね・笑
鉄道って厳密な規格のもとに敷設されるんですが、結構地域性が濃いんです。
ですから鉄道のある風景を撮れば、「ああ、これはあそこだ」ってよく分かります。
こういう雰囲気で撮ってれば鉄ちゃんでなくても楽しめると思いますよ。

亜哉さん、ガーター橋は工法が単純で安上がりで確実で、部材搬送も楽ですから、
偏狭な場所でも設置がしやすいですね。鉄ちゃん的には丸見えで嬉しいし・笑
脱線したらモロに転落ですので、保守には気を遣いますけどね。
普通はこれだけあれば「寄るな、触るな、入るな、危険」の看板をイヤになるほど見ますが、
ここでは「踏切注意」くらいしか見かけません。公園もゴミ箱はほとんどないのですが、
放置ゴミや散らかった様子はまるでないです。良識ある大人の街ですね。
沿線に公私立の学校も結構多いのですが、社会的な躾は大変行き届いています。
でも、皆さんは結構のんびりしていて、常識で片づく居心地のいいところでした。

サムスルさん、鉄橋を歩くのは違法なんですが、昔は山地などで道路代わりに使われてましたね。
本来はこの待避所は保線作業員などのプロのために設けられてるんですけど、
昔は黙認せざるを得ないところもあったようです。今なら本気で怒られますけど・笑
風で煽られたらモロに転落ですので、実際に事故もあります。餘部鉄橋でもありましたね。
今でも最高速運転は原則禁止ですし、危ないところでは風速計で走行管理してます。
2007/11/23(金) 13:56:15 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.