一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
西院
西院#1

嵐電の西院(さい)駅で降り、大宮に向かう電車を見送って阪急西院(さいいん)駅に四条通を歩きます。
同じ駅名なのに嵐電は「サイ」、阪急は「サイイン」と読ませるのがちょっとややこしいですね。

元々は、この辺りは「サイ」と言い、「西院」は「佐井」から転じた宛字です。
その宛字の西院を素直に読んだら「サイイン」、現在ではサイインという読み方が普通になってきています。

その嵐電西院駅から四条通を西へ、交差する一筋目の通りに入りますと、そこは昔からの街並です。
この辺りには昔から職人が多く住み、町工場も多くありまして、いまでもその名残が残っています。
この通りにある昔からのお風呂屋さんには、いまだに「電気風呂」の看板が残っていました。

西院#2

この風呂屋は未経験なのですが、電気風呂ってのは、入ったらやはりピリピリっとくるんでしょうかね。

古くからの住宅街である町にはよくある小さな祠もきちんと残っています。
旧来の木造町家、長屋、商店などを建て替えてビル化しても、
その壁面を凹ませてスペースを確保し、ちゃんと残していました。

西院#3

この辺りは中京区と右京区の境目にあたり、町名は壬生西土居ノ内町と言います。

西院#4

文字どおり、秀吉の時代に洛中の防御を固めるお土居が築かれたところにあたり、
当時の京都市街の西はずれの場所になります。

阪急西院駅があるのは、西大路四条交差点の南西側で、
西大路通の更に西側には佐井通という道路が南北に通っています。
佐井通は元々は川筋のあったところで、その川は佐井川と言われていました、
佐井川は賽の河を想起させる名付け方で、平安京の頃にはそこまでが洛中で向こうは洛外、
魔界として扱われ、葬式の後葬送でそちらに遺体を運び葬った場所になります。
更に西には京極と呼ばれるところがあり、そこが京都市街の影響が及ぶ最外殻でありました。
東側にも現在新京極という名で残っている通りがあり、そこが東の最外殻でした。

・・・と、いろんな歴史を感じつつ、阪急西院駅で電車を待つことになりました。
昭和6年に地下化されてから残るこの駅は、基本構造が開設時と変わっていませんので、
クラシックな雰囲気がいまでも味わえます。

西院#5


PENTAX K-x / smc PENTAX-F FISH-EYE 17-28mm F3.5-4.5


関連記事

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント

電気風呂ってのは、浅草で入ったことがありますが、かなりピリピリきますよ。
いきなり腰から入ったら相当な電撃を受けました。
爪先あたりからそーっと入るのが無難。
心臓の悪い人や高齢者は危険かと思いますので、M師も入れなくなる前に一度体験しておくのがよろしいでしょう。
2013/04/17(水) 20:32:35 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
同じ名前を別に読むのですか。
それぞれがオラが駅という自負なのでしょうね。

 電気風呂は竦んでしまいそうです。(笑)
2013/04/17(水) 21:52:00 | URL | higemajin #-[ 編集]
HARIKYUさん、電気風呂はやはりピリピリとくるんですね。
私の場合には、腰痛治療で電気マッサージを受けていますので、
電気刺激には他の人より耐性はあると思いますが、ちょいと試す気には・・・・
この電気風呂の効能はどういったものにあるんでしょうね。腰痛?
2013/04/17(水) 22:21:02 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、古語が現代語に変節するのには長い年月をかけてじんわり移行しますが、
明治期にはほぼ「サイ」だったのが現在ではほぼ「サイイン」、ちょうど移行期に立ち会った感じでしょうか。
これで思い出したのが「分泌」、私が学校で習った時には「ブンピ」でしたが、今は「ブンピツ」ですもんね。
電気風呂は、私も敢えて試してみようとは思いませんね・笑
2013/04/17(水) 22:27:37 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ちっちゃな祠にお茶上げていたり、お花あげている
おばあさんなんか見ると、この町いいなぁ~って
おもってしまいます。ずっ~と続いている生活の一部=
文化になっているんでしょうね。
2013/04/17(水) 23:28:40 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
電気風呂、恐ろしくて入る気になりません・笑
地名は読み方が時代とともに変わるようですね。
いろいろな場所でそんな話を聞きますから。
2013/04/18(木) 01:43:41 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
亜哉さん、町内の祠に花あげて、きれいに掃除して、大事にされてますね。
昔からの隣組仲間の住人がまだ大勢さんいらっしゃるんでしょうね。
こういう手入れとお参りが毎日の習慣になっていると、新住人も自然にやるようになるんでしょう。
こういうところが古い下町のいいところなんでしょうが、
このつきあいがウザいという人も最近増えてるから・・・
2013/04/18(木) 18:54:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、子供の頃からここに通ってるならともかく、
今更ここに行って電気風呂を試してみる勇気は、ないですね・笑
地名にしても慣用句にしても、
いつの間にか言い回しが変わってしまったってのが結構ありますね。
このあたりの微妙な違和感も世代ギャップの大きなところかもしれません。
2013/04/18(木) 18:59:18 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
どうも~浦島太郎なnonakadesu~!
久しぶりで全体を見させて頂きました・・

やっぱり!Mさんアングルの表紙の桜に
さすがだな・・とニヤァ~としちゃいました・笑
2013/04/19(金) 19:49:33 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、ありがとうございます。
桜もいつの間にか終わってしまいましたね。
並木道は今、散った花びらで埋まっています。
せっかく撮るんだから、一番いい姿で撮ってやらないとね・笑

私の方は、なかなか外出でけんので、ただいまネタ切れ中、
更新が滞っておるんですよ・泪
2013/04/19(金) 20:46:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
京都は面白い読み方の地名が多くて楽しいですね。
紫の電車ってのも面白いですが。
2013/04/19(金) 22:18:55 | URL | おとにゃん #WOq6nlhY[ 編集]
おとにゃんさん、京都ばかりでなく、関西では古語読みの難読地名の宝庫ですから、
なかなか楽しいですよ。柏原でも「かしわばら」「かしわら」「かいばら」と3種そろい踏み・笑
嵐電の紫塗装は近年出現してきたんですが、最初に見た時は「なんじゃ、これ!」・爆
びっくりしてしまいましたが、何両も出てきて走り回ると、見慣れて普通になりました。
紫は高貴な色なので、京都では特別な色なんですけどね・沈
2013/04/19(金) 22:32:37 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.