一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202204 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202206
長谷寺の参道
近年、長谷寺に来る人の大半は自家用車かバスでの来訪となっており、私のように電車で来るのは少数派です。
近鉄長谷寺駅は各停(準急)しか停まりませんので、大阪難波からは直通電車はありません。
大阪上本町から急行と各停を乗り継ぐか、準急で来るか、いずれにしてもほぼ1時間かかります。
長谷寺駅には上り下りとも日中は1時間に3本ペースで電車が停まります。

ですので、いつでも駅前は閑散としており、客待ちタクシーも1台か2台です。

長谷寺の参道#0

長谷寺があるのは、大和川上流の深く切れ込んだ峡谷の北側山腹です。
近鉄電車は、川を挟んだ反対側、南側の山腹を縫って走ります。
電車で来ると、駅前広場から集落の中を一気に川に向かって下ります。

長谷寺の参道#1

長谷寺の参道#2

駅からの下り坂は階段か急なスロープなので、結構足に堪えます。
河口付近の大和川を知っている人なら、『えっ、これが大和川?』 と思う川を渡り、参道に入ります。

長谷寺の参道#3

川に沿って上流に向かう参道は、まだこのあたりでは集落間をつなぐ生活道路の気配濃厚で、
参詣客目当ての店もさほどでていません。 田舎の町の繁華な通りという感じです。

長谷寺の参道#4

実はこのあたりに、昔からやっている小さな草餅屋さんがあるんです。
そこの草餅は、他の店のお焼きみたいなのと違って柔らかな柏餅風の生餅で、
しかも水羊羹のような漉し餡なので、歯の悪い母でも喜んで食べてくれます。
乾燥葛きりも扱っていて、ここに来る時には、いつも帰り道にそこでお土産を買います。
安くて美味しいのですが、その代わりに、お土産屋さんみたいな箱も包装紙もありません・笑

長谷寺の参道#5

その生活通りが直角に曲がり、一気に山に向かう一本道になると、そこは参詣道らしい門前町になります。
店々の客の呼び込みにも力が入り、一気に賑やかになってきます。
そこは生活道路の一区間ではあるのですが、食堂の舌代も観光地価格になってしまいます。

長谷寺の参道#6


駅から橋までが300mほど、橋から生活道路を500mほど、そこから門前商店街を200mほど、
駅から長谷寺までは約1キロほどの距離ですが、坂道の連続なので、年配者には厳しいかなと感じます。
道路事情も良くなっており、参詣客の大半が車で来るのも、仕方ないことかなと思います。


SONY NEX-6 / SONY LA-EA4 + SIGMA AF 18-125mm F3.5-5.6 D DC


関連記事

テーマ:お寺・神社 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
いや
これは、歩いてくるのが
宜しいようですね。

 なかなか良い風情ですね。
 息を切らせながら昇ったのが分かります。
2014/05/13(火) 20:34:15 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、足の悪い年寄などがいると、車で駐車場へとなるでしょうが、
昔からのこの参道をえっちらおっちらというのが、次第に気分を盛り上げるのにいいかな、
そんな風に思います。ここに限らず、古刹を訪ねるときにはそうですよね。
この時期ですから、いい汗をかきました。夏場だとへばりますけど・笑
2014/05/13(火) 20:57:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私の場合、名張で急行から乗り換えたんだったかなぁ?記憶が怪しい。(笑)
坂道も当時は若かったし。今なら御免蒙りたいところです。

亜哉さんと舞妓はんの話しになりました。
ぼちぼち総長の身柄拘束出来るかもなんてね!(笑)
2014/05/13(火) 21:12:14 | URL | forester #-[ 編集]
foresterさん、名古屋方面から来たら、青山町か名張か榛原で乗り換えでしょうか。
乗り継ぎの大阪方面の準急は榛原始発ってのが結構多いんですけどね。
坂道は、今の私の歳でも大丈夫でしたよ・笑
舞妓はんかぁ、前んときは舞妓はんを撮って1週間後に親父が逝ったなぁ・汗
暫くぶりで撮ってみたい気もしますけどね・笑
2014/05/13(火) 21:37:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
いろいろ散歩しながらだと良い距離ですね。
町の様子が辺鄙な古刹の門前らしいです。
2014/05/13(火) 23:39:22 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、門前町を散策しながら社寺にお参りするのは、
日常モードから特別モードに気持を切り替える適当な距離と時間なのかも知れませんね。
具体的にどれということはありませんが、町全体が持つ千年を超える歴史の積み重ねオーラを感じます。
長い時間とその間に詰め込まれた歴史が、えもいわれぬ空気を作っていますね。
2014/05/14(水) 08:00:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.