一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
台風の予兆?
今回の台風8号は、7月としては最大級の大きさと強さだとか、
来襲した歴代台風の中でも最大級らしい。
既に沖縄各島ではそのすさまじい猛威で荒らしまくっているというレポートが届いています。

当地では、まだその台風圏に入っていないため、雨も風もなく、
ただただモワァっとした蒸し暑い空気に包まれています。
空は全面雲に覆われ、分厚い雲の布団の中のようです。

台風が送り込んできた南洋の熱い風の影響とかで、気温がうなぎ登り、
昨日今日と朝から30℃越え、ちらっとでる日差しを受けると最高気温が35℃超えの猛暑日です。

白い雲を通しても世間は明るく、地上だけを見れば晴天のような明るさです。
いつもの雨雲に覆われた暗い曇天とは、質の違いがはっきり分かります。
台風の予兆?#1

庭のモクレンも、1ヶ月ほど前に大量の虫が付いたので新芽だけ残して丸坊主にしましたが、
あれよあれよという間に葉が茂り、元の木阿弥の如く青々としてきました。
それでも、もう虫は付いていないようです。
台風の予兆?#2

北西の空は、南東方向に比べると若干黒みを感じます。
あれは雨雲に育って、夕方から降ってきそうですね。
台風の予兆?#3

そんな動くのが嫌になるけだるい蒸し暑さの中ですが、
台風に備えてということでしょうか、おばちゃんが元気にお買い物に出かけていました。
台風の予兆?#4

当地が台風本体の影響を受けるのは、明日午後から明後日にかけてという予報になっています。
それまでは、この蒸し暑い空気の中で四六のガマの如く、脂汗を垂らして我慢するしかないようです。
高齢の母親もぐったり、ついにエアコンを使うときがきたようです。
ちなみに、この記事を投稿する現在の気温は、32℃です・泪


PENTAX K-3 / TAMRON SP AF 10-24mm F3.5-4.5 DiII LD [IF]、SIGMA AF 28-300mm F3.5-6.3 MACRO


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
関西から東北を含めて、台風被害が出ませんように・・・
http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/index.html?areaCode=209&contentType=0
2014/07/09(水) 13:18:15 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、来ると分かっていても、ただ耐えて通り過ぎるのを待つのみ、
それが辛いところですね。今回の8号はそのサイズと遅い足、衰えの兆候から、
西日本をしつこく叩き、関東以北では通常の台風通過レベルとみられます。
それより、梅雨前線を刺激した東北日本の長雨の方が気がかりですね。
当地は今、外気温が34℃です。ついにエアコンを使い始めました・泪
2014/07/09(水) 13:43:00 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こちらもその影響で午後から雨になりました。こちらは恵みの雨!(笑)
明日から天気は下り坂、暫くは雨模様の天気になりそうです。
2014/07/09(水) 20:12:13 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、昨日も暑くて病院から帰ってきたら汗だく、昼寝になりましたが、
今日はもっと暑く、朝からもはやじっとしているだけで汗が滲みました・泪
案の定夕方に少し雨が降りましたが、蒸し暑さが倍増しただけ、焼け石に水。
2014/07/09(水) 20:47:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
本当に蒸し暑いですね。夜なのにちっとも気温が
下がってきません。まあこれも日本らしいかと
高見を決め込んでいます。
2014/07/09(水) 23:59:18 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、昨日は今年で一番蒸し暑かった気がしますね。
通り過ぎるまでは我慢の子と決め込んでいますが、如何せん足が遅い・怒
現在は九州を横断中とか、抜けると一気に加速するとは思うのですが、
本体はかなり衰えていますけど、引き連れてきた大量の雨雲が心配です。
現在、当地では雨が降ったり止んだり、風はほとんどありません。
相変わらず朝からムシムシと蒸し暑く、不快状況は継続中・泪
2014/07/10(木) 09:45:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.