一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202204 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202206
大船鉾の復活
今年の祇園祭は、1965年以来半世紀ぶりで2回巡行が復活し、
17日に 『前祭(さきまつり)』 、24日に 『後祭(あとまつり)』 が行われます。
今年は前祭で23基、後祭で10基が参加し、
長刀鉾、函谷鉾、月鉾などの有名どころが前祭巡行となり、華やかさでは勝ります。

しかし、今年は何と150年ぶりに大船鉾(おおふねほこ)が復活し、後祭で巡行することになりました。
大船鉾は嘉吉元年(1441年)の建立とされ、祗園祭の山鉾の中でも由緒のある鉾です。
応仁の乱(1467年で他の山鉾とともに焼失、23年後の明応9年(1500年)に再興しましたが、
その頃は人形だけを乗せた比較的簡素な「舟」でしたが、江戸時代に次第に装飾が加えられ、
囃子も加わって、「船鉾」と呼ばれるようになりました。

ところが、天明の大火(1788年)で神功皇后の御神面を残して焼失、
文化元年(1804年)に以前にも増して豪華な鉾として再興され、大船鉾と呼ばれました。
大船鉾の復活#1
現在残る懸装品や金幣はこの後に整えられたものだそうですが、
元治元年(1864年)の禁門(蛤御門)の変により木部を焼失、以後は休み鉾となっていました。

それが今年から復活するのです。
それも、後祭10基の山鉾で唯一の鉾として、巡行の最後尾を飾る復活ですから、期待も大きいのです。
・・・・ということで、35℃の酷暑の中、拝見に行ってきました。

四条通から新町通を少し下がると、、、、ありました!

大船鉾の復活#2

さすがに伝説の名鉾、大きいですねぇ、立派ですねぇ。
今年の祇園祭で一番の話題になっている鉾ですから、ハンパない人が見物に来ていました。

大船鉾の復活#3

狭い通りですので、なかなかすっきりと全景を眺められませんが、
斜め前から拝見しますと、大きな船形の実に堂々とした鉾でありました。
舳先には実に豪華な金幣も飾られています。

大船鉾の復活#4

真横から拝見しますと、多の有名どころよりも背が高く、威風堂々とした鉾であります。
シャシンは、右が舳先です。

大船鉾の復活#5

後部には昔の外洋和船に見られる櫓が乗っています。

大船鉾の復活#6

船底?には、巡行の時の辻廻しで使う割竹が備えられていました。
これを見ると、明日はいよいよこれが曳かれてゆくんだなぁと実感できます。

大船鉾の復活#7

前祭の巡行は、過去50年間の1回巡行と同じ四条通→河原町通→御池通と回りますが、
後祭は逆コースをたどって、御池通→河原町通→四条通と進みます。
今夜の宵山、明日の巡行が楽しみですね。


PENTAX K-3 / TAMRON SP AF 10-24mm F3.5-4.5 DiII LD [IF]



2014. 7. 24   後祭巡行のTV中継より大船鉾の辻廻しのシーンを持ってきました。


大船鉾の復活#8



関連記事

テーマ:祇園祭 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
今日のNHKで祇園祭の懸装品について放送していました。ただてで、世界的文化財を見せる・見られる祇園祭に鳥肌が立ちました
 同時に、幕末に焼けたり疲弊した都を復興させた先人達の思いも裏で感じることができました
2014/07/23(水) 22:43:49 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
したたかに時代を生き抜いてきた京都の伝統の
力でしょうね。100年、200年などつい先だって
街に力がついたら復活させるとはさすがです。
2014/07/24(木) 00:59:59 | URL | kan on mobile #mQop/nM.[ 編集]
亜哉さん、それぞれの鉾や山にはそれぞれの歴史があり、
中には祗園祭が起こる前から伝わるという調度を誇るものもあり、
さすがにそこまでゆくと、諸説があって由来が確定できないものも多いのです。
それでも鉾町という狭い範囲の町会で数々の戦乱を乗り越えて守ったもの、
一つひとつの宝物を各々の家庭で保管し、この日に組み立ててご披露する、
それだけに、伝統と受け継ぐ責任感、思い入れが深いのでしょうね。
2014/07/24(木) 08:22:27 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私はこの鉾の復活を新聞で読みましたが、大企業協賛でなく町衆の力で復活させたのだとか。
当然巡行中の写真も見せてくれるのでしょうね(笑)期待していまっせ!!
2014/07/24(木) 08:28:39 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
kanさん、動く美術館とも言われる山や鉾を年に一度披露できる祗園祭は、
葵祭や時代祭とは違う小さな町会の晴れ舞台ですから、力の入れようも半端ありません。
150年かかって復活なったこの大船鉾も、50年100年かけてより絢爛豪華になるでしょう。
毎年祗園祭を見ていますと、時間の流れが別世界に感じられます。
2014/07/24(木) 08:28:57 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
foresterさん、お上とは無関係に小さな町会がこつこつと復活を期して準備、
気がつけば150年かかってしまったというところでしょうか。気の長い話です。
今日は昨日以上に朝から暑く、カンカン照り、既に30℃を超えました。
あと1時間で巡行が始まりますが、さすがに見に行く気力は失せました・泪
押し合いへし合いで人の頭越しに眺めるより、TV鑑賞の方が・・・・滝汗
2014/07/24(木) 08:34:40 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
実は、9時半頃からさっきまで、Ustreamのライブで後祭巡行を見物していました。
最後の大船鉾は慣れないせいか右に寄ったり左に寄ったりで、予定時間を大幅にオーバー、
河原町御池の辻廻しにも時間がかかり、河原町通へ曲がりきり、下がり始めた頃には、
本来なら河原町通の辻廻しが終わって四条通に入っているはずの時刻になっていました。
この投稿時刻には、後祭巡行が終了しているはずですが、河原町四条の辻廻しはこれからです。
もう、ハラハラどきどきの中継鑑賞でありましたが、大船鉾の勇姿に感動しました。
広い通りで全体を眺めると、その独特の見事な姿に、嬉しさがこみ上げてきましたよ。
2014/07/24(木) 11:19:25 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.