一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
MYCODE
MYCODE#0


MYCODE は、DeNAライフサイエンスが一般消費者向け遺伝子検査サービスとして提供するもので、
8月12日から一般提供を開始しました。 購入したパッケージの検査キットに唾液を採取して郵送すると、
2~3週間で検査結果が出るという遺伝子検査の仕組みです。

Max で基本体質130項目以上、疾患リスク要素で150項目以上の傾向がレポートされ、
自分が 『一般的日本人の平均的傾向』 と比較してどのような違いがあるのかが報告されます。

理系人間の私は、このような分析技術にとても興味がありますので、
早速自分が実験台になって試してみました。 誰に迷惑かかるでもなし・・・・笑

サービス開始当日の8月12日に入手しまして、早速唾液を採取して送りますと、
アプローチが早かったからでしょうか、19日に検査開始、23日には結果が出てレポートが通知されました。

MYCODE#1


興味津々で眺めてみますと、、、、
いやはや項目が多すぎて、ざっと全体を見渡すだけで1週間以上かかってしまいました ・・・暇ですねぇ・汗


まずは 「体質」
MYCODE#2

ちょいと気になる項目をピックアップしてみましたら、、、
『%』 は、日本人の中で私と同系の遺伝子型を持つ人の割合です。
MYCODE#3
MYCODE#4
MYCODE#5
MYCODE#6
MYCODE#7
MYCODE#8
MYCODE#9
MYCODE#10

これらの項目ってね、ほぼレポート内容と事実が一致するんですよねぇ。
人の体質って遺伝で伝わるものなんですね。

こんなことまで分かるの?
ま、後天的に特異なことなく過ごせば、可能性が高いということでしょうが。
MYCODE#11


次に 「疾患リスク」
MYCODE#12

疾患リスクが低いものと高いものを、それぞれ一部ピックアップしてみました。
『人数』 はレポート発行時点で通院・入院している日本の患者数です。
MYCODE#13

MYCODE#14

子細に眺めてみると、各々自分が経験したこと、感覚的に感じている傾向とほぼ合致していました。
もちろん、経験の無い初見で何とも言えないものや、『違うぞ』 と感じるものもありますが、
それは後天的な要素によるものなのでしょう。

特にウィルスによる感染や、事件事故による不慮の事態などでこの確率から外れることは十分考えられます。


個々の検査項目については、それぞれにその根拠が示されています。

MYCODE#15

MYCODE#16

事例信頼度が高い項目については、発症可能性確率も表示されます
MYCODE#17

リスクの高い項目こそ、目を背けずに対峙したいですね
MYCODE#18

私は観念的な運命論とか占いの類いは全く信用していないのですが、
このデータは結構面白く読み込むことができました。
遺伝要素と環境要素の影響度合いが的確に判断できれば、
なかなか有用な自分資料として活用できそうです。

MYCODE#19


『あたるも八卦、あたらぬも八卦』 といった情緒的な判断ではなく、
自分の生活を律するツールとして、活用したいと思います。
なんたって、“お一人様” の終活をそろそろやらんといかん時期に来てますからねぇ・苦笑




関連記事
コメント
この記事へのコメント
遺伝的形質は論理性がありますね。疾病の家族の
共通性は経験していますし。
そぞろ先が寂しい歳になったから気になる、で
もありますか。
2014/08/28(木) 12:38:12 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、うちの一族に癌と卒中と糖尿は少ないとか、高血圧が多いとか、
いろいろ言われる一族伝説にも一理あるということでしょうか。
この解析はなかなか面白く、興味深く読ませてもらいました。
決定的な因果関係ではなく、相関関係のある事項として読めば、納得できます。
年齢的にも、縁者の件も含め、そろそろ終活を意識しないとね・笑
2014/08/28(木) 14:56:18 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
 気になってはいましたが、こういうことまで
わかっちゃうんですね・・一度受けてみようかな?
です。通院しているから、結果そのものかもしれませんが・・汗
2014/08/28(木) 22:13:52 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、これはね、やってみて良かったと思ってますよ。
あん時のぎっくり腰とそれからの腰痛は、あん時の胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、
あん時の心臓期外収縮不整脈は、みんな、それが出てくるのは弱いところ、
直接はストレスや過労起因としても、症状が出そうなところが見えてきます。
すでに既往症になっていても、「何でこんなことに」 と思っていたことが結構腑に落ちてくれます。
アラカンになって、全体に弱ってきていますから、これからの自分の身体とのつきあいで
どこに気をつけていかないといけないかが見えやすくなったと感じています。
予めウィークポイントを知って、予防線を張っておくのも大切かな、と思いますよ。
周りに迷惑かけず、ピンピンコロリのためにも、養生せんといかんですからね・笑

弟の嫁もその嫁の母親も、50代のときに脳出血で逝っています。
共通事項はO型で女の血縁継承、姪っ子のことが気に掛かり、注意するようにしています。
この検査項目にも脳血管の項目があり、予め検査や手当ができる目処が立つかも知れません。

検査対象項目はHPで紹介されていますので、検討する価値はあると思います。
ただ、全てがネガティブ思考になりやすい人には、向いてないかも知れませんが。
2014/08/28(木) 22:34:24 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
検査は否定しないのですがそのデータが民間に残ることに不安を感じます。
公的機関でも情報が漏れる時代ですからねぇ。
まぁ検査費用を見たら、こりゃぁ中古のレンズを買った方がいいな!(笑)
2014/08/29(金) 20:20:21 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、セキュリティ管理に関しては民も官も大差なく、
ひょっとしたら官の方が漏洩した場合の影響度が大きい分危険かも知れませんね。
情報管理は置いといて、検査を受けてみるかどうかはその人の好き好きです。
予防接種を受ければ伝染病予防にはなるが、副作用のリスクも背負う、
保険を掛ければイザの時のリスクヘッジはできるが、掛け捨てのリスクも負う、
どちらにより価値を見出すかという判断ですね。
2014/08/29(金) 22:30:32 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ある意味面白いですね。
客観的に見て、神経質にならず対応するなら
自分を把握するにはとても良いですね。
2014/08/30(土) 17:35:37 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、こういうレポートは眉間にしわ寄せて読むもんじゃないですね。
片手にコーヒーカップでも持ちながら、ゆったりとした気分で読み解くべきでしょう。
情緒的にパニックを起こしやすい人には、お薦めできませんな。
分析的に自分を客観視できるなら、すこぶる価値があると思いますよ。
2014/08/30(土) 19:11:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.