一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
市バス
外出時にちょいちょい利用させていたいている大阪医科大学構内の憩いの広場ですが、
最近、日に何度か時折小型の市バスが駐まっているのが気になっていました。
実は阪急の駅がすぐそばなので、前の道を市バスは走るものの、医大前にバス停はありません。
構内に乗り入れているし、チャーターバスかなぁ、と思っていましたが、
広場に行った時にはいつもおらず、その存在が気になっていました。

ある雨の日、偶然バスがいるのに出会いました。
どうやらこの場所で待機しているようです。

市バス#1

見た感じ、貸切でもなく定期的に通ってきているようです。
ということは路線バスなのかなぁ・・・・

市バス#2

近寄ってバスを眺めてみますと、行き先表示が 『医大病院ーJR高槻駅』 になっていました。
ということは、こことJRの高槻駅を定期的に結んでいるようです。

その後、買い物に行った帰りにここに戻った時にはもうおりませんでした。
実はこのバスは市バスの時刻表にも路線図にも載っていないのです。
医大の職員や学生、あるいは患者のために運転されてるのでしょうか。
まだ、私の中では不思議のままで残っています。


KODAK EasyShare V570


関連記事

テーマ:地元写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
循環バスの在り方も変わってきましたね
千歳市では、マイクロバスの循環型が増えています。
走る路線と時間帯で使い分けているようですね。
必ずしも大きなバスが必要でない場合は、合理的で良いでしょうね。
2014/09/02(火) 17:53:42 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、市バスも小型車の導入が進み、幹線のみならず、
増発も行われ、支線の枝分かれも増えて便利になりました。
病院通いに利用する幹線でも、大型と小型が半々くらいになってきています。
ただ、幹線部では通常適度な客数でも、急な混雑に小型が来ると、辛いです。
小型ではピーク時のキャパに限界がありますので、配車の腕が問われそうです。
2014/09/02(火) 18:46:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
高槻の市バスは緑ナンバーですね!こちらの市バスは白ナンバーです。
有償とボディに書いてある特例バスですが満員を見たことがありません。
2014/09/02(火) 20:04:19 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、白ナンバーということは、建前上営業路線バスではないですね。
期間限定のチャーター便運行ということでしょうか、結構な綱渡りですなぁ。
ま、経費節減を極めないと成り立たないし、国交省も実質黙認ですか。
2014/09/02(火) 20:18:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
高槻は都会なのでいろいろサービスがあるのでしょう。
こちらではそういうものは聞きません。あっても単発
です。
2014/09/02(火) 21:51:14 | URL | kan on mobile #EBUSheBA[ 編集]
仙台市営バスも白沢出張初、七北田営業所をJRバスに移管して、車両は市営バス、運転手の制服は市営バスと同じですが、運転手はJRバスの社員で、襟のバッチはJRになっています・・・滝汗
2014/09/02(火) 22:13:05 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kanさん、高槻は基礎人口が多いので、私が病院通いに使う幹線では、
朝のピークには1時間に10本以上、昼間でも6本走っています。
バスの保有台数も多いので、間合い利用もやりやすいのでしょう。
2014/09/02(火) 22:29:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、こちらでも通勤圏の周辺部の郊外路線は四苦八苦しています。
単独路線を切り離して小規模事業にして自治体が補助金を出したり、
更に経営体だけにスリム化して、車体と乗務員をバス事業者に委託したり、
ちょっとしたことでも障害があれば即廃止が見えそうな状況ですよ。
2014/09/02(火) 22:35:07 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.