一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
緑地公園駅で
 
緑地公園駅で#1


服部緑地公園を訪れての帰路、
薄暮の北急緑地公園駅で電車を待っていますと、大阪市交御堂筋線の乗り入れ車、10系車両が入ってきました。
北大阪急行と市交地下鉄御堂筋線は江坂駅で接続して、ほとんどの列車がスルーで乗り入れしています。
車両も市交の方が数的に圧倒、感覚的には地下鉄御堂筋線の一部となっています。

北急はかつてその運賃の安さ日本一を誇っていましたが、今でもそうなのかなぁ・・・・
消費税8%アップ後の現在でも初乗り区間は大人90円、ここから千里中央でも110円です。

やってきた10系電車は、1970年代にサイリスタチョッパ制御、アルミ軽量車体で華々しくデビュー、
それまでの車両を駆逐して勢力を伸ばし、地下鉄御堂筋線に君臨してきました。
しかし、優に30年を超える車齢に加え、アルミ外装の汚れも目立ち、メンテ費用も嵩んでいます。
車両も1980年代後半にはVVVFインバータ制御の20系車両が登場し、
当初はアルミ車体、後にステンレス車体で外装強化し、汚損耐性も向上して10系の牙城に食い込みました。
そして2011年には地下鉄の新標準量産車3000系が登場し、将来の稼働ホームドア対策が採られるなど、
その致命的とも言える性能差で世代交代が静々と進んできました。

10系は10A系への更新延命工事を受けてきたものの、数年前から新型車投入に伴う廃車も始まっており、
そろそろ消滅のカウントダウンが始まってきたようです。
最近は電車に乗る機会も減ってきましたが、乗る機械があったら慈しんで乗ってやろうと思います・笑

ちなみに、背後に写っている対向列車は中百舌鳥行きの20系(御堂筋線専用21系)電車で、
10両編成の中間に1両挟まっている女性専用車両のほとんどは、派手にラッピングされています。


PENTAX K-3 / smc PENTAX 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR


関連記事

テーマ:公園散歩 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
うーん、そこそこ新しい電車と感じますが、元の
比較が数十年前の記憶だから、これでも古いので
しょうね。機構の説明は原理がわからないから
全くわかりません・笑
2014/10/03(金) 13:08:57 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、都会地の通勤電車は酷使の極み、走行区間の割には走行距離が嵩み、
定員オーバーの客を乗せて加重負担も大きいとなれば、30年盛られ場網ボロボロです。
首都圏なんかでは電車は消耗品、10年経ったら旧車、20年経たずに廃車になります。
西日本のJRでは、首都圏で廃車になるようなのをもらってきて、丁寧に補修更新し、
きれいにして大事に使わせて戴いています・笑
首都圏は今も変わらず大量生産大量消費で突っ走ってますね。
2014/10/03(金) 13:57:16 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
旧車を大事に使いましょうというのはナンセンスなのかもしれません。

7末で廃車のはずの711系が現役で走っていたのにはびっくりしました。
721系が足りなくて昼間の少客対策かな?
2014/10/03(金) 18:57:48 | URL | forester #-[ 編集]
foresterさん、首都圏の早期廃車は運転効率の面から仕切られています。
性能を揃えないと短時間で高速大量輸送に支障が出ますので、
まだ使える旧車をあえて早期に廃車しているのです。
まだまだ使えますので、JR西やインドネシアではありがたく頂戴しています。
2014/10/03(金) 19:32:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
電車のことは分かりませんが
なかなかシンプルで
素敵な車両ですね。
2014/10/03(金) 20:13:43 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、通勤電車は最低限の快適さを確保した上で、
乗車効率、低コスト、高信頼性、高保全性を徹底的に追求します。
どうしてもシンプル・イズ・ベストの追求になってしまいますね。
究極の機能美だと感じていますよ。
2014/10/03(金) 20:30:16 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.