一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201909 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201911
ミシン
我家には長い間、何十年もミシンがありませんでした。
元々祖母や母親が使っていた古い古い足踏みミシンがあったのですが、
現在地に引っ越した時に嵩張るし、使わないし、ベルトも切れてるし、ということで処分してからずっとです。
針仕事はきちんとやってくれていたのですが、元々目が悪く裁縫が苦手だったので、これは仕方ないですね。

ところが最近のある日、突然我家に電動ミシンがやってきました。
五十何年ぶりで・・・・
ミシン#1

きっかけは、気に入っていた麻のアウターシャツ2着がほつれたり、かぎ裂きしたり、
ミャンマー製だからとかいうことではなく、コストダウンのために生地を徹底的に節約、
縫い目に折り返しなどなくて突き合わせ縫いなので、着続けて洗濯回数が増えると自然に・・・・

ならば代わりを買おうかと思ったのですが、このテの品物の常で廃番のため再入荷の見込みなし、
仕方ないから修理して使うかなぁ、と1箇所のほつれを手縫いでやったのですが、イヤハヤ手が掛かる。
あちこちのほつれに対処せんならんのに、素人の遅い手では気が遠くなる作業です。

そんな時に、他のものを物色していて何気なく見ていたインターネットサイトに特価のこれを偶然見つけたのです。
消費税・送料込みで4980円の特価、しかもミシン糸32色付き、更に下糸付のボビン28個までついてくる!
実は到着してから分かったのですが、このミシン糸、景品用にそれぞれ約15mだけ巻いたものだったのですが、
当座使いにはこれで十分、ボビンも空ボビンを後で追加して買うこと考えたら、とてもお得なのでした。

この値段はシャツ2着分とほぼ一緒、これがあれば元は取れるし、この先も使える・・・・
これだ!  直感でニーズと結びついてしまいました。

到着して確認したら、当然ですがお子様や初心者向けの軽作業用、厳密な縫製には対応できません。
ミシン初体験ですが、試運転で使ってみると、本気で裁縫をするわけでなし、これで十分実用になります。
素人で初めての作業ですので、縫い目が狙いの場所に真っ直ぐ走りませんが、まぁそのうち慣れるやろ・笑

ホントは元の生地を折り返して重ね、合わせ縫いしたかったのですが、全体寸法とシルエットが破綻するので断念。
・・・で、百円ショップで端布セットを買ってきて、弱いところの裏に当て布をして縫い合わせることにしました。

さて、糸色は生地に合わせて、と上糸を探しますと、何とぴったりのが見つかりました。 ラッキ~~ (*^^)v
さてこの色の下糸をと探しましたが、ガァ~ン、同色のボビン巻きの下糸がないよぉ。
アレレと全部確認したら、上糸と下糸がセットなのは9色だけで、他は組み合わせ無関係の別色でした・泪
ま、無料のおまけだし仕方ないわなぁと諦めて、ミシン付属の空ボビンに上糸からウィーンと糸を巻いて作業しました。

さぁ、仕上がりはどうでしょか。
よぉく見ると、縫い目がくねってるし、途切れもあるし、素人丸出しではありますが、
厳密に糸の色あわせをしているのが奏功し、”1m離れる”とアラは見えません・汗
ん~ん、初めてにしては上出来上出来と自己満属できるできあがりでありました。

裏地強化しているので、何も気にせずに着歩ける状態になって、満足しています。
一度洗濯しましたが、洗濯後に縫い目に問題は出ませんでした。
本格ミシン先輩のくみちょ~さんの仕上がりには足下にも及びませんが、我家にはこれで十分です。
これからの出番は余録みたいなもの、期待できますよん。  (*^^)v



PENTAX K-3 / SIGMA AF 28-300mm F3.5-6.3 MACRO


関連記事
コメント
この記事へのコメント
正にMADAMになってる!!(笑)
我家にも電動ミシンがあったはず?女房に聞いたら廃棄処分だと!(涙)
腕を磨いて自分のシャツは手作りで!
2014/10/12(日) 20:44:35 | URL | forester #-[ 編集]
foresterさん、名は体を表すのでしょうか、だんだん近づいてる気がします・泪
ミシンというものを初めて使いましたが、なかなか興味深いメカニズムですね。
どうもアタシはメカニカルなシーケンスにすぐに魅せられるようであります・笑
2014/10/12(日) 22:26:38 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
「メンテナンス」が得意なMADAMさんなら、お茶の子さいさいでしょう。それとも勝手が違いますか?
2014/10/12(日) 22:38:57 | URL | keizo-f #-[ 編集]
おぉ~
こんな値段で買えますか?
薄手の革縫えそうですか?
欲しいですね。
2014/10/12(日) 22:42:44 | URL | higemajin #-[ 編集]
keizo-fさん、カメラでもミシンでも100年超という歴史の中で洗練されたもの、
その目的機能は違っても、その研ぎ澄まされたメカニズムには思わず唾を飲みますね。
それが例え初級機の簡易機構でも、何と洗練されているんだろうと見惚れてしまいます。
それぞれのパーツもリンクも名もない匠の技の結晶、お茶の子さいさいとは・・・・笑
2014/10/12(日) 22:55:49 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
higemajinさん、これでも結構使えますよ。
試してみたら薄手の生地なら4~6枚でも余裕で重ね縫いできます。
折り返しをつけても重ね縫いで丈夫に縫い合わせができます。
厚手の生地になると4枚以上だとちょっとしんどいかなという感じです。
皮革の縫い合わせは試していませんが、厚手生地を縫った時の感覚では、
一気縫いでなく、断続的に確認しながら運針、というのがいいようです。
あと、生地送りの左右ぶれが若干アバウトなので、直線縫いには慣れが必要かな。
ネットで”ミシン SM-506”を検索すればいくらでも出てきますよ。
いいおもちゃが手に入りました・笑
2014/10/12(日) 23:05:12 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
このミシンの前にちょこんと座っているMAさまが想像できない・・・!?
2014/10/13(月) 10:22:08 | URL | daddy #stKmQ4cU[ 編集]
daddyさん、このミシン、嬉しいことに手元照明ランプのLEDがついているので、
針先の様子がよく見てとれ、近乱老の三重苦お目々のメガネのアタシにはかなり有難い。
ちょいと背を丸め、目をこらして縫っている後ろ姿は、なかなか似合っとると、思うよ・笑
昔、馴染みのカメラ屋店頭で、レンズのカビ取りをしてた私の後ろ姿と重なるのですが・泪
2014/10/13(月) 11:11:25 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
いいですねぇ~・・クラフトマンの香りがプンプンしてきそうです・・・はまっちゃうのかな?
 岸和田当たりに台風がいるようですが大丈夫ですか
2014/10/13(月) 21:05:43 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、子供用のミシンでも、メカニカルで精緻な機構を見ると、コーフンしてしまいます・笑
ついついその動きを見たくて、必要以上に動かしてしまいます。これはハマりますねぇ。 (#^.^#)

台風は丁度今頃、我家から30キロくらい南を東北東に向かって通過中です。
実は、雨も風も、申し訳ないくらいにどうってこと無いのですよ。
時折上の方で 『ゴ~~』 と言う風音が聞こえ、雨戸がガシャって鳴りますが、
これもあと1時間もすれば治まってくると思います。阪急電車は普通に走っています。
2014/10/13(月) 21:32:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
台風19号
台風19号は、20:30頃に岸和田付近で本州に上陸したようです。
進行方向からすると、我家から最近点で30Kmほど南側を走り抜けていったことになります。
我家のあたりでは、雨は梅雨時に降り込められた時程度、風はせいぜい10m程度か、
時折雨戸を風が鳴らす程度で、雨はすでに小降りになってきました。
やはりこの近辺は、台風が淀川沿いに走らない限り大阪で一番平穏な場所のようです。
ご心配頂きました皆さま、どうということはありませんでしたので、ご安心下さい。
不運にも被災されました皆さまにはお見舞い申し上げるとともに、
これから台風が来るであろう地域の皆さまは十分にお気をつけください。
もう通り過ぎたのかなぁ、、、、雨は小やみ、風が強めの北風に変わりました。
2014/10/13(月) 22:00:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なかなかまめったい(細かい事をするという方言)

案外こういう作業は楽しいですね。
2014/10/14(火) 14:15:07 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、こういうマメにこつこつとした作業を積み重ねた結果が形になると、
何やら自然に喜びの感情が湧いてくるのですよ。だから、対象が男仕事とか女仕事とか、
そんなのは全く気になりませんね。元々世間体を気にするニンゲンじゃないし・笑
2014/10/14(火) 18:13:53 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.