一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202011 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202101
ツツジ
買い物に出た時に大阪医大病院にある市民憩いの広場を覗き見しますと、
今を盛りとツツジが咲いていました。

ツツジ#1

そうそう、大体毎年GW煮合わせてツツジが咲くよなぁ、と思い出し、
近所のツツジはどうなってるのか、ちょっと見に行きました。

ここは町内のN邸の生垣で、ここも見事に咲いていました。
こちらでは、我家と違ってこまめに庭の手入れをされているので、きれいです。

ツツジ#2

折角なのでN邸から少し足を延ばし、暫くぶりに京大農場に行ってみました。
転居退出のために既に3月で閉鎖されていますので、
最低限の管理要員以外に人気はありませんが、
非常によく手入れされていて、稼働時と見た目は変わりません。

ツツジ#3

事務棟前の車寄にある植栽のツツジは毎年見事に咲くのですが、
今年はもう咲き終わって散ってしまっていました。

この植栽は日の出から日没まで日蔭になることがなく、
日中ずっと日差しに当たりますので、ツツジが咲くのが早いのです。

その建物脇にあるツツジは、まだ咲き残っていました。

ツツジ#4

この農場は、見た目変わりはないものの、
出入りする人がいないせいか、今年は特に草むして見えます。

ツツジ#5

この松ぼっくりからは新しい芽を出すことができるでしょうか。

ツツジ#6

幸運にも土に根を張り、芽を出しても、
この場所は開発でほじくり返されるから、松の木に育つことはないでしょうね。
可愛そうにね。


FUJIFILM FinePix F550EXR
Nikon Df / AF-S NIKKOR 24-120mm F4G ED VR


関連記事

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
おお!咲いてますねぇ。早咲きのツツジはこちらも咲いてますが花が淋しい。

我家は蕾がようやく膨らんできました。咲くのは来月かなぁ。

因みに松ぼっくりは芽を出しません!開いた鱗の間に羽根つきの種があります。
芽を出したら我家の庭は松だらけ!今のところその兆候はありません。(笑)
2015/05/05(火) 20:46:22 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、当地でもツツジは早いの遅いのが場所によってもかなり差があり、
場所を変えれば結構長期間楽しめますが、1箇所をずっと見ると、意外と鑑賞期間は短いですね。
松の種子が風に運ばれて羽で飛んで繁殖するのは知っていますが、それを撮るのはムリ、
・・・で、枯れた松ぼっくりで比喩してみたんですけどねぇ、、、、図鑑じゃないし・笑
2015/05/05(火) 21:30:25 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
今年はサクラもツツジも
ほとんど咲ききってしまいました。
連休明けからは、いつもの北海道の温度に戻りそうです。

 季節のバランスが悪いですね。
2015/05/05(火) 22:56:23 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、今年は季節の移りスロープが急だった気がしますね。
やたら寒い冬が長かったと思ったら、急に春になって、あれよあれよと初夏になり、
カレンダーの1ヶ月の間に雪と桜と半袖が同居、今年は春があったっけ?・笑
ツツジも、「もう咲かんとイカン」と急いだのや「まだ早い」と遅れたのや、
見た目にも季節が分からなくなってますね。
2015/05/06(水) 07:54:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ツツジも咲き終わっているのがある、こちらも
気温が高いのを感じます。季語を変えねばなら
ない時が来るのかもしれません。
2015/05/06(水) 11:23:36 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、今年のツツジは極端に咲き終わりの早いのが目立ちました。
多分、4月下旬に好天高温続きがあって、日差しを受ける量で大きく差がついたのかな。
時間帯で木陰があったり建物の蔭になるところのは、いつもどおりGWがピークとなりました。
京大農場ロータリーは大体GW前半頃、京都蹴上浄水場のはGW明けてからが例年です。
寒冷期の江戸時代に確立された季語は、見直しが必要かも知れませんね。
2015/05/06(水) 11:40:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.