一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
みな月
以前にも一度ご紹介しましたが、今年も ”みなづき” を届けてくださいました。


みな月#1


いわれなどは下の説明書を読んでいただくこととして、
律儀な京都の習わしが連綿と続いているこの大いなるマンネリが、
地元愛をくすぐって、何とも嬉しい気分になるのであります。

作った翌日には台のういろうが固くなってきますので、
当日か遅くても翌日中に食さないと美味しくありません。
・・・ということで、早速渋茶でいただきました。

みな月#2 みな月#3


筍の穂先を使った炊き込みご飯を食べて初夏を想い、
そら豆の塩茹でを摘まみ、
イカナゴのくぎ煮を噛みしめ、
シラスの釜揚げを大根おろしで食べ、
ハモの湯引きを辛子酢味噌で食べ、
そして今日のみな月をお茶請けにと、
月に何度かの機会で季節の旬ものを口にできることは、何と言う贅沢でしょう。

明日からは葛きりや葛まんじゅうが恋しくなる本格的な夏、
コンチキチンの油照りも、もうすぐですね。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


関連記事

テーマ:季節の風物 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
季節の食べ物
健康を祝ってですね

 こちらでは旬の野菜が出始めました。
 今年初めてのトウキビやメロン・トマトが
 最高に良い味を出しています。

  歳のせいもあるのでしょうか
  昔、食べなかったサヤインゲン等
  楽しみになりました。(笑)
2015/06/30(火) 19:36:43 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、大食いで有名だった私も、いつしか大盛りを頼まなくなり、最近では”メシは小”・泪
その代わり、食材の微妙な味の違いが気になる、そしておかずがチマチマっと揃うのが嬉しい、
いつの間にかそんな道楽者になってしまいました。特に旬の味には敏感になりましたね。
これもここ1年以上続くお隠り生活のなせるワザか、他に楽しみの無いストレス発散か・・・
ご近所との到来物お裾分けごっこも楽しいもんです。
2015/06/30(火) 20:05:28 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
京都には季節限定のお茶菓子が多数ありますね。
私は南部とか草加煎餅で充分ですが歯が弱くなり草加は駄目か。(涙)

先日の小説ですが内田康夫の浅見光彦シリーズです。
2015/06/30(火) 21:18:04 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、時期時期にこのような定番ものが必ず出てくるのが、
最近特に嬉しく感じるようになりました。
草加せんべいは、私も大好きですよ。
特に血圧が低いので、医者が『塩をなめれば・・・』
なんてすごいこと言うので毎日1枚食べてます・笑
田康夫の浅見光彦シリーズという小説は全く知りませんので、何とも・汗
2015/06/30(火) 22:20:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
いつの間にか七月、季節のものが涼を呼ぶという
時候になりましたね。いかにも夏らしい御菓子、
習慣が続くのはさすが京都です。
2015/07/01(水) 16:24:39 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、もう半年過ぎて、今年も折り返してしまいました。
何か最近は、特に月日の流れが速くなってる気がします・泪
春先に始まり、初夏から晩秋にかけて旬の食物が次々に・・・
季節の味を味わうのも、結構せわしなく、忙しいです・笑
2015/07/01(水) 17:25:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
先日、横浜のそごうで嫁が買ってきました。
嫁は京都で学生していたので、懐かしくなって買ったそうです。
風情を感じながら、味わいました。
2015/07/04(土) 08:20:07 | URL | keizo-f #-[ 編集]
keizo-fさん、京都で1年程度でも過ごしたことがある人には、
このような季節の菓子は、その頃を思い出してとても懐かしいようです。
みなづきは昔からあるものなので、味はほんのりした甘さ、
最近の”スイーツ”に慣れた人には無味に感じるほどのものでしょう。
台のういろうはお店によって微妙に味が違うので、
馴染んだ人にはそれぞれのご贔屓筋があるようです。
2015/07/04(土) 09:58:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.