一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
四色ご飯
 
四色ご飯#1


当地の予報では明日あたりから春本番の陽気になりそうとか。
いつも行く商店やスーパーにも、いつしか旬の食材が豊富に並んできました。
ついつい ”ご飯の友” も買い込みがちになってしまいます。

そこで、今日のご飯はこうなってしまいました。
欲張ってご飯の友を全部乗っけにしましたら、この有様です。

緑 : 京都の壬生菜漬け ・・・我家の漬物定番です
黒 : 北海道昆布と椎茸のまろやか煮 ・・・これも当地の定番ものです
茶 : 兵庫のイカナゴくぎ煮 ・・・これは春の旬定番の味です
赤 : 辛子明太子 ・・・これはいただいた到来物の貴重品、北海道白老虎杖浜のものです
ご飯は土鍋釜炊きの北海道産ユメピリカです

勿論メインディッシュも用意してありますが、この贅沢な茶碗一杯に負けそうです。
いつもご飯は一杯だけですが、一口二口残してお茶漬けにし、茶碗を洗いながらサラサラと流し込みます。
あ~、今晩も、何にも勝る夕餉でありました。


FUJIFILM FinePix F550EXR


関連記事

テーマ:旬の食材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
夕飯を食べたばかりですが、これは旨そうです。
御飯が進んでしまいますね。
2016/03/28(月) 20:17:21 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、一度このやり方を覚えると、もう止められませんね・笑
見る人によっては・・・小笠原流?・・・行儀が悪いと言われるかも・汗
しかしね、この食べ方なら、ちょっと食欲が、、、という時でもペロリと食べてしまいます。
2016/03/28(月) 21:08:09 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
夢ぴりか!ご愛用ありがとうございます!(笑)
昆布の加工は関西がナンバー1ですからね。

今日、乗り鉄をしてきました。
ローカルTVでフォトグラファーとしてチラッと登場。(笑)



2016/03/29(火) 20:02:15 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
 関西って、コンブが一番集まってくるとか・・
北前船の時代からずっと・・・いいなぁ
 甲状腺が壊れているので、あまり食べてはダメなようなのですが、塩コンブは旨いですねぇ・・笑
2016/03/29(火) 21:22:02 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
foresterさん、ゆめぴりかは小粒だけど噛み応えがあるので、母に好評なんです。
他銘柄よりお高いのが少々堪えますが、消費量が少ないから、まぁいいか・苦笑
昆布の加工は関西が一番でしょうね。 値段もピンキリですが、
ご飯のお友には結構安いのでも十分です。 それでも100gで200円くらいします。
北海道は乗り鉄しにくくなったでしょうね。 路線数激減で本数も激減、おまけにあちこちでちょん切れてるし・・・・
2016/03/29(火) 22:14:28 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、上にも書きましたが、昆布は加工品の品種も多く、目移りします・笑
北前船時代の一大集積加工地だった名残でしょうか、常に食べてる感じですね。
体にいいとは言われますが、ヨウ素分を多く含むので、食べ過ぎはイカンとか。
でも、ちょっとあればいいもので、許容量越えるほど食べることはまずありませんよ。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとし、ヨウ素取り過ぎの前に塩分過多に・・・・滝汗
2016/03/29(火) 22:20:16 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ご無沙汰しております。

 う~ん
 朝ご飯の香りが漂ってきます。(笑)
2016/03/31(木) 10:02:02 | URL | higemajin #-[ 編集]
higemajinさん、朝ご飯ですか、、、そうですね、簡単にさらさらっと。
実はこれ、アタシの晩飯なんですよ。 昔から朝はパン食なので・汗
元々胃腸がさほど強くなかったので、夕餉もあっさりしたのを好みまして、
これに煮物か炒め物が一品あれば大満足なのであります。
体力的に、気分的に、食が進まないときでも、これなら大丈夫です・笑
辛し明太子といかなごのくぎ煮は貴重品なので、毎日チビチビと楽しんでおります。
2016/03/31(木) 10:21:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.