一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201808 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201810
サザンカ
 
サザンカ#1


今朝の当地の最低気温は7.5℃、今秋一番の冷え込みでした。
空は晴れたもののほぼ全面に鱗雲という風情で、冷たい風が身に沁みます。

そんな朝に身震いしながらゴミ出しをしに勝手口から出ましたら、
我家の生垣のサザンカが沢山の蕾をつけ、何輪か花開いているのに気付きました。

この生垣はこの地に家を買った55年前に作った生垣の最後の残党、
当時からある物置と勝手口の扉の間に残ったわずか1mほどの隙間で生き延びていたもので、
そこに1株だけ残ったサザンカが植わっているのです。

これが咲き始めると、当地でも次第に晩秋から初冬の色が濃くなってきます。
そう言えば、、、庭のワビスケにも蕾がつき始めました。

今年は異常気象の連続でしたが、
梅雨時のアジサイといい、このサザンカといい、
なぜか花の付き方が例年以上に良いようです。


サザンカ#2


FUJIFILM FinPix F550EXR


関連記事

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
山茶花は冬の始まりを教えてくれる花ですね。

こちらは白いものがチラチラ、明日は積もるかも?
2016/10/31(月) 20:29:47 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、当地でもやっと冬の気配がチラホラと見え隠れしてきました。
今年は特に残暑が厳しく長かったので、一気に秋を走り抜けているという感じです。
昨日か一昨日に木枯らし1号も記録しましたので、いよいよ冬の備えをせんとイカンですね。
この冬には雪が降るかなぁ・・・・
2016/10/31(月) 21:04:48 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
♪サザンカ♪サザンカ♪咲いた道
♪焚き火だ♪焚き火だ♪落ち葉焚き
という童謡がありましたが、最近は焚き火をしても通報される世知辛い世の中となりましたなぁ。
2016/11/01(火) 10:19:49 | URL | HARIKYU #KULPigg6[ 編集]
HARIKYUさん、懐かしの童謡がつい口をついて出てきますね  ♪♪♪♪♪
実体験でその光景が思い浮かぶ我らですが、今の子たちにその光景は浮かぶのかなぁ・・・
今では焚火なんてもってのほか、燃やせば当てつけみたいにパトカーと消防車が来る。
枯葉は集めて所定日にゴミ出ししないといけないけど、量が多いと有料になるしねぇ。
何とも情緒のない世の中になったものです。
2016/11/01(火) 11:17:38 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
私のイメージではさざんかは赤なんですが、白もいいですね。
2016/11/01(火) 22:27:02 | URL | おとにゃん #WOq6nlhY[ 編集]
サザンカ、大きな花で見応えありますね。
うちにも、かつてありましたが家の建て替えで
植裁も処分、いまになってみれば花の咲く木を
残しても良かったかなぁ
2016/11/02(水) 00:09:39 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
おとにゃんさん、サザンカの真っ白、真っ赤というのは園芸種で、
野生種は白い花弁にまだらのピンクらしいですよ。
近所のお宅でも赤いのや白いのが植わっているのを見かけます。
野生のサザンカは、、、、見たことないですねぇ・笑
2016/11/02(水) 07:23:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、我が家でも建てた当時には道路に面した2面が生垣で、
そこにはツツジとサザンカが交互に植わっていました。
建て替え当時に通路確保のために1面がフェンスに変わり、
もう1面が私が居ない間に植木屋の口車に乗ってヤマザキとやらに変わりました。
辛うじて、、、というか忘れられて生き残ったのがこの1本なんです。
先日庭に手を入れてジャングル状態の庭木を整理したとき、
敢えて花の咲く低木だけを残しておくようにしましたので、
見通しが良くなり、季節も感じられ、見た目も大分すっきりしました。
歳を食ってくると、すぐに茂ってしまう高木は手に負えませんよ・泪
2016/11/02(水) 07:31:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.