一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201805 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201807
神木
 
神木#1


かなりの樹齢と思われますが、
特に謂われ書きとかいったものはありませんでした。
広い境内にポツンとありました。

ご神木なんでしょうね、、、多分
何やら結界を張っているように感じ、触るのは止めときました。


PENTAX Q7 / PENTAX-02 STANDARD ZOOM smc PENTAX 5mm~15mm(23.0mm~69.0mm) F2.8~F4.5 ED AL


関連記事

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
一神教の西欧の人たちからすれば、先進国でありながら多神教でアミニズムの要素が残る日本は「?」となるのかもしれませんが、結局は自然の摂理を敬うという素晴らしい文化の一面なんだと思います。
2017/03/06(月) 12:11:39 | URL | keizo-f #-[ 編集]
自然物に神宿る、ですね。日本人としては違和感
はありません。素直に神聖を感じたのでしょう。
2017/03/06(月) 13:52:37 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
keizo-fさん、確かにアニミズムの精神世界を感じる日本は、絶対神を信奉する人から見れば異様に感じるでしょうね。
実は私、万物に神が宿り、それを怖れ敬う世界を、心地よく感じるのでありますよ。
自然の摂理を受けえ入れ、それと協調して生きてゆくというのが平穏のもとかなぁ、と感じるのですけどね。
絶対神に服従し、その支配から逃れられないという思想は、とても窮屈に感じてしまうのです。
2017/03/06(月) 14:07:07 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、身の回りの万物に神が宿り、その中で生きてゆく世界には、安心を感じますよね。
たまに神の疳の虫に触り、怒りを買うこともありますが、それで畏敬の心を再確認する、
それが我らの社会の基本姿勢なのかなぁ、と思うのですけど、理屈ではなく感覚ですね。
2017/03/06(月) 14:13:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
神社・寺院に古木は古い所ほど残ってますね。
ご神木・神馬など万物に神宿る信仰が日本人の精神ですね。

触って永く生きてきた一部を頂くのは許されるかと。
根元を踏みつけてはいけませんから無理かもね。
2017/03/06(月) 17:58:47 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、大抵の古刹には樹齢数百年単位の古木がご神木として祀られてますね。
神社に来ると、万物に神宿るというのを漠然とではありますが実感できるんですよ。
数百年も屹立している古木はしっかりと根を張ってますから、根を踏まずに近寄るのはムリ・笑
ここは天神さんですので、ご神木の代わりにウシの石像を撫でさせていただきました。
2017/03/06(月) 18:14:42 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
女陰のシンボルとしてのご神木で崇められたのでしょう。
たしかにあそこは神秘的ですから。(笑)
2017/03/13(月) 16:15:13 | URL | harikyu #KULPigg6[ 編集]
harikyuさん、そう言えば昔から女神男神に見立てた神物はよく見られますね。
神秘という言葉があるように『秘』に神的なモノを感じるのが人のサガでしょうかね。
2017/03/13(月) 16:31:32 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.