一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201805 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201807
京雛
 
京雛#1


最近ではそんなに大きな話題にならないようになっていますが、
3月3日の桃の節句が近づいてきますと、雛飾りをチラホラと見かけるようになってきました。
近年の住宅狭小化、核家族化、少子化の流れの中、
自宅で雛飾りを設えて祝うということも少なくなってるのでしょう。

元々私んとこでは女の子に縁がなく、
ヒトサマのところで見かけるのみではありましたが、
それでも見かけますと、季節を感じるのであります。

さて、雛飾りも京風と関東風があるとか、
さほど気にしたことはなかったのですが、
近年違和感を覚える雛飾りを多く見かけるようになりました。

最上段の内裏雛ですが、男雛が向かって右、女雛が向かって左、
これが当然と思っていたのに、左右が逆のをよく見かけます。
内裏雛だけをコンパクトに飾るようになって、余計に気になるのかもしれません。

また、総飾りでは下の方に並んでいるおっさん三人の気配が違っています。
今回見かけたのは馴染みのあるそれぞれが掃除道具を持っている姿ですが、
内裏雛の左右逆になっているセットでは和傘などのお出かけ道具を持っているようです。

他にも細かい違いがあるようですが、よく分かりません。
今回、昔ながらの見慣れた雛飾りを見かけ、改めて季節の風物詩を楽しみました。
バレンタインだ、ハロウィーンだ、と浮かれるのも一興でしょうが、
節句で季節を感じるのも忘れないようにしたいものです。
・・・ホントは旧暦に従って味わうと、季節をより実感できるのですが。

ちょうど今日、春一番が当地でも吹き荒れたとニュースで伝えていました。
いよいよ春本番のようです。


FUJIFILM FinPix F550EXR


関連記事

テーマ:お雛様 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
京風と関東風なのですね。お内裏さまは、右・左?
と疑問にはおもっていました。
 そういえば北前船で運ばれた旧家のおひなさまは、京風だったような
2018/03/03(土) 00:59:22 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、京雛は良くも悪くも上流階級の贅沢でしたから、
北前船で通じている一部の地域の一部の階級の間だけに広まったみたいですね。
お内裏様は天皇皇后両陛下をシンボライズしたもので、総飾りはその取り巻き社会、
なので、内裏雛の並びは天皇皇后両陛下の並びに従っています。
確か昭和天皇からだと思いますが、西洋風に天皇が向かって左にお座りになるようになり、
ちょうどその頃、一般庶民にも少しゆとりができてきて『家でも雛飾りを・・・』
そこで東京を中心に広まったのが関東雛、男雛が左に座するスタイルだと言われています。
天皇と左大臣が同じ側にある方が、格としては落ち着くと私は感じるのですが。
2018/03/03(土) 08:03:52 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.