一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201906 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 201908
今年の一皿
先週、TVのニュース番組を流し見していた時に、
今年の一皿”サバ”に決まりました」 との音声に、つい画面を見てしまいました。

「今年の一皿」は、日本の食文化を記録に残し、継承するためにぐるなび総研の主催によって選定されるもので、
主にネットで投稿・検索された食材や料理から、今年一番話題になったものを選ぶということのようです。
ここ5年ほどのイベントと歴史的には浅く、かつては ”ジビエ料理” や ”パクチー” なんてのが選定されています。

そう言えば、去年あたりからサバ缶人気が急上昇してブームの様相を呈していましたね。
ちょうど我家でも、いただき物のサバの猟師煮を美味しくいただいていたところでした・笑

今年の一皿#1

実は私、子供の頃はサバが大の苦手で、学校を卒業する頃までは殆ど口にしませんでした。
と言うのも、サバは食べるとあたりを繰り返し、口周りや手足に痒い発疹が出たからです。
当時はなかなか新鮮な魚が手に入らず、焼いても煮ても脂が臭うなと感じたらダメでした。

近年は流通環境が劇的に改善し、臭うこともあたることも全くなくなってきて、
バッテラや刺身に留まらず、いろんな調理したものも美味しくいただいております。

12月に入り、『今年の十大××』 というランキング話題を頻繁に聞くようになりました。
マンネリ企画を飽きもせず垂れ流すマスコミの安直さに辟易もしますが、
今年はそれに輪を掛けて 『平成最後の』 という冠を付けて煽っているので、
喧噪は過熱気味、聞き流すことが難しいほど耳に絡みついてくるのです。


SONY NEX-6 / E 30mm F3.5 MACRO


関連記事

テーマ:食べ物 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
私もサバが食べられるようになったのは、酒を飲むようになってからで、子供の頃のサバは、あたりそうで・・汗。でも、一人暮らし始めた頃は、サバ缶が第一級の食料になりました・・笑。
 最近では、サバ缶ブームで缶詰も品薄で、エゴマ油も品切れ、TVの影響は恐ろしいです
2018/12/09(日) 22:54:01 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、我らのようにそこそこの年齢の者には、”子供の頃はサバが苦手”という人が多いですね。
イワシ、サバ、サンマは足の速い魚の3大巨頭、昔は鮮度維持が大変でした。
ウチのお婆ちゃんは山里出身でしたので、『子供に生魚は食べさせん』 を信条にしていました。
なので私はいまだに、寿司屋で子供に生の握りを食わせている親に違和感を覚えるのですよ。

最近、ブームになったらスーパーの棚から商品がごっそりなくなりますね。
無くてもさほど困りはしない、とは思うものの、つい 「なんでや?!」 と言ってしまいます・笑
2018/12/10(月) 08:01:42 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
福岡にいたころはゴマサバという、いわゆる「ヅケ」が大好物でしたが、魚が新鮮なのと魚屋さんのウデがあったから食べれたのでしょうね。実家に帰った時に母に頼むも「ゴマサバ用のサバを出してくれる店は、もう近所にはないとよ」と言われてしまいます。確かに周りに「魚屋」がないんですね。もうスーパーばっかり。
2018/12/10(月) 08:19:43 | URL | keizo-f #-[ 編集]
keizo-fさん、私の幼い頃、産まれたのは岸和田市ですが山手地区、当時は浜とは全く違う土地柄でした。
そして学齢前に暫く過ごしたのは滋賀県の安曇川上流、海の魚とはまるで縁のない環境でした。
ヅケとか塩締めとか干物とかなれ寿司などは、昔の人の日持ちさせる知恵なんでしょうね。
当地ではまだ商店街の魚屋さんが残っていますが、店頭に並ぶ魚の産地は地元に限りません。
海外産の解凍ものも結構並んでしますので、スーパーとさほど変わらないのですよ。
時折旬のピークで本場物の鮮魚、ふぐやハモが並びますので、それを見つければ狙い目・笑
2018/12/10(月) 08:38:36 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
しばしPCの交換で出られませんでした。

こういう電話は不愉快ですね。何かを騙ったのかそれとも単なる間違いか、いずれにせよ
わけがわからないこちらは混乱かつ不愉快・・・
顔が見えないというのはこういう問題もありますね。
2018/12/18(火) 12:13:59 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.