一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
加太の町1
暫く季節ものなどで寄り道していましたので、加太漁港の散歩が中断していました。
港はご紹介しましたので、今回は町撮りその1をお届けします。

加太の町は昭和40年頃を境に町の姿としては時計が止まったような感じを受けました。
表の道も裏路地も建物も商店もその頃の風情が非常に良く残っていました。
今日はその表通り、細いけど良く人が通るような通りを歩いてみます。
南海電車の加太駅から港へと私が辿ったルートです。

なかなか立派な小学校がありましたが、この注意看板は何年経っているのでしょう。
町並みや出会った人々から想像するに、相当に過疎化と少子高齢化が進んでいると思われます。
(1) 加太の町1#1

分かれ道には道標が建っています。さて、左に行くとどこへ? 読めんよぉ
加太小学校の生徒さんが町のために看板を作っていました。
(2) 加太の町1#2

分かれ道に来たら、また道標がありました。
今度は左に行くと和歌山へ行くようです。右だとまたまた読めないところへ行くようです。
(3) 加太の町1#3

暫く歩いていますと表通りから一筋入ったところにお風呂屋さんがありました。
ここは比較的新しく建てられたみたいですね。お客さんもちゃんと来てくれているのでしょう。
(4) 加太の町1#4

この通りは昔からのメインストリートでしょうか、古い商店が多くありました。
これはパン屋さんですねぇ。
(5) 加太の町1#5

こちらは化粧品も扱う薬局、カネボウのままでいいのかなぁ、クラシエとか何とかに変わりましたよね。
(6) 加太の町1#6

ここも元は何かご商売を、、、駄菓子屋さんかな。ガチャポンがありました。
(7) 加太の町1#7

こちらは本屋さんですね。実に懐かしい佇まいです。
私が小学校に入った頃、三年生あたりまではこんな本屋さんに教科書を買いに行きました。
(8) 加太の町1#8

こちらは既に看板を下ろした豆腐屋さんの横にあった古井戸です。
元々は店の中にあったんでしょう、曲がり角の道路を広げたときに外に押し出されたように見えました。
ここは紀伊山脈が海辺まで迫っているので、いい水が出るんです。
(9) 加太の町1#9

このあたりで一服とスーパー風に家庭雑貨と食料品を扱ってる店がありましたので、
そこに入ってみましたら小学5年生くらいの素朴な女の子が一人で店番をしていました。
そこで菓子パンを2個買ったら「おおきにぃ」ときちんと挨拶して見送ってくれました。
店の外の自販機で缶コーヒーを買い、気分良く近所の神社で昼飯代わりに腹に収めました。

そろそろ港というところまで来ましたら、ありましたねぇ釣具店、
引戸んとこの貼紙には「船の予約できます」「お弁当用意できます」とありました。
常連は電話1本で一切合切面倒みてくれるようです。
(10) 加太の町1#10

PENTAX MZ-S / smc PENTAX-FAJ 18-35mm F4-5.6 AL / FUJICHROME TREBI 100C
FUJIFILM NATURA CLASSICA / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 28-56mm F2.8-5.4
          / KODAK 400TX ND-76 1:1 24℃ 7.5分

関連記事

テーマ:街の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
加太の町並み,佇まいを拝見し、妙に懐かしく感じました。『遠くへ行きたい』の気分です。人は写っていないですが都会とは別個の生活感がありますね。こういう景観はなるべく長く残って欲しいと思いました。
あと篠山紀信氏の『家』という写真展を思い出しました。
2008/04/02(水) 21:28:58 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
総長が読めない!出し抜こうと拡大してみましたが惨敗!。
この道標、昔のままなんでしょうか?気になりますね。
昔、四日市で見た道標は江戸時代ものでした、右:京都・左:伊勢。
これでいくと今の案内板味気ないですがカーナビは煩く右・左喋るしウルサイ。
2008/04/02(水) 21:49:43 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
ガチャガチャの中身は、何なのかな??
結構古そうですが・・
こういう懐かしさが残るところは、歩いていても楽しいですね。
2008/04/02(水) 22:17:53 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
maimaiさん、「遠くに行きたい」と来てみたら遠くに来た気分ですね、ここは。
私はクセで人は入れない撮り方をするのが多いのですが、この景色で時代は感じていただけるかと。
店舗のデコレーションに凝るでなく、さり気なく商売をしている奥ゆかしさがあり、気に入りました。

foresterさん、読めんでしょう、、、読めんのよぉ・涙
どう見てもこの道標は昔のままなので、古いこの辺りでは有名な地名だと思います。
和歌山の相手ができそうな地名ってのは多奈川とか深日(ふけ)なんですけど・・・・

nonakaさん、中味までは見なかったなぁ・・・
ここは歩いていると、「おっ!こんなんがある」「え?!こんなんも残っとる!」
もうタイムスリップして昔に戻ったような気分になりましたよ。
ここはもう一度ゆっくり行ってみたいなぁ、と思うところでした。
2008/04/02(水) 22:43:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なかなか鄙びた良いところですね。衰退している
から大きな変化が無いというのは皮肉ですが、
そういうところでないとなかなかこういう感じには
保たれないから困ったものです。
2008/04/02(水) 22:51:22 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、ここだけ何か時計がゆっくり進んでるんじゃないかという感じの町でした。
それでいいのか悪いのか、評価が分かれるところでしょうが、
これで普通に暮らしてゆける、という社会であって欲しいと思います。
2008/04/02(水) 23:21:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
京都では読めるのに…(笑)。
ある程度崩してあっても地名が分かっていれば、なんとなく嗚呼そうかなと思いますよね。
初めてのところじゃそれが利きません。
今後こういう鄙びたところは、どう変化していくんでしょうね。
空き屋ばかりになるのかな。
2008/04/03(木) 10:27:40 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
サムスルさん、この辺りの旧地名(昔メジャーだった地名)には疎いもので・汗
ヒントは「和歌山」にあって、この和歌山と同格に扱える地名、距離感覚の近い地名、
こういう絞込みであたってみたんですが、その地名をこの字に当てはめて読めるか、
となるとノーなんですよ。ですんで少々行き詰ってます。
この加太はプロの漁港として、遊漁船の拠点としてまだまだ活気があり、
地元の方が町をとても大切にされているように見受けられました。
県が旗を振って開発した海浜公園はイマイチでしたが、町おこしできる
可能性は高いと思います。心配なのは高齢者が若い世代と上手く交代できるか、
若い世代がどう前向きにこれを継承してゆくかにかかってくるんでしょう。
2008/04/03(木) 10:57:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
古臭くて沈澱しているような様子はありませんね。
僕の故郷も住んでいた家などは無くなりましたが
ふらりと訪ねて家のあった場所に立っていると
おばさん?おばあさんたちが近寄ってきましてね。
「もしかすると英ちゃんじゃなかですか?」
そっと声をかけて取り囲んだ女性たちは確かに
半世紀以上前の幼い幼女たちでありました。

そんな良い故郷を持っていながら、ここも故郷と呼びたくなる空気がありますね。
2008/04/04(金) 06:41:51 | URL | 610 #ENvXJ/Og[ 編集]
610さん、ここは表面的にはどこにでもある田舎の漁師町という風情ですが、
余所と何か違ってると感じるのは、諦めとか僻みとかという沈んだ空気がないからでしょうか。
いま不便なりにそこそこ暮らしていけてるよ、致命的に困ることはないよ、
別に贅沢言ってもキリないしね、普通に過ごせてるからええんとちゃいますか、
そんな温暖地の楽天的というかあくせくしない心情を感じますね。
無理なく器量に応じた暮らしが淡々とできている心地よさとでも言いましょうかね。
英ちゃんの故郷もこんな空気が流れてるんでしょうか、いいところですね。
2008/04/04(金) 08:34:53 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.