一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
ホロゴンで仁和寺
仁和寺での撮影、けったいなレンズ2個目は”あの”ホロゴンです。
モノクロ赤外にレンコン・ソフトにホロゴンに・・・・
まともに撮る気があるのかというお叱りはごもっともですが、ご愛敬ということで。

嵐電御室仁和寺駅から真北に歩いてちょっと、仁和寺のでっかい仁王門が見えてきます。
(1) ホロゴンで仁和寺#1

仁王門の前から白砂の参道を通して中門を見てみます。
この仁王門をくぐるといよいよ来たなぁ、という実感の湧く絶妙の配置です。
(2) ホロゴンで仁和寺#2

御室御所と呼ばれるミニ御所造りの宸殿の方に入ってみます。
大玄関から白書院に入りますと白砂の南庭が広がっています。
向こうに見える宸殿の前には左近の桜と右近の橘が御所同様にちゃんとあります。
(3) ホロゴンで仁和寺#3

今度は宸殿に進んで、その廊下に出ますと北庭の築山越しに五重塔が望めます。
ここはこの仁和寺でまさに絶景の場所であります。
ここで撮った赤外写真は先日ご紹介しました。
(4) ホロゴンで仁和寺#4

黒書院の前庭は伝統的な山水造りでした。
このミニ御所は日本の伝統的な庭造りを一堂に見ることができます。
(5) ホロゴンで仁和寺#5

明日はせっかくですので、仁和寺の桜をホロゴンで撮ったものをご紹介します。

CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

CONTAX G1 / Hologon 16mm F8

関連記事

テーマ:寺社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
いつも思うのですが、全体をキッチリ写しだすポイントを見つけるコツやテクを教えて欲しいです。
ここは、こうして空も入れて明るさが・・建物は、ここを押さえておかないと分からないなと思いながら撮ってみても絶対こうは、いかない・・・
いつかお会いしたら、盗みまくるぞ!と思っては、いるのですが無理だな・・爆
2008/04/16(水) 21:58:01 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、撮る時には直感だけであれこれは考えてないんですけどねぇ・汗
「ここは空が多い方が感じええなぁ」とか「水平線出しとかんとマズいなぁ」とか
「あの棟が格好ええからあれが見栄えするように」とか「ピントはここやね」とか、
それ以外はあまり見てないんで、スキャンしてから「あれぇ、こんなん写っとるわぁ」 (^^ゞ
私もnonakaさんと一緒に歩いて目の付け所盗みたいと密かに思っとりますよ。
2008/04/16(水) 22:07:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ホロゴンにフォルティア、これでもかと言う
道具立てですね。ご本人を知らなかったらどんな
濃い人かと思うでしょう・爆

日本風景を外国人が切り取った感じで、面白い
写真だと感じました。
2008/04/16(水) 22:37:43 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、ひょっとしたらアタシは濃いぃのかもしれませんなぁ・笑
どうせ遊ぶんなら徹底的にやらんと、中途半端では勿体ないです。
このフォルティアSPの青、どっかで見たようなと思ったら絵はがきの青、
絵はがき写真のつもりでやりすぎみたいな撮り方したらいいみたいです。 (*^_^*)
2008/04/16(水) 22:44:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさんの書かれてるとおり、ご本人の人となりを知らない人がこの機材見たら卒倒するでしょう。笑。我家のジャンク全ての価格よりお高いのですから(涙。
2枚目の風に揺れた幕に風情を感じます。
2008/04/17(木) 09:46:52 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、卒倒しますかねぇ・・・・・・
この幌権は京セラがCONTAXをディスコンするときに見切り放出したもの、
在庫整理で定価の1/3以下で数百本流出したのをゲットしたんです。
元箱に「M」マークが密かに刻まれていました。「モニター」の意味かな。
このレンズで実写した四つ切プリントと感想文を提出するのがノルマでした。
あの暖簾みたいな幕は標準レンズあたりで撮るのがノーマルだとは思うのですがね。
2008/04/17(木) 10:46:32 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.