一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202012 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202102
ホロゴンで桜1
仁和寺仁王門を入って参道を中門の方に進むと何本か見事な桜の大木がありました。
(1) ホロゴンで桜1#1

中門の手前にも立派な桜の一本木があります。
この中門と桜越しに五重塔を眺めるアングルも絶景であります。
(2) ホロゴンで桜1#2

中門を入りますと左側にかの有名な御室桜の桜園があるのですが、
遅咲きのためまだ蕾も堅く、残念ながらまだ鑑賞することはで来ませんでした。
その代わり花見屋台に被さる枝垂れ桜が見事な姿を見せてくれていました。
(3) ホロゴンで桜1#3

御室桜以外はちょうど見頃、臨時の休憩所も結構賑わっておりました。
(4) ホロゴンで桜1#4

これは、赤外でもご紹介した観音堂とその前の枝垂れ桜です。
(5) ホロゴンで桜1#5

北東の五重塔の裏側にある拝殿あたりまで来ますと、さすがに人影も少なくなっていました。
(6) ホロゴンで桜1#6

CONTAX G1 / Hologon T* 16mm F8 / FUJICHROME FORTIA SP (ISO 64)

関連記事

テーマ: - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
16mmでこの大きさですから実物は巨大ですね。
昨夜の話ですがコンタックスマウントの21mmが定価より高い値段で売れた!というのを知ってますから。
このレンズは固定絞りなんですね!勉強しました。
2008/04/17(木) 20:53:07 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
毎晩、Mさんの作品で花見が出来て焼酎が美味いです・・笑
4は、さすがにお見事ですね~!
2008/04/17(木) 21:10:16 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
foresterさん、このレンズはセンターNDフィルター、ファインダー、セットケース、
揃いの備品なら12~3万以上は軽くしますね。モニター価格の倍で売っとるやないか、オイ!
こいつには絞がついてませんので、f8オンリー、センターNDフィルターをつけてf16相当、
シャッターで調節するしかありません。この窮屈な使い勝手もまた楽し、つうことか・笑
ここの桜は見事でしたよ。平安の昔から都人に愛されていたのがよく分かります。
2008/04/17(木) 21:18:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
アチャッ、nonakaさん、かぶってもうたわ (^_^;
この日はうらうらと暑いくらいの晴天で、これだけの花が見られて、実に贅沢させてもらいました。
最近は景気が悪くて皆さん締めてるのか、特に京都人はきっちりしてますから、せっかく開けてる
茶店もあまり人は入ってなかったですね。この日は不思議と外国人も少なかったし。
(4)を撮ってる時は、シラフなのにもう花見酒で酔っぱらってる気分でした・笑
2008/04/17(木) 21:23:21 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
不気味なくらいに青い空をバックにした桜が綺麗ですね。
ホロゴン、面白そうなレンズですね~、大判で撮った作品のような雰囲気を感じました。
2008/04/17(木) 22:49:31 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
maimaiさん、このホロゴンは濃いレンズですよぉ。
超広角の圧縮効果で色も濃くなりますが、描写というかキャラも濃いです。
でも、どの角度で撮っても直線はあくまで直線、素晴らしいレンズです。
あの安値放出がなかったら縁のない高価なレンズですが、とても気に入ってます。
2008/04/17(木) 22:55:55 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
実に立派な画像ですね。お高いだけの事はあります。
もともと名レンズの代表だから、素晴らしいものですね。
使い道は狭くても持っている甲斐のあるものでしょう。
2008/04/17(木) 23:46:47 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、超広角レンズなど「超」の付くものにありがちな危うさをを感じません。
信頼できて結果の不安なく使える貴重なレンズだと感じています。
出番は気が向いたとき、年に1~2度しかありませんので、
実に贅沢な持ち物ですが、コスト意識を超越した価値があると思います。
まぁ、あの出会い頭がなかったら、絶対手にできなかったレンズですけど・笑
2008/04/18(金) 08:32:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.