一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
京阪三井寺駅
京阪電車京津線の終点浜大津駅から石山坂本線坂本行きの一駅目が三井寺駅です。
三井寺まではこの駅から疎水沿いに歩いて10分ほどでしょうか。
桜の季節には見事な桜並木を楽しめます。

その三井寺駅は住宅街の建て込んだところにあります。
駅を出たらすぐに踏み切り、ホームは住宅の軒いっぱいにあります。
(1) 京阪三井寺駅#1

駅を出た坂本行きの電車は踏切を渡るとすぐに疎水を越える鉄橋を渡ります。
(2) 京阪三井寺駅#2

疎水沿いには転落防止と美観と見通しを何とかバランスさせるべく、
このような意匠の凝ったフェンスというか柵が設けられています。
(3) 京阪三井寺駅#3

疎水の鉄橋を渡った線路を次の踏切まで行ってみました。
このあたりは電車が旧家の間を縫って走ります。
(4) 京阪三井寺駅#4

町並みはこんな感じで、昔の人通りの多い道筋の景観がよく残っています。
(5) 京阪三井寺駅#5

このあたりは三井寺があり、京都への道があり、若狭への道があり、
湖岸沿いに東海道、中山道への道があり、と街道が輻輳していますので、
このような追分道標をそこここで見かけます。
(6) 京阪三井寺駅#6

OLYMPUS OM-10 / G.ZUIKO AUTO-W 21mm F3.5、ZUIKO AUTO-S 40mm F2、
     ZUIKO ZOOM 75-150mm F4 / LUCKY SHD 100 New  ND-76 1:1 23℃ 7分 (ISO160で撮影)

京阪三井寺駅#7

関連記事

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
満開の桜の中、走る電車って良いですね~鉄ちゃんで、有名なポイントですか?
2008/07/27(日) 22:57:53 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
電車が通る街なのに、不思議と静けさを感じます。
5番の写真がそういう意味で象徴的ですね。
2008/07/27(日) 23:33:44 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
nonakaさん、この疎水のあたりでは線路際に桜はないんですよ。
疎水を三井寺の方に歩いたところの両岸が桜のトンネルになります。
線路沿いでしたらこの先の坂本の方、別所から皇子山にかけては線路沿いの桜がきれいです。

kanさん、先にご紹介しました国道近くではさすがに通る車がうるさいですが、
線路近くまで来ますと電車が通るとき以外は静かですね。
疎水沿いは三井寺に行く人が通るのですが、一筋疎水から離れると
あまり人とは出会いません。住んでる人が何かの用事で通るくらいです。
2008/07/27(日) 23:54:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
4枚目が好きです。
本当にバランスの良い作品が多くて勉強になります~☆
2008/07/28(月) 22:07:22 | URL | みやっち #smiPhBPU[ 編集]
みやっちさん、私はあまり人を主役に撮らないんですけどね、
人を撮ると、どうしてもそのキャラクターに負けてしまって・・・・
でも、人の気配はほしいんですよ、、、贅沢ですね。 (^^ゞ
でも、たまに見た人がそれを感じてくれたら、とてもうれしいんです。
2008/07/28(月) 22:56:17 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ほっそりした車両ですね・・京美人御用達?
関西は、集中豪雨が大変でしたね。
2008/07/29(火) 00:00:07 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、さすがに路面併用軌道区間を走る車両だけありまして、
若干スリムで短躯になっておりますが、それでも路上で出会いますと十分にデカイです・笑
昨日の雷雨はすごかったですねぇ。職場で窓外が一天にわかに掻き曇り、ドバァーーー!
昔、1967年(昭和42年)の時には線路が流され、ちょうど学校に行っていたので三宮で孤立、
家に帰れなくなり、山手の先輩の家に転がり込んでお泊りさせてもらいました。
普段水が少ないのに一旦雨が降ると急流が流れ下り、天井川も多いので大変、
すぐに堤まで上がらないと、あれよあれよと言う間に背の高さまで水が来ます。
2008/07/29(火) 08:45:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.