一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
#49 CONTAX IIa
機材紹介第49弾は CONTAX IIa

ドイツの雄、カールツアイスがライカ対抗機として渾身のエネルギーで送り出したCONTAX、
それが第二次世界大戦後東西に分かれ、基本部をソ連に接収されツアイス・イエナとなりましたが、
西側に残った復興企業がカール・ツアイス、ツアイス・オプトンとして復活させたのがこのIIaです。
戦前型よりも若干コンパクト化され、9cmにもなる基線長は2cmほど短くなりましたが、
それでも0.7倍のファインダー倍率で5cm近くの有効基線長を誇っています。

兄弟機にセレン光式単独露出計を頂部に造りつけたCONTAX IIIaという機種もあります。
東ドイツ側でソ連に接収されたツアイスは、その技術でキエフという機種を作り、独自の進化をしました。

#49 CONTAX IIa#0
CONTAX IIa / Sonnar 50mm F1.5
シャッター: T, B, 1, 2, 5, 10, 25, 50, 100, 250, 500, 1250  縦走鎧戸フォーカルプレーン、一軸不回転
絞り: 1.5, 2, 2.8, 4, 5.6, 8, 11, 16  クリックなし
撮影距離: 3~100 feet、∞   一眼式距離計連動、ボディ内臓ギア調節
マウント: 専用コンタックスバヨネットマウントでレンズ交換可能
       ニコンSと同寸法で取り付けは可能であるが、近距離域で測距誤差を生じる
巻上げ: ノブ巻き上げ、ノブ巻き戻し、順算式手動セットカウンター
フィルム: パトローネまたは専用マガジン入り35mmフィルム
       ダブルマガジンによる明室途中交換も可能
画面サイズ: 24x36mm
発売初年: 1951年

このカメラは大学生の頃に一度ニッコール28mm F3.5付きで自分の物にしたことがありますが、
例の鎧戸シャッターのリンクが不良になり、修理してもなかなか調子がよくならず手放しました。
このレンズは気に入っていたので手元に残してあります。ニコンS2で活用しました。

最近になって近所のカメラ屋に出入りしているご老体が機材の整理のために持ち込まれ、
それを紹介されて入手しました。ワンオーナーで大変程度がいいものです。
付属の標準レンズ、ゾナー50mm F1.5は初体験です。40年目にして手にした憧れのレンズです。
ボディはツアイス・イコン、レンズはツアイス・オプトンの刻印になっていました。
この機材は距離目盛がfeetで刻まれていましたので、輸出(米国)向けの製品でしょう。

試写はJR島本駅、旧跡櫻井驛跡近辺で行いました。
実写したのは何ヶ月か前なのですが、出しそびれていましたので、ここでご紹介します。


JR東海道本線の踏切、朝日の斜光が実にいい雰囲気で撮れている。
(1) #49 CONTAX IIa1

踏切上でその朝日を正面に見るとフレアっぽくなってコントラストが落ちる。
この当時のシングルコート初期のレンズでは致し方ないと思う。
(2) #49 CONTAX IIa#2

手すりの反射はどう写るかと撮ってみたが、意外とこの程度では崩れなかった。
(3) #49 CONTAX IIa#3

しつこく逆光に挑戦してみたが、直射を見ない限りなかなか優秀、
さすが定評あるゾナーのイチハンであります。
(4) #49 CONTAX IIa#4

順光の直射ではサスガのディーテイルで見せてくれます。
(5) #49 CONTAX IIa#5

光と影の雰囲気描写はなかなかの物を感じます。
(6) #49 CONTAX IIa#6

光と影でもこれだけのコントラストがあると辛いだろうと思いましたが、
なかなかよく耐えて写してくれています。
さすが、当時の給料数ヶ月分のレンズと妙な感心をしました。
(7) #49 CONTAX IIa#7

スポットライトで不思議な雰囲気になった庭木です。
たまたま同じ物をキャノンT70+NFD50/1.8で撮ったのがありましたので並べてみました。
(8) #49 CONTAX IIa#8  (9) #49 CONTAX IIa#9
左がゾナー、右がキャノンです。

このカメラはとてもシャッター幕がきれいで調子よく、ムラもありません。
十分に実用になるレベルですが、何せシャッターを切ったときのショックが大きいので、
1/50秒以下の低速シャッター、下手したら1/100秒でも手ぶれを起こしてしまいます。
最近の軽い電気シャッターに慣れているとひどい目に遭う、手強い機材でした。
『カメラは両脇を締めてきちんと構え、気合いでシャッターを切りましょう』
という初心に気づかせてくれる試写でありました。

CONTAX IIa / Sonnar 50mm F1.5 / NEOPAN SS ND-76 1:1 22.5℃ 7分

関連記事

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
MADAMこんばんわ。
縁が絶対に無いカメラですが、レンズでしょうかコントラストと解像は良いですね。
5枚目の写りが好きだなーというか作品が。
広島合宿行ってきます。
2008/07/31(木) 20:24:11 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、私にとっても元々の価値基準で言われると手の出るはずのない物です・笑
このゾナーは逆光で直接光源が入るとどうしようもないフレアが出ますが、
カリカリでない繊細な解像とコントラスト、溶けるようなぼけ方がいいですね。
絵作りは省略なく重量感のあるどっしりとしたもので、サスガと思わせますな。

広島合宿は行きたかったんですけどねぇ、諸事情でこのところ引きこもり・涙
フジッペさんもご無沙汰しっぱなしです。よろしくお伝えください。
2008/07/31(木) 21:25:52 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
椅子のカットがすんごくお洒落☆参ったなぁ~
2008/07/31(木) 22:33:57 | URL | みやっち #smiPhBPU[ 編集]
みやっちさん、この椅子はここでは結構気に入っていたんです、影が人の顔みたいで。
JR島本新駅が開業してこの公園(櫻井驛跡)の人通りが多くなるといつの間にか・・・
以前はここでお爺ちゃんが三々五々集まってのんびりしてたんですけどねぇ。
2008/07/31(木) 22:43:55 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
かっちょえーです!
こんなに美しいカメラなら、いつも首に提げて歩きたくなりますよ。
たとえフィルムが入っていなくても。

写真の描写は、現代のレンズに比べると柔らかめなんでしょうか?
だから、それにあった被写体を探し回っての散歩写真なんて最高でしょうね。
2008/08/01(金) 00:00:49 | URL | jakartafe3 #.j2BAk02[ 編集]
きれいなコンタックスですね。傷だらけの黒ボディー
より銀ボディーの方がきれいだと思います。
描写は当時のライカのものより上という評価が
素直に納得できますね。曖昧さが無いです。
2008/08/01(金) 00:03:54 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
入母屋の屋根って重厚ですねぇ~・・縁がないせいか重厚すぎて・・笑

>最近の軽い電気シャッターに慣れているとひどい目に遭う・・・

MA様でも、そんな時あるんですね。あたしゃ、しょっちゅうです・・テヘヘ 
2008/08/01(金) 00:13:04 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
fe3さん、この初代から受け継がれた直線で構成されたデザインは美しいですね。
現在コシナでライセンス生産されているツアイスイコンもこの線を踏襲していますね。
戦後のニコンやメルコン、その他のカメラデザインに与えたインパクトは大きいです。
工芸デザインとして秀逸だと私は感じているんですよ。持ってるだけで嬉しい。(^^)v
レンズは重厚ながら角のない精細感のある描写、ゾナーの真骨頂が見られる名玉でした。

kanさん、この機材は大切に扱われていたのがよく分かるきれいな状態でした。
ライカもコンタックスも、往年の名機は肉厚クロームメッキがきれいですね。
触っても眺めてもその美しさに惚れ惚れしてしまいます。

このゾナーは歴史的名玉と言われるのは当然と思える力強く、なのに繊細な描写でした。
ライカ・コンタックス論争では多勢に無勢、旗色は悪いですが実力はこっちが上ですね。

亜哉さん、言われてみれば入母屋造って寺院(本堂、講堂、金堂)建築の定番、
東アジア源流の弥生人系の文化ですから、西日本ではよくある姿ですなぁ。
あまりにも当地では見慣れすぎていて、アタシは何とも感じませんでした。 (^^ゞ

このレリーズショックは、空シャッターを切っているときにはそうも感じなかったのですが、
実写の時にシャッターを切るとファインダーの揺れ方が違うんで、アレェ?!
これは根性を入れんとイカンぞう、と感じた次第でありますよ。
アタシも久しぶりに日中撮影なのに手ぶれ写真撮ってしまいました。 (・・;)
2008/08/01(金) 09:04:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
最近、ロシア・キエフが転がり込みましたが、コレが本当なのですよね~
610さんもゾナー付きのを持っていて触らせてもらいましたが、良い質感ですね。
2008/08/01(金) 21:18:31 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、ロシアものならジュピター3、50mm F1.5がゾナーコピーと言われています。
私も持っていて使っていますが、今回の純正ゾナーがやっぱり上かなぁ、と感じます。
ジュピターもかなりいいですが、同じ設計図面でも加工のワザが違うのかなぁ、なんて。
キエフは初期ものは工作はいいけど材質が悪い、後期はその逆なんて言われてますね。
このコンタックスIIaの質感はいいですよ。手触りにうっとりしてしまいます。
2008/08/01(金) 21:43:54 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
MADAMさん、おはようございます。
CONTAX Ⅱa格好良いですね。私自身はCONTAXをまだ使用した事が無いのですが、直線的な形が素晴らしいですね。
それに写りも立体感があって魅力的です。特に(8)と(9)の比較でよく分かりました。
いつかこのようなカメラを持ってみたいものです。
2008/08/02(土) 09:33:14 | URL | aki #-[ 編集]
akiさん、こんにちは。地震対応は落ち着かれたでしょうか。
このCONTAXの直線的デザインは大好きで、私がニコンファンになったきっかけと言えましょうか。
ライカの柔に対しコンタックスの剛、実にわかりやすい対比ですね。
ツアイスのレンズ、特にゾナーはどっしりとした存在感と立体感があり、
それでいて細部の描写が繊細と、ほかと比べようのない深みがありますね。
元々このゾナーの描写が好きで、ローライ35でもゾナー付きのSを愛用してるんですよ。
2008/08/02(土) 12:10:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
MADAMさん、こんばんは。
地震対応は少しずつですが、進んでおります。
先日、浄化槽の埋め戻しが終了し、地面が落ち着き次第、コンクリートの仕上げに入ります。
カメラの事ですが、私の好みでは「コンタックスの剛」が好みですかね。立体感といい、割とカッチリしたのが好みだったりするもので。
うちにはコンタックスでは、T2しかいませんが機会があったら、CONTAX Ⅱa等を使ってみたいです。
2008/08/02(土) 17:37:17 | URL | aki #-[ 編集]
akiさん、ツアイスイコン製のコンタックスは後のヤシカ・京セラ製とは全く違った操作感で、
巻き上げは重くゴリゴリした感じ、まるで戦車か装甲車を扱ってるみたいですよ。
あの帷子みたいな鎧戸シャッターを巻き上げて走らせていますから、そうだろなと思いますけど。
でも、新しいCONTAXも手にした感触、質感は共通の好ましい感じでありますね。
2008/08/02(土) 18:18:32 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.