一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
京の繁華街
京都のゴチャゴチャした繁華街と言えば寺町通と新京極通、御池通から四条通にかけての一帯であります。
敷居の高い老舗商店から今風の居酒屋、クレープ屋台、アクセサリー小物屋にお土産屋、映画館にお寺、なんでもあります。
人の集まるところにあるはずの商売はこの一帯で全て揃ってしまう怖ろしい繁華街なんですよ。食材なら錦小路があるしね。
古刹巡りや四条通、河原町通のお洒落な散策も結構ですが、こういう猥雑な所も見て貰いたいものです。

ここは寺町通、ここには何故か地元の人がよく集まります。それも自転車で通ってくるところです。
(1) 京の繁華街#1

三条通に行きましょう。寺町通から河原町通の間は三条通商店街になっていて車は入れません。
ちょいと前の撮影なので名残の鯉幟がまだありますね・笑
この商店街はまだまだシャッター通りとはならない活気に溢れていました。
(2) 京の繁華街#2

三条通をホンの2~30m歩くと新京極通と交差します。
新京極通は寺町通と河原町通の間に比較的新しく作られた通りで、三条と四条の間を一直線につなぐ商店街です。
こちらは大半が遊興飲食、京都土産の数々を売る店で埋まっており、修学旅行生のメッカ、
地元の若者にはナンパの名所でありますよ。昼間は10代から20代、夜は20代から30代が客層の中心です。
(3) 京の繁華街#3

人いきれで結構辛くなってきましたので、三条通商店街を抜け、河原町通との交差点に出てきました。
この先の三条通は三条大橋で鴨川を渡って三条京阪に至る車の通れる道になっています。
その先は蹴上を通って山科を超え大津に至る旧東海道になっています。勿論五十三次の上りは三条大橋です。
この交差点西側の広場は待ち合わせスポットになっていますので、いつも若いのがいっぱい居ます。
(4) 京の繁華街#4

河原町通を渡る横断歩道は毎信号、朝から晩までこんな感じで人が行き交っています。
以前はこのあたりには古くからの写真屋が何軒もあって、そこの中古コーナーを覗くのが楽しみだったんですが、、、
今は昔、ウエダもムツミ堂も・・・・覗いて楽しみなのは河原町通を少し下がった三條サクラヤくらいになってしまいました。
(5) 京の繁華街#5

いかがでしたでしょうか、京都にも今の街があるんですよ。

CONTAX G1 / Planar T* 45mm F2 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分

関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
アーケードのデザインはこちらの田舎「直方」辺りや博多川端と相似形ですがさすがに集客力がケタ違い。
京都にだって若い子や老人まで居るのだから活気のむせかえる場所もあるわけですね。
先日博多の天神界隈の夕暮れ時を歩いて人の多さに気が遠くなりそうでした。
2007/07/02(月) 21:14:02 | URL | 610 #ENvXJ/Og[ 編集]
610さん、アーケードは日本全国そうそう変わり映えはしないと思いますね。
私もあちこち行きましたが、「ン!? ここは!」というようなのには滅多に出会いません。
この寺町通と新京極通、三条から四条の間はいつも人でごった返しています。
京都は学生の街と言われるくらい学生さんが多く、若い人が集まりやすいのですが、
それに地元で生活してる人の買い出しと観光客のぶらぶら、修学旅行の制服組、大変ですわ。
自転車漕いだおばちゃん、爺ちゃん、老人車押してる婆ちゃんもいますからえらいこってす。
私もこのあたりに行きますと、上を向いて空気を吸って、いつもの喫茶店に逃げ込みます・笑
2007/07/02(月) 21:42:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
40年前新京極を歩きましたが御土産物屋ばかり記憶にあります、それと八橋の実演即売。
私は宇治茶を買いましたが味は・・・記憶にありません。当時としては高い買い物でした。
2007/07/02(月) 22:10:16 | URL | forester #r4PPa4LM[ 編集]
foresterさん、今でも西京極ではおみやげ物がドッチャリコンですよ。
昔はペナント、手ぬぐい、絵はがきが定番でしたが、最近は可愛い系の小物が多いですね。
ソフビのちんまい舞妓さん人形の付いた携帯ストラップなんてのが出てきてます。
宇治茶はほんのり甘渋くて旨いでしょう? お値段は結構高めですけどね。
でも、ホントは宇治の一番茶の抹茶、これを味わって欲しいです。
儀式はどうでもいいですから、おうすでシャカシャカやってみて下さい、ホントに美味いです。
2007/07/02(月) 22:28:02 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
総長さまの雑路もの、初めて拝見した気がします。(笑
アーケードってどこも似た感じですが、やっぱり違いますね! 圧倒的な人ごみというか、そんなものを垣間見る気がします。
下り坂になってるからよけいに感じるんでしょうか??
僕は雑路を徘徊してるとそれだけで疲れてしまいます。(苦笑
2007/07/02(月) 23:25:16 | URL | フジッペ #-[ 編集]
>京都にも今の街があるんですよ。

上手いまとめですね、その通りでございます。
2007/07/02(月) 23:44:07 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
フジッペさん、ホントに珍しいですよねぇ・笑
この人混みは、まぁ大体並みクラスでしょうか・汗
修学旅行シーズン、夏休み、お祭、、、、すんごいですよ。
新京極は三条通から2m弱一気に下がって四条に向かいますので、
圧縮効果も入って人で埋まってるように見えるのかも、、、ですね。
アタシも人混み徘徊してると酸欠起こしてしまいます・涙

kanさん、この日は太秦からこの姉小路に回って約三時間で4本(約130コマ)撮りました。
その中で、人を主体にして撮ったのはここの4枚で全てであります。 (^^ゞ
どうも京都と言えば神社仏閣、町屋に疎水とブツが多いので、普段の京都もちょっと・笑
2007/07/02(月) 23:50:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
京都にも今の街・・自分も初めて行った時に別の意味で「へ~・・」と感じたことがありました。
どうしてもイメージが偏ってしまいがちになりますもんね!笑

「舞妓は~ん!」の映画、みたいです・爆
2007/07/03(火) 09:24:56 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
学生さんだけでも相当な数でしょうからね。
それに旅行で来る人が加わるんだから、すごいことになっているんでしょう。
下宿の部屋に閉じこもっていても何だから、そこらへ出掛けるんでしょうね。
2007/07/03(火) 09:53:17 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
nonakaさん、京都と言ってもどっかの宗教集落みたいにカルトな人ばっかり住んでるわけじゃなくて、
フツーに学校行ってる人もフツーにサラリーマンしてる人もフツーにフーゾクやってる人もいます。
つうことは、フツーにどこにでもある家や店や車や電車があり、ヤバイとこやアヤシイとこもありますな。
ただ、他と違ってるのはやたらと古いものが残ってて、町の作りが条里システムのままで、
言葉がちっと変わってるというところでしょうか。「舞妓は~ん」つう映画は見てませんが、
舞妓という古典的なのと今そのものの街のミスマッチと不思議な共存が面白いんでしょうね。

サムスルさん、統計数字を私は知らないんですが、確かに結構いますよね。それも他所から来た学生さん。
加えて世界的な観光地ですから、国内だけでなく人種の坩堝みたいにいろんな人が集まってきて、
いま自分がいるところの周りを見回して、どれだけの人が地元の人かさっぱり分からなくなります。
部屋に閉じこもってるのは安上がりでいいですけど、それじゃぁ何も面白いことないですもんね。
いくらでも散歩スポットはあるし、人恋しければ雑踏もあるし、腹が減れば食い物屋はピンキリであるし、
出かけたら何か出会いがあるかもしれんし、何か拾うかもしれんし、とりあえず外に出ましょう・笑
2007/07/03(火) 10:47:17 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
人・人・人ですねぇ~。どことなくあか抜けているんですよね。暖かそうでちょっと冷たいような・・そんな女の子が多くいそうで・・daさまのニャンコのようにはいかないですね・・笑
2007/07/03(火) 11:14:01 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
亜哉さん、人・人・人・人・人、、、、たまにワンコですよぉ・笑
ニャンコを見たかったらお寺に行ってくださいねぇ。
老若、美醜、太細、高低、軽重、貴賎、温冷、堅破、、、
選り好みさえしなかったらどんなんでも用意できますよ。 (^^)v
2007/07/03(火) 12:29:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一里塚笠寺に残る一里塚一里塚(いちりづか)とは、大きな道路の側に1里毎に旅行者の目印として設置した塚(土盛り)である。元々は中国起源のもので、塚の側にエンジュ|槐の木を植えたり標識を立てたりしていた。ただし、当時の中国での1里は約500mであった。日本では、平
2007/08/01(水) 16:53:08 | 街-NAVI
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.