一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
チンチン電車
長崎 17

⑤石橋発蛍茶屋行き電車の乗客となって始発から終点まで18分間の電車の移動を楽しみます。
途中は次のロケ予定地を探しながらキョロキョロしっぱなしでしたが、
乗り合わせた乗客の皆さん、ほとんど地元の方も観察させていただきました。
結構乗客で混み合うこともありましたが、通しで乗ったのは多分私一人ではなかったのかなと思います。

走り始めた頃は座席に少し空きがある程度でした。
(1) チンチン電車#1

途中で結構混んできまして、築町から公会堂前あたりまでは乗降も多く、通路までいっぱいでした。
終点の蛍茶屋が近くなりますとほぼ座席が一杯程度にまで空いてきました。
料金が100円なので、皆さん気軽にチョイ乗りで利用されているようです。
(2) チンチン電車#2
                              (この写真はこの移動時とは別に乗った車両です)

蛍茶屋に着きますと折り返しでまた石橋に向かいますが、
乗客の皆さんが降りてからちょっと車内の写真を撮らせていただきました。
車内は清潔に保たれ、シートは簡素ながら座り心地の良いいいものでした。
(3) チンチン電車#3

(4) チンチン電車#4


PENTAX MZ-S / SIGMA AF 28-300mm F3.5-6.3 DG / FUJICHROME TREBI 100C

チン電路線図

関連記事

テーマ:旅フォト - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
カメラは膝の上かな?ドキドキ・・笑
2008/09/21(日) 19:55:24 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
こういう時は、クラカメや珍しいのだと、どうもどうも~でバシャバシャできそうですが・・笑
トレビに色ってホント柔らかく自然ですね。
2008/09/21(日) 20:16:27 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
亜哉さん、膝の上ですよぉ・笑
厳密には膝の上に置いたカメラバッグ(ドンケF2)の上に乗せたカメラで撮りました。
停留所に着く前の車内案内放送に乗客の皆さんの注意がいってる時に撮りました。 (^^)v

nonakaさん、あのサイボーグみたいなMZ-Sに筍ズームのけったいなレンズつけてますから、
たぶんかなり目立つと思います・汗。 でも、カメラを構えてなかったら気にしないみたいよ。
シャッター音もモーター巻き上げの音も電車の騒音とタイミング合わせたら消えるしね・笑
トレビって中庸の中庸、可もなく不可もなく、スカベのように存在感のないフィルムなので、
とっても使いやすく、好きなんです。  (^^ゞ
2008/09/21(日) 20:30:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
さすがの盗撮テクニック・笑
良い状態の路面電車ですね。指すがら客が多いと
管理が行き届いています。
2008/09/22(月) 00:03:26 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、そんな大それた意気込みはないんですが、面白いアングルだったので・笑
ここのチン電は新しいの古いの入り交じっていましたが、どれもよく手入れされていて、
古いものでも古色は感じるものの、清潔に気持ちよく保たれていました。
市民に支持され、社員もきちんと職務に就いてるのが気持ちよかったです。
2008/09/22(月) 08:24:17 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
広電も電車は綺麗でした。札幌市電も綺麗ですが路面電車はどこも整備が行き届いてますね。
好きな仕事と愛着心なのかな。
流石に盗撮の技はたいしたもんです。
2008/09/22(月) 11:42:42 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、一時どうもこうも経営が立ちゆかなくなって廃止の嵐が吹き荒れた頃、
電車も職員も荒んで荒れ放題ということがあり、実に情けない思いをしたのですが、
現在でも生き残っている路面電車はどこもきれいで手入れも行き届き気持ちがいいですね。
別にアタシは盗撮なんて大それた意識はないのですが、、、スナップですよ・笑
2008/09/22(月) 15:52:57 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.