一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
松原橋
(1) 松原橋#1

さて、お待たせしました。昨日の続きです。 σ(^◇^;)
この写真の橋もなかなか風情があるでしょう?
これは松原橋で五条大橋の一つ上流に架かる橋です。
実はこれが昔々の五条橋なんです。
勿論架け替えられていますのでモノとしては新しいのですが、
サイズ的にはほぼ昔のままで作られています。
(2) 松原橋#2

(3) 松原橋#3

この松原橋のかかる松原通は元々五条通として作られ、清水寺への参道として賑わっていました。
松原橋は清水さんにお参りする時に渡る橋として古くから架けられていまして、
「清水橋」とも、また、清水寺の勧進でで架けられたので「勧進橋」とも別称されました。
そしてこの五条通は松並木の続く美しい道路だったので「五条松原通」と呼ばれていましたが、
いつの間にか五条が省略され、通称「松原通」となってしまい、五条通は消えたのです。
そして、今では松並木も消えてしまいましたので、なんで松原なん?て感じになってしまいました。

一方、現在の五条通は元々は六条通(坊門小路)だったのですが、秀吉が方広寺大仏殿造営にあたり、
「鴨川に橋を架けなさい」「道を広げなさい」ということで道が整備され、橋が架けられました。
ですから、もし史実どおりに弁慶と牛若が五条橋で出会ったなら、時代考証的には
今の五条大橋は存在せず、この五条橋(松原橋)で出会ったことになります。
京の東の外れ、洛外で清水さんの参道ですから、昼は賑わっても夜は寂しいところだったでしょう。
闇夜に僧兵の格好した弁慶がヌッと現われても不思議はないですね。

消えた五条通が懐かしくて復活したいのか、六条坊門小路の方が立派な通りだったからか、
秀吉の命で新たに整備された方が五条通、そして太閤橋が五条大橋になってしまいました。
京都の地図をみていただいて、現松原通を五条通、現五条通を六条通と読み替えてみると、
四条、五条、六条、七条と上手い具合に並びますでしょう?
この六条はホントは六条坊門小路なんですけどね。
本来の六条通はも少し南にあるんですが、今では途切れ途切れの痕跡になっています。
そしてなんで六条通がないのかな、という不思議も解決しますよね。

この写真は松原橋東詰の川端通から東の方、東山、清水寺の方を向いて撮ったものです。
これが旧五条通といわれると、何となくそんな雰囲気になってくる風情が残ってますよね。
(4) 松原橋#5

今度は松原橋西詰の木屋町通りから西の方、洛中を向いて撮ったものです。
手前で交叉してるのが木屋町通で、すぐに高瀬川を橋で渡っています。
暫く行ったどん詰まりで河原町通と交叉しますが、木屋町通りと河原町通の間だけ道路が広くなっています。
河原町通の向こうはまた道路が細くなっていますね。洛中の旧五条通(松原通)は今でも東西一直線で残っています。
(5) 松原橋#5

今度は高瀬川の橋の上から東の方、松原橋を振り返ってみました。
手前の信号機のある交叉道路は木屋町通、向こうのパネルバンのいるところが松原橋になります。
この道路幅が旧五条通、現松原通の道幅です、現在は東行き一方通行になっています。
(6) 松原橋#6

いかがでしたか?
歴史を辿って調べてみると思わぬ事実が見えてきて面白いですね。

(1)(2)(3)(5) FUJI GS645S Professional wide 60 / SUPER-EBC FUJINON 60mm F4 / ILFORD PAN 100 ND-76 1:1 24℃ 8分
(4) FUJIFILM Silvi F2.8 BLACK / SUPER-EBC FUJINON 24mm/F2.8~50mm/F5.6 / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23.5℃ 7.5分
(6) FUJIFILM Silvi F2.8 BLACK / SUPER-EBC FUJINON 24mm/F2.8~50mm/F5.6 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23.5℃ 7.5分

【補足】
上で大雑把に「六条通はなくなりました」と書きましたが、
厳密には河原町通と堀川通の間に途切れてダンチになっていますが六条通はあります。
これは平安京ができた頃の六条大路とは戦乱などで微妙にずれてきているようです。
現在の五条通になる六条坊門小路の方が立派になってしまったのでいつの間にか忘れ去られた存在になったようです。
元々の六条にちなむ名称は小学校や郵便局に名残を残しています。


関連記事

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
勉強になりました・・リアル教科書ですね・笑
建物などは、どうにか維持させていても道や橋は、、どうしてもこうなりますが、さすがは、京都、それでも歴史を大切に残しているんですね。
2007/07/06(金) 19:59:13 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、ネが好きなもんでねぇ、ついついほじくってしまいました・笑
こうやって時代の流れの中に現在の姿を置いてみたら、結構面白いんですよ。
だから同じ所でも行くたびに「今日は平安時代と比べてみよう」とか
「今日は室町時代の名残を探してみよう」とかいろいろ楽しめるんです。
2007/07/06(金) 20:29:19 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
子供の頃に勉強で習った(自分は、アホガキでしたが)ことを思い出しながら、回るのが、初心者の楽しみですし・・基本だと思います。
しっかり感じられる所が京都が凄いと感じるところでしょうね!

自分が、行って見たいと初めに思った場所は、清水寺でしたから・・「ココから飛び降りるんかい!!」と感動しました・・爆
後は、竜馬の・・でした・笑
2007/07/06(金) 20:43:45 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、学校で習った歴史は正史でしかないんですよね。と言うより国選歴史かな、
つまり史実のうち都合のいいとこだけをつなぎ合わせて時間の線にしたものですね。
歴史なんでは平行に無数の線が並んでて絡み合ってますから、できるだけ横も見たいですね。
だから最初は正史を見て、次には裏話や反史もほじくり返すと意外と大筋が見えてきますから。
清水寺も正史では8世紀に開かれて云々と教えられますが、飛び降りる話は出てきませんもんね・爆
裏史では飛び降りた年別統計なんてのがちゃんとありますから。 (^^)v
2007/07/06(金) 20:54:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
「トリビアの泉」風に言うと、90ヘェーくらい押したい。

為になりました。
2007/07/06(金) 22:17:16 | URL | kk #lMBqkpAs[ 編集]
そういえば以前は古墳暴きばかりに夢中になっていました。
こちらには古墳がたくさんあるんですよ。
まぁ古い人の墓ですから当然どこにでもたくさんあるわけなんですが
車走らせていると何となく地形の盛り上がり方でぱっとわかるまでになっていました。
発掘されると中を見に行くチャンスを探してパチリ。
ある日突然ばかばかしくなって見向きもしなくなりましたが
今は何に夢中になっているのだろう?
京都の町割りの歴史は大変いい勉強になりました。
2007/07/06(金) 23:14:06 | URL | 610 #ENvXJ/Og[ 編集]
kkさん、90ヘェーですか、ありがとうございます。 (*^_^*)
近所に何十年も住んでたらいろんな話も聞こえてきますからねぇ。 (^^ゞ

610さん、そうそう、そちらには古墳がようさんあるんですよねぇ。
こっちの方は多分そちらからの文化が移ってきてだんだん大きくなってきたと思います。
墳墓に盗掘はつきもので、まず無事に残ってるのは珍しいですね。
私には古墳趣味はないのでパスしてますが、知人にマニアがおりまして、
普段グータラしてるのに、新発見の現地説明会があると聞くと飛んで行ってます。
好きな人にはたまらん魅力があるんでしょうなぁ。
私は京都の探訪のように消えたモノからもとの姿を炙り出すのが好きですね。
鉄ちゃんが廃線あとから往時を偲ぶのと同系ですかな・笑
2007/07/07(土) 00:12:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
この橋って真下にペットを売ってるとこかなぁ・・・・
京都は絵になりやすいが、ものするのは
難しい・・・と言う印象ですね!
ま、私的にはあまり考えずバシャバシャ
するのが良いと思います。
2007/07/07(土) 09:57:05 | URL | 布袋@会社 #-[ 編集]
何処の川でも今でこそ河川敷なって色々利用してますが、昔は今でいうホームレスの方達のお住まいだったと思います。しかし、いつの間にか発展して堤防が移動して街になっちゃった例が多いです。
京都はそのへん歴史が長いから、どうなんでしょうか。
2007/07/07(土) 10:49:57 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
布袋さん、この日は売ってなかったけど、そんなしょっちゅう売ってませんで・笑
どこで拾ってくるんか知りませんけど、なかなか出逢いませんよ。この橋やったかなぁ・・・
この日は橋を日除けにして釣してる人が何人かいましたよ。
撮り方は人それぞれですからねぇ、私みたいにあんまりシャッター切らんと
打率で稼ぐタイプもあれば、気になったらとりあえずシャッター切って
打数で稼ぐタイプと、、、、結局使えるショット数は同じようなもんかな。 (^_^)
私みたいなタイプは後で「あんときやっぱり切っといたら」ちゅう悔い残るけど、
とりあえず撮っとく方なら後でストレス残らんから精神衛生上ええかも、と思います。
貧乏人は無駄玉撃ったら勿体ないというせこい考えが先に立って・・・・爆

サムスルさん、私の子供の頃までは河原に突然縁日屋台みたいなのができたり、
掘っ立て小屋のドサ周り演芸があったり、勿論住んでて畑作ったりしてましたけど、
整備されてからは「あれするな、これするな」の世界で面白味はないですね。
強固な堤防の内と外で厳密に規制されてしまいましたから、シャーナイですね。
京都でも同じですよ。木津川にしても鴨川にしても暴れが治まったからいいとも言えますが。
河川としては上流の方に当たりますので、水位の上下も激しいですからね。
2007/07/07(土) 14:16:35 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.