一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
一条通
一条通を千本通から西大路通に向かって西に歩いてゆきます。
このあたりは民家や商店がまぜこぜで通りに面しており、
通りを行ったり来たりするだけで一応普段の生活ができるようになっています。

まだまだ町の開業医もこのあたりでは見かけます。
以前はどこにでもあった小児科も今ではあるとありがたい存在になってきましたね。
(1) 一条通#1

一般住居もちゃんと昔のままで残っています。
(2) 一条通#2

七本松通にあたるところで一旦一条通は途切れますが、
その角っこには酒屋さんがありました。
(3) 一条通#3

酒屋さんの一条通のお向かいの角地にはお決まりの床屋さんがありました。
この場所にあるということは、昔から続いたお店なんですね。
(4) 一条通#4

この先は北野天満宮の門前商店街の通りに吸収され、一条通はなくなります。
この門前街は昭和36年まで最後の狭軌市電(N電)が走っていたところで、
北野詣でで今でも賑わっています。北野天満宮へは途中で斜めの変則道路になっています。
(5) 一条通#5

変則状態は御前通(おんまえどおり)まで続きますが、そこでまた一条通は復活し、
西大路を超えて妙心寺のあたりまで細い一直線の道となります。
そちらの風景はまた別の機会にでもご紹介します。


FUJIFILM GA645zi / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 55-90mm F4.5-6.9
            / FOMAPAN Creative 200  ND-76 1:1 23℃ 8分

関連記事

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ラストは京豆腐屋さん・・
一般のお豆腐とどう違うんですか?
最近豆腐の美味さが分かってきたりして・・(笑
2008/10/23(木) 21:12:40 | URL | doru #-[ 編集]
この町、ゆっくり歩きたいです・・
人間に触れてみたいなぁ~言葉も含めて・笑
2008/10/23(木) 21:12:41 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
doruさん、京豆腐と言ってもそんなに違いがあるわけでは・・・・
最近は豆腐屋でもスーパーでも置くようになってますが、元々京都に絹ごし豆腐ってのはないんですよ。
「豆腐」しかないんです。多分味の決め手は水だと思います。本物は皆地下水で作ります。
絹ごしのなめらかさと木綿の質感と言いましょうか、中間の感じですね。
湯豆腐にしても箸で挟めて舌触りが滑らかと言えば分かっていただけるでしょうか。
ちなみに京都の湯豆腐は豆腐のみで他の具材は一切入ってません。出汁の昆布だけです。
以前居酒屋で出た湯豆腐に椎茸や白菜が入っていてびっくりしました。これ水炊きやん・涙

nonakaさん、このあたりはゆっくり歩いても損はないですよ。
多分10歩歩いて立ち止まり、また10歩で立ち止まり、一筋通るのに時間かかりまっせ・笑
喋りはねぇ、、、地の言葉は独特のイントネーションがあるので、ちょっとたじろぐかも。
2008/10/23(木) 21:36:38 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こういう町並みはイイですね。
コンクリ,ガラス張りの建物ばかりの所へ『痛勤』しているせいでしょうか、逆に新鮮な気持ちで拝見しました。
豆腐屋さん、きっと美味しいんでしょうね。
2008/10/23(木) 22:18:53 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
maimaiさん、こういう道筋を歩きますと、子供の頃を思い出してキョロキョロしてしまいます。
普段仕事でうろついているところはいずこも同じコンクリートとガラスとIDカード、
木質家屋ってのは落ちつきますね。うろついていても目が疲れません。
豆腐は普段スーパーで調達していますが、特別に湯豆腐食いたい、旨い冷や奴が食いたい、
こんなときだけ京都に買い出しに行きます・笑
2008/10/23(木) 22:30:13 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
いやぁ参りました。
古い=右から読む???上に京豆腐って普通に書いてある!。
冬の京都は寒い!と聞きますので、それで湯豆腐の出番?少しは暖採れるからかな。
2008/10/23(木) 23:15:48 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
タイムワープした様な所ですね。
それがそのまま生活が溢れてるのがいいです。
ここはいつか行って見たいですね。
2008/10/23(木) 23:39:21 | URL | フジッペ #-[ 編集]
車以外は昔のままって感じですね。それも庶民の
昔の町という感じです。モノクロが効果的です。
2008/10/24(金) 00:14:22 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
なるほど、よく分かりました。
水炊き・・こちらの水炊きはスープが濃厚鶏がらスープなんですが、ご存知ですね。
煮た鳥があまり好きでない私もあのスープにはいちころなんです。
2008/10/24(金) 06:41:14 | URL | doru #-[ 編集]
foresterさん、右横書きですか・・・・・笑
戦前からの古い看板とか、新しくても老舗のこだわりとかで今でも見かけますからね。
もともと鮮魚の入手しにくい京都ですから鍋ものが盛んなのだとは思いますが、
まずは旨い豆腐ありきなんでしょうね、湯豆腐に関しては。心から温もりますし栄養価も高いし。

フジッペさん、もわぁ~んと空間が歪んでワープしたらここだった、てな感じでしょうか。
これがいつもの景色で普通だから珍しくもなんともない、と平然としてるのがいいです。
ここの人と話すると「古おまっしゃろ? 今更変えられへんしね」って必ず言います・笑
いわゆる整った京町屋でない、庶民の町屋、この気軽さとバラエティは結構楽しめますね。

kanさん、これで車がなくて地道ならねぇ、といつも思いますけど、それはあり得ませんね。
ここにはここの現代の生活がありますから、そんな無体は言ってはいけません・笑
いつも来てみて思うのですが、昔の人は小柄だったんだなぁ・・・・・家の背が低い。
まぁ、もともとは高貴な人を見降ろさないように、建前として二階禁止でしたから、
屋根裏部屋に空気抜きの窓付けた、というストーリーなんですけど。

doruさん、当地の出汁は基本的に昆布1枚のシンプルなものですね。
料理によってはカツブシとか鶏ガラとかも使いますが、味は材料から出ますからねぇ。
確かに鶏ガラスープの鍋は旨いと思いますが、あれは「○○すき」「○○ちり」(うどんすきとかたらちりとか・・・)
2008/10/24(金) 09:11:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
この総二階の繋がった家並みは、元々からなんでしょうね。
連れて行って貰った油屋さん界隈も、こんな感じでした。
この床屋さんは、髪結いの時代から続いていたりして。
豆腐屋さんは、たぶんそうでしょう。
2008/10/24(金) 13:50:59 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
サムスルさん、前にご案内した下立売通も似た雰囲気でしたね。
町屋は立派な居室か屋根裏部屋かは別としても、昔からまずは総二階でした。
昔はこのあたりでも2階の一部屋を間借りしてる学生さんなんてよくいました。
床屋さんは建て替えてるようでしたが、場所が路地門横の辻角ですので、
ほぼ間違いなくちょん髷時代から代々神結さんだったと思います。
この豆腐屋さんもかなり古そうですね・笑
2008/10/24(金) 14:05:42 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.